スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「そらのおとしものフォルテ」 第12話 最終回『明日に羽ばたく彼女達』

 第12話 最終回「明日にはばたく彼女達(フォルテ)」

SORA21201.jpg

 「まって、ありがとう・・・わたしの娘たちを、本当に愛してくれて・・・
 カオスをあいつに見つからないように、元に戻すとダイダロス。
 智樹とはじめてあった時もそうですが、空のマスターはダイダロスの居場所を見つけても
監視している訳じゃないのですね?

 カオスとの戦いも、いつもの場所で見ていたし、ダイダロスがしようとする行動を見ては、
楽しんでいるだけ
なのかもしれません。

 「記憶、戻ったでしょ?
 ニンフの羽が戻り情報処理能力が完全復活し、智樹との記憶を呼び戻すイカロス。
 さすが、電子戦用エンジェロイド、データの修復もお手の物ですね。
 その力を見て、剣と盾をパワーアップしたいという、アストレアに、(才能があって)もっと
伸びるという、ニンフですが、エンジェロイドでも努力で才能が伸びるのですねw
 ジャミングでパワーアップしたと言う事は、元々のポテンシャルがあってのパワーアップ
でしょうから、潜在能力としては高いという事なのでしょう。 

 「トイレのマナーさえ知らんとは、どれだけ非常識なんだ、お前は!!
 平和が一番と、トイレで新聞を読んでいた智樹だが、プロポーズの事を聞きたくて、ドアを
破るイカロスに説教する智樹。
 股間を出しっぱなしで説教するとは、どれだけ非常識なんだw
 ニンフも、智樹のぞきシステムでは智樹の股間を見て、真っ赤になってたのに、今回は
冷静なのは、見慣れたからなのでしょうか?w

SORA21202.jpg

  「空見町のシンデレラ、トモ子でぇ~~す♪ キャル~~ン♪♪
 「トモ子、プールの水になっちゃいま~す♪
 中学生なのに、この発育・・・なんて非常識なw
 本来ならニンフぐらいでも普通なのかもしれませんが、入った中学が悪かったですねw
 しかし、プールの水になるのならトモ子に変身する必要が無いように思えるのですが、
それはサービスという事なのでしょうw
 藤田咲・・・いやトモ子もノリノリですしねw

 「会長、ちゃ~んとお仕置きしなくちゃ、いけないと思うんだけど。
 智樹の仕業だと、そはらとニンフは、プールの排水溝を開き、水を流が、これだけでは・・・と
不気味に微笑む会長。((((;゚Д゚)))
 会長は相変わらず、陰湿ですね^^:
 智樹を探すのを手伝うという、アストレアは、みんな一緒にいられるという、居場所を見つけ、
ほんと楽しそうですね♪

SORA21203.jpg
 
 「ここが、あの、乙女が花を摘むと言う・・・あ、あ、あ、あの、女子トイレ♪
 智樹包囲網が張り巡らされ、女子トイレへ逃げ込む、トモ子。
 ラジオ体操をしての深呼吸がバカすぎる・・・いやヒドイw

 「トモ子!大人の階段のぼっちゃうー!!!
 隣に小部屋に女子がやってきて、興奮する、智樹。
 ”そらおと”史上、もっとも、緊迫した場面でAパート終了ですwww
 てか、胸を揉んだりもっと、ヒドイ事はしているくせに、変なとこで純情ですw 

SORA21204.jpg
 
 「それに女の子はフローラルの香りって信じていたいですから♪
 やっぱり、ダメだと女子トイレから出るが、そはらたちを見かけ、トイレに戻る智樹だったが、
トイレ掃除に入ってくる、そはらたちw
 「そ・は・ら・を・ト・イ・レ・か・ら・お・い・だ・せ!
 イカロスに、モールス信号を送るが、声に出して喋るイカロスw
 そはらにバレ、ちょうどカギを切るノコギリを持っていると会長。
 うーむ、会長準備よすぎwww
 1期の最終回で、栄四郎がニンフの鎖を切る為に斧を持っていましたが、それを意識して
の事でしょうか?・・・って考えすぎかw

 「とも坊・・・
 「いい女は水に流す。
 絶体絶命の智樹は、じいちゃんの言葉を思い出す。
 「そうよ、今わたし・・・さいっこうにいい女!流せるかな?じいちゃん。
 トイレの水を流し、便器から脱出しようとする智樹。
 押し付けるなんて、そはらは容赦ないなぁw
 前回ではトイレで空を飛び、今度は流されるなんて、上と下とで智樹は大変ですねw
 そして、アストレアの下水処理の朗読が最高ですw
 しかし、BGMが爽やかすぎw

SORA21205.jpg
 
 「プロポーズが・・・
 「最近、よく流されてるなぁ・・・俺。
 イカロスから事情を聞いた会長は、トイレで流された智樹を見つけ出し、教会へ連れて行く。

 「イカロス!?
 そこには、ウェディングドレス姿のイカロス。
 雰囲気に流されイカロスとキスをしそうになるが、我に帰り、何なんだ?と智樹。
 「いい機会だから、会長、この際、ハッキリさせた方がいいかと思うんだけど。
 「さあ、誰を選ぶの?桜井く~ん。
 勘違いだと言う智樹の前にウエディングドレスで現われる、そはら、ニンフ、アストレア。
 最後の最後まで会長に智樹は遊ばれてますね^^;
 アストレアは、いまいち理解してないようですが、両手に花・・・いや、それどこか3人に囲まれて
モテモテで、うらやましいw

SORA21206.jpg

 「おにいちゃ~~ん♪
 「また、面倒なのが落ちてきた・・・・
 返答に困る智樹。
 その時、突如、空から落ちてきたカオスは智樹へ飛びつく。
 面倒なのが・・・って、本当はカオスの笑顔を見て、きっと安心しているんですよね?
 智樹なりの照れ隠しってやつでしょう。
 それに、話がうやむやになって、ラッキーってきっと思っているはずw

 「ありがとう・・・智樹。
 アストレア、ニンフのマスターになるという智樹に礼を言うニンフ。
 そして、もう1人増えても良いだろうと、カオスのマスターにもなってやれという栄四郎。 
 最後のセリフを笑顔のニンフで締めるという、スタッフに拍手。
 イカロスの”プロポーズ”の言葉に、隠れてしまいましたが、第2期では、終始、マスターや
羽が無いという事を負い目に感じ劣等感を感じ苦悩したりと、ある意味ではニンフが
主役
と言っても、良いぐらいでしたからね。

SORA21207.jpg

 これだけ、トイレをフィーチャーした作品があったあろうか?いや無い!!
 しかも、下水の処理の過程まで勉強になるなんて、そらおとは、ためになるなぁw

 1期でのシリアス展開の終了とは違い、シリアスは前回で終わりにし、最後の最後まで
バカをやり、カオスも戻ってきたりと大円団で終わり気楽に楽しめました


 マスターも羽も無く、引け目を感じていたニンフの笑顔で終わり、新しく生えた羽で智樹を
連れ、今回の主役であったアストレアを含めた3人のエンジェロイドたちで、空見町を楽し
そうに飛び回り、綺麗な映像、その3人達で歌うED「時代遅れの恋人たち」も、青春って
感じでマッチし、明るく、ラストに相応しい良い選曲
だったと思います。
 ちなみに、中村雅俊主演の「ゆうひが丘の総理大臣」の主題歌だったみたいで、聴いた事
あるなという程度の認識でした。
 それより、トモ子がAパートのラストで「大人の階段~」というセリフがあったので、EDは
H2Oの名曲「想い出がいっぱい」 かと思ったのですが、見事にハズレてしまい、結局
最後まで、EDを当てる事は出来ませんでした。

 ニンフには羽が、アストレアには智樹家という居場所、カオスは、ダイダロスによって元の
子供の姿に戻り、本当の愛を感じる事が出来た、智樹の元へやってきて、幸せを得る事が
出来ましたが、一方のイカロスは、1歩リードをしているとは言え、結局、智樹のプロポーズは
ウヤムヤになってしまい、そういった意味では1(2)人幸せを得る事が出来ず、そはらと共に
中途半端な立場
になってしましたね。
 でも、中途半端な雰囲気が良いこともある、楽しい事もあるという事でしょう。

 しかし、ダイダロスは、カオス(カオスの意思かな?)まで送り込むなんて、自分の娘たち
智樹に任せっぱなし過ぎですw
 一方の、空のマスターはカオスを見逃したりと放置しっぱなしですw
 結局、真意が分からないまま、2期も終わってしまいましたが、のんきにしている間にも、
智樹陣営は確実に戦力が増強されているのですが、大丈夫なのでしょうか?

 これで2期は終了ですが、1期に劣らないクオリティに、ひどさ(もちろん良い意味でのね)で、
そらおとワールド全開で楽しめました。
 3期があるかは分かりませんが、謎も中途半端なままですし、続編を期待したいですね。

 そうそう、既に発表されている劇場版の予告も入りメイド姿?のイカロスとニンフが、すっごい
気になります。
 まあ、良く考えるとマスターに使えるのが使命のエンジェロイドですからメイド服を着ても、
不思議ではないのですけどねw


 
スポンサーサイト

「そらのおとしものフォルテ」 第11話『幻想哀歌の果て』

 第11話「幻想哀歌(ムサベツ)の果て」

SORA21101.jpg

 「逃げて!出来るだけ遠くに!あの子が来る前に!!
 智樹の夢の中に現れ警告するダイダロス。
 「今の誰・・・?
 学校へ行って来ると、オーバーヒートしたイカロスの頭をなでる智樹だけど、智樹の事を思い
出せないイカロス。
 前回のEDで、第2次のぞきシステムを手伝っていたので、思い出の記憶は失っても智樹を
普通のマスターとして従い、動ける
のかと思っていましたが、EDと本編が続いていた訳じゃない
みたいですね。

 「第二世代・・・とか言ってましたけど・・・
 不可思議な動きをする台風と、夢と関係あるのかもと言う、智樹。 
 そして、智樹を狙う可能性もあると、智樹を残し、調べに行く栄四郎。

 「見えたっ!!
 真剣な顔をする智樹。
 透けそうって・・・思いっきり透けてますよw
 エンジェロイドがいない間に楽しもうと言ってる智樹ですが、心配だけど、そはらの前では
心配をしてないフリ
でもしているのでしょうか?
 
SORA21107.jpg

 自動修復プログラムで完全じゃないが智樹のデータが失われているとイカロスに
説明するニンフ。
 羽があれば、治せるとニンフは言ってますが、羽って飛ぶだけじゃなく、エンジェロイドの
能力を底上げする効果もある
んですね。
 という事は、戦いにおいて、羽を攻撃する事は戦闘能力を低下させるって事では有効な
手段
になりそうです。
 しかし、布団の中に入ったり、安静にしたりって、本当に人間ですね^^; 

  「これは・・・これは・・・これは・・・マイマスター、桜井智樹。
 智樹との思い出のアルバムを見て、忘れたくないと涙を流すイカロス
 記憶の片隅に少し残っている智樹の事を忘れないようにと下手な字で、マスター、マスター
書いて、忘れないようにする必死なイカロスが、切なすぎる・・・。
 記憶を失いかけても、本能というのでしょうか?記憶のメモリーが、忘れてはいけない、忘れ
たくないと、感じているのでしょう・・・それだけ、智樹の存在は大きいという現われですね。

 「だから、お姉さまたちにも愛を教えてあげる!!
 台風の中心から表れるカオス。
 アストレアとの戦いが始まり、智樹へ連絡をする栄四郎。
 この2期の第1話に出てきたダイブゲームが、まさかカギを握るような道具になるなんて、 
あの、おバカな展開から考えると想像も出来ませんでしたw 

SORA21108.jpg
 
 俺じゃなくて、かわいそうなのは、あいつらだ!!
 訳分からないのに巻き込まれて・・・と言う、智樹に謝るダイダロスに、あいつらこそ平和が
一番
だと、言う智樹。
 エンジェロイドに振り回され、平和が一番が口癖な智樹ですがは、なんだかんだと言いつつも、
イカロスたちの平穏な生活に喜びを感じてた、智樹の優しさに感動。 

SORA21103.jpg

 「アストレアちゃん、生きて帰れたら、また一緒にポーカーやりたいわ。
 会長・・・それって死亡フラグですw
 一方、イカロスの作戦で、カオスの攻撃パターンを分析したニンフ。
 「やった!!
 イカロスのアルテミスが発射され、カオスを倒したと確信したアストレアだったがカオスに
捕まってしまう。

 「マスターと、マスターの大好きな平和を守る!
 「いっぱい痛くして、いっぱい愛して、殺してあげるんだ!
 「死ぬな、イカロス、これは命令だ!!
 ニンフ、アストレア!お前らもだ!
 マスターがいないなら、俺がなってやる!いくらでも命令してやる!!

 たとえ記憶が無くなっても、守ってみせるとイカロスだったが、カオスに止めを刺されそうに
なるイカロスたちの前に現われる、智樹。

 「あんまり、わたしをナメないでよね!
 智樹から聞きたかった言葉を聞いて、新しい羽が生えるニンフ
 こんなんで良いのか?こんな簡単に羽が生えて良いのか?w
 智樹に変装したカオスがマスターになると言った時は、生えなかった事をみるとニンフは
智樹じゃないと本能的?に動力炉が感じていたのでしょうか?

SORA21104.jpg

 「わたしたちは愛を知ったから弱くなったんじゃない。
 「マスターと知り合ったからこそ、もっともっと強くなれる。
 「愛って痛いんだよ・・・暗い海で寂しくて怖くて・・・痛くて痛くて・・・
 愛に飢えるカオス。
 敵だけど、狂った愛が痛々しい・・・。

 ハッキングフィールドを展開し、個々の能力の底上げをする、ニンフ。
 さすが作戦参謀の栄四郎、これもシナプスの調査のおかげなのでしょうか?
 でも、カオスも同じフィールドに居るのだから、カオスの能力も上がるような気がして
しまう
のは気のせいでしょうか?w  

 「1人の力じゃ敵わなくても、3人いれば勝てる!!」 
 アルテミスを迎撃しようとするカオスだったが、ハッキングで弾道を変化させたニンフ。

 「痛い・・・痛い・・・痛い・・・わたし、お姉さまたちに愛されてる。
 「もっと、もっと愛して!!
 「今度こそ、負けないっ!!
 カオスを地面に叩きつける、アストレア。
 どうだ!!と言わんばかりのアストレアがいい表情して、今回の一番好きな顔です。 

SOTA21105.jpg

 「愛して、殺して!!
 「もういいから・・・
 「この暖かさは、愛・・・?
 自分が、魚を殺したように、殺してと叫ぶカオスの頭をなで、十分に苦しんだし、遊んで
やれば良かった
と、声をかける智樹。
 そして、気を失う、カオスにダイダロスから預かった鍵?をかける智樹。
 狂気な表情が無くなり穏やかな顔になり、本当の愛とは何なのか、カオスなりに理解した
ようで良かったね、カオス。 
 しかし、智樹はダイダロスから説明も聞いてないのに良く、鍵?の使い方を知っていましたね。
 これは、カオスの起動を止める効果でもあり、寝たままの状態にでもなるのでしょうか? 

SORA21106.jpg

 カオスが、壊される事も無く、無事に戦いは終結しました。
 死亡フラグを立てた、会長さんも生きていたしねw う~んさすがだw
 
 良かった、感動した、泣けてきた・・・いい最終回でしたw

 サブタイトルが悲しい。
 幻想とは、カオスが思い描いてた、間違った形の愛の事であって、 それを信じて、みんなに
愛を教えたくて、殺そうとして、痛めつけて、自分も痛めつけられて、愛されていると思う。
 悲しすぎる・・・切なすぎる・・・ある意味、一番の無垢は、カオス。
 空のマスターは、このカオスに何をやらせたかったのか?真相は分かりませんが、少な
くても、モニター越しに眺め、面白がっていたのには間違いないわけで、カオスが一番の
犠牲者
なのは、間違いないでしょう。

 それにしても、カオス役の豊崎愛生鬼気迫る、狂った演技が素晴らしかった
 幼い頃のカオスは、すぐに彼女だと分かる声でしたが、この大人バージョンのカオスは一瞬
聞いただけじゃ豊崎愛生だとは思えないぐらいの声質でしたし、自分の知っている限りでは、
この様な狂気なキャラは初めてだと思いますし”豊崎愛生の演技の幅が広がった”そう思える
演技であったと思います。
 ちなみに、会長役に高垣彩陽がいると言う事で、カオス役に合ってるかは別として、この手の
狂気なキャラに合うのは個人的にスフィアの中では戸松遙というイメージがありますw  

 OPで出てくるアイテムなどに本編の布石が今までも含まれていましたが、その中にラムネを
回し飲みするシーン
がありますが、EDのラストにもラムネを持っている姿があり、これの布石
だったのですね? 
 EDでは、1人1本でアストレアも飲めるようで、良かったw
 今回の戦いで、先陣を切って高い近接戦闘能力も見せてくれて、大活躍でしたしね。
 アストレアだけじゃなく、イカロスはもちろん、ニンフにも電子戦と各エンジェロイドに、それぞれ、
見せ場があったのも良かったですね。
 
 さて、次回はいよいよ、本当の最終回。
 イカロスの記憶は?
 カオスに救いはあるのか?そしてアストレアに続いて居候になるのか?w
 ニンフは羽さえあればと言っていたし、その能力が生かされるのか?ともかくサブタイトルが
明日に羽ばたく彼女達(フォルテ)』ですし、安心してみる事が出来そうです。

「そらのおとしものフォルテ」 第10話『節穴世界を覗け!』

 第10話「節穴世界(ファンタジーフィールド)を覗け!」

 憧れのシステムが、今ここに!?
 おバカな展開からいっきにシリアス、緊迫?の最終回へ向けての布石はバッチリです。

SORA21001.jpg

 イカロスたちのおかげで、朝寝坊をしなくなった、智樹。
 「よかった・・・」と、そはらの強がりが、痛い・・・;;
 そして、相変わらずマスターがいない事を気にするニンフ
 最終回ちかくにまでなって、マスターの事を話題にするなんて、智樹がニンフのマスターに
なるという展開への布石
でしょうか?

 「マスターが・・・トイレから出てこない・・・
 落ち着いて新聞も読めないと、トイレに篭る智樹。
 そして、こんな事もあろうかと、便座にリモコンを付けて置いたと、イカロスw
 でた、”こんな事もあろうかと”w
 これさえ使えば、どんなムチャな事だろうと可能にする魔法の言葉ですw
 しかし、バカすぎる・・・。
 温水洗浄で、飛んでいった智樹を見つめ、ボ~としているイカロス、ちょっと困ってるそはら、
何バカやってんだが・・・のように呆れている、ニンフ、状況がよくつかめて無さそうなアストレア。
 4者4様、そんな雰囲気の4人のデフォルメ姿の表情が面白い。

SORA21002.jpg

 「マスターが・・・押入れから出てこない・・・
 今度は、押入れに篭る、智樹w
 こんな事もあろうかと・・・再び、リモコンを取り出すイカロスw
 「電子レンジに生き物入れたら、いけないんじゃねえの?
 押入れレンジ?が動き出しパニックになる智樹を喜んでいると思う、イカロスたち。
 もう、電子レンジにトイレ、ムチャクチャwww

 「結婚式・・・
 その言葉を聞いて、ドキっとするイカロス。
 智樹への思いがどんどん、強くなっていってます。
 意味はよく分からなくても、直感的に感じるものがあるのでしょう。 

SORA21003.jpg 

 「本当は自分の居場所、分かってるんでしょ?会長には、お見通しよ。
 会長の家で遊んで、ご馳走を食べるアストレア。
 ノー天気なバカキャラだけど、シナプスには帰れず、居場所を無意識にアストレアは
求めている
みたいで、会長が席を外し、広い部屋で、ひとりぽっち寂しく食事をする姿が、
普段がバカやっているだけに、その寂しさが何十倍も伝わってきます
 会長が言いたかった居場所はやっぱり、智樹であり、智樹の家なのでしょう。
 智樹と勝負するのも、好き(一緒にいたい、相手して欲しい)の表れですね。 
 しかし、襖の人影が怖い・・・w

SORA21004.jpg 

 「早く自由研究を完成させねば。
 部屋の中へ、篭る智樹。
 半年前からって・・・それに、どうやって鏡を付けたのだか・・・もう匠の技ですw
 しかし、こんな大工事に気が付かないなんて、平和な町ですね。
 冒頭の栄四郎劇場に出てきたトモ子はこれの、作業中だったのかw

 「俺が作っているのは、夏休みの自由研究・・・題して、
空美町全域にわたる、智樹、覗きシステム!!

 自宅に居ながらムフフスポットを見る事が出来る、システムである。
 なんて、画期的なシステムなんだ!
 これだけの大工事、桜井家はお金持ちですw 
  
 「智ちゃん、本当に何とも思ってないの?
 「でも、イカロスさんにだけにはしないよね・・・どうして?
 イカロスたちエンジェロイドは可愛いし、エッチな事をするけどイカロスにだけはしないと、
気にする、そはら。
 確かに、イカロスに対して智樹はエッチな手伝いはさせても何もしてなかった気がします。

 SORA21005.jpg

 「ダメだよアストレアさん!庭で服なんてぬいじゃ!!
 外から聞こえる、そはらの声に慌てて、覗き込む智樹。
 ソーラーレイ発射!!
 よいこはマネしちゃダメよ。
 この光は光らせちゃいけません
 そして、覗かせるためでもあると、反撃する智樹www
 もう、智樹は完全な変態ですね^^;

 「何?あの時はこんな風には、ならなかったのに・・・
 「やっぱり、わたし、動力炉がおかしいみたい・・・マスター・・・
 トドメに熱いキスをする智樹の姿を見て、真っ赤になりオーバーヒートするイカロス。 
 オーバーヒートの原因と推察される、桜井智樹に関するメモリーを
自動消去します。

 再起動?し、智樹の記憶を削除するイカロス。  

SORA21006.jpg

 「もっと・・・もっと愛を・・・待っててねお姉さまたち。
 復活する、カオス。
 あ~、沈んだだけで終わりとは思ってませんでしたけど、やっぱり復活しました。
 しかし、どうやって、浮上したのだろう?w
 大人に成長しているようですし、魚を食べてカルシウムを補給したからでしょうか?w
 ニンフも、魚を食べれば、胸が・・・おw
 完全に愛を誤解して、2期のラスボスに決定のようです。  

SORA21007.jpg 

 まさか、こんな展開になるなんて!?
 イカロスの記憶は無くなり、カオスは復活したりとシリアス展開必死です。
 カオスは完全に愛を誤解しているようで、誤解は解けるのか?壮絶バトル必死なのか?
残り2話?目が離せません。  

 劣等感を抱くニンフは智樹にマスターになって欲しいと願い、アストレアは、シナプスを裏切り、
自分の居場所を無意識に智樹へ求め、イカロスは智樹への思いが、抑えられなくなってオーバー
ヒート。
 学校では、もてない代表格な智樹ですが、モテモテですね。
 エンジェロイドだけじゃなく、そはらも、イカロスの智樹への思いがマスター以上になって
きているのが分かり、自分の智樹への思いが、我慢できなくなってきている様子で、
カオスvsイカロスだけじゃなく、エンジェロイドvs人間の愛の戦いも激化するのでしょうか?
 ともかく、それぞれの思いを抱き、最終回へ向かい、それぞれの答え(素直な思い)は
出るのでしょうか?

 しかし、智樹に関するメモリーを消去=主従関係も解消されるという事なのでしょうか?
 それとも、契約は残るが思い出が無くなるだけなのかな?
 EDを見ると、第2次のぞきシステム(計画書が凄い、 もう技術者レベルですねw)となって
るので、話は続いているようで、思い出の記憶は無くても、智樹がマスターであると認識は
してる
みたいです。
 しかしEDは「望郷の旅」で、今回も、よく知らない曲で2期は知らない曲が多すぎですw

 愛を教え?にくるカオスとの戦いが避けられない状況みたいですし、記憶が消去され、愛で
あろう感情を失ったイカロスは、戦う事が出来るのでしょうか?
 結局、ハードディスクも記録は消しても、残ってると言うし、記憶は戻るのでしょうけどねw
 そのカギを握るのは、イカロスたちを作った、ダイダロス、そして栄四郎のシナプスの地道な
探索のような気がします。

「そらのおとしものフォルテ」 第9話『激闘!夢の一本釣り』

 第9話「激闘!夢の一本釣り(ジャンボカーニバル)」

 ひどい・・・ひどすぎるw
 前回でのシリアス展開の副作用は、バインバインでしたw

SORA20901.jpg

 「ほんと、平和よねぇ。
 自分だけ、出番が少なく不満な会長w
 負のオーラが怖い・・・ラスボスは、会長なのか!? (((( ;゜Д゜)))

 はやっ!!3話で祭りをしたと思ったら、もう1年経ってしまったのか?
 そして、祭りと言ったら・・・そう、あの男の登場か!?
 って、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!
 しかし、アストレアが食べてる巨大タイヤキが気になるんですがw

 「ヨーヨー釣り、対決♪
 高らかに宣言する会長。
 ヨーヨーのアップの映像があったのは、この伏線だったのか?
 「桜井くん、ヨーヨー釣りのヨーヨーって、なあに?
 「バイン、バインよねぇ♪
 水着姿になり、自分の体にヒモをしばり、プールに飛び込む、会長。
 
 「どう?バイン、バインでしょ?
 会長をエサ?に、釣り上げる的屋のオヤジ。 
 バイン、バインと、オッパイとイカロスのヨーヨーのシンクロが素晴しい
 2人一組になり、一番大きなヨーヨーを釣り上げた者が勝ちだと会長。
 会長が釣り上げた娘って、3話に出てきて智樹と最初に戦った、マキコ選手だよね?
 3話といい、今回といい、隠れたオッパイ要員ですw

SORA20902.jpg 
 
 「きゃる~ん♪ トモ子参加しちゃいま~す♪
 絶対に出ないという、智樹に代わって参加すると言う、トモ子
 「女の子同士だから、恥ずかしくないでしょ♪」 
  「パイ拓♪パイ拓♪
 湧き上がるトモ子コールw
 藤田咲に、ヒドイ事言わすなんて・・・かわいい声とのギャップがありすぎw
 ニンフをリリースするなんて、解説でも言っていたけど素晴しいマナーです・・・って、おいw

 「水の中には、しばらく入りたくなくて・・・
 プールに入らないのか?と聞くアストレアにカオスとの戦いを思い出すイカロス。
 おバカな競技中に、シリアスな展開。 
 智樹を守るためとは言え、初めて仲間であるはずの、エンジェロイドを倒した(沈めた)訳
ですからね
・・・イカロスの苦渋の決断というか苦悩している気持ちが分かります。
 しかし、こういう気持ちはあっても愛は理解できないのですね^^; 

SORA20903.jpg

 「そう言えば、聞いた事がある・・・主・・・の伝説を。
 をいをい、祭りの為に作ったイベントなのに、主って何だよw
 栄四郎が語ると、本当らしく聞こえてしまうのが不思議w
 「そろそろ、本気になれって、お天道様が言っているようだな!!
 トモ子から智樹へと変身する智樹。 
 「俺ねえ・・・帰ったらプロポーズしようと思ってるんすよ。
 死亡フラグを立て、荒れ狂う嵐の中、飛び込む智樹。
 ちょっとロリが入ってる、イカロスがかわいい♪ 
 モリをもって潜る智樹の姿は、たぶん未来少年コナンのパロディですね。
 
 でも、後悔はしていない・・・だって、オッパイが大きいんだ・・・
 帰らぬ人になった智樹からの手紙を読んで涙を流す、イカロス。 
 感動だ・・・花束と一緒に思い出のエロ本を捨てるシーンに感動w
 おっと、死亡フラグも、なんのその、智樹が生きていたぞ。
 クジラが跳ね上がるシーンではBGMがジュラシックパークっぽい感じになってますね。 

SORA20904.jpg 
 
 「プロポーズとか言ったって、人の気持ちとか全然分かってないんだから。
 「それでも好きな人と一緒に居たいって思うよね?
 そはらに、愛って何?とたずねるイカロスに、自分も愛が分からないと、そはら。
 本気なのか?冗談なのか?そはらに智樹はプロポーズしようとしたみたいですね?
 そはらにも愛についてたずねる、イカロスが智樹の事が好きなんだろうと確信する、そはらの
表情が不安げで、何ともいえません。

 イカロスとニンフにお小遣いを渡す、智樹。
 プロポーズの事をイカロスが智樹に聞くとに、何か誤魔化してますが、ノリで言ってしまったとか、
そういうのでしょうか?
 ともかく、はじめのおこづかい みかくにんせいぶつへんのスタートですw

 お菓子を買いたい、ニンフに対し、智樹に喜ぶものを買いたいイカロス。
 イカロスにとっては、自分の欲しい物を買うより、智樹の喜ぶ顔が見たい・・・マスターだから
と言うのもあるのでしょうが、 イカロスって健気で、自分で気が付いてないだけで、しっかり愛の
ある行動
をしてますね。
 いっぽう、智樹との思い出のリンゴアメを、食べきれないから・・・と渡し、智樹と顔を合わさない
ようにして、見せる笑顔がステキ
で、ワンランク上?のツンデレまでマスターしていますw
 アストレアは智樹が好きだと思いつつも、ニンフのような乙女心というか、人間らしい感覚までは
学習してない
みたいですね。

 「まあ、でもいいか、お前が自分の小遣いで、自分の欲しい物を買ってきたんだもんな。
 笑顔で、イカロスの頭をなでる智樹。
 栄四郎のアドバイス通り、スイカを買ってきたイカロス。
  「あれは、ひょっとしてプロポーズ・・・だったのでは・・・?
 ずっと一緒に・・・その言葉を思いだし、そう思うイカロス。
 イカロスは、愛から、今度はプロポーズについて悩んでいきそうですね。

SORA20905.jpg

 「痛いなぁ・・・痛い・・・
 水圧に苦しむカオスは、イカロスの「動力炉が痛い」・・・その言葉を思い出し、これが愛だと
確信
するカオス。 
 う~む、やっぱり愛を間違えて解釈してしまったか^^;
 魚を殺して愛を叫ぶ。
 今は魚だから、まだ良いけど、地上に戻ってきたら、危険すぎますね;;

SORA20906.jpg 

 バカすぎる、ひどすぎる。
 サブタイトルから、そう思っていましたが、やっぱりおバカな展開でしたw
 こんな事を思いつくなんて、天才としか思えませんw
 ただ、完全にセクハラですよね^^;
 エロいとかと言う以前に良く放送出来たな・・・と、関心
  まあ、でも、こういう内容でこそ”そらおと”であり、そういった意味では”そらおと”らしい内容で
あったとは思います。
 バカだけじゃなく、シリアスなお話も、しっかり含んでいますしね。

 ただ、智樹がプロポーズすると言っていたりしますが、イカロスの恋の動力炉に新たな疑問と
いうか、智樹へ対する思いの深さを高めたり、そはらにもイカロスが智樹を好きであると、再認識
(確信)させる意味合いがあるのでしょうが、どうしたら、智樹が、こういう発言をするのか?
意味が分からず(実際、智樹は誤魔化してますしね)、ちょっと消化不良の感はあります。
 深く考えなければ、パロディも含まれニヤリとしたりしてましたけどねw

 会長もいくら出番が無かったからって、自分で体をはってまで、こんな事をやるなんて、もう
芸人根性ですねw
 しかし、自分で自分を釣り上げられたほうが、高得点のような気がw  

 EDは「夏のお嬢さん」。
 榊原郁恵さんの曲で、バイーンで、当時は話題だった方で、きっとそういう意味もあっての
選曲なのでしょうね。

「そらのおとしものフォルテ」 第8話『空に響く天使達の歌』

 第8話「空に響く、天使達(ウタヒメ)の声」

 アストレアは、やれば出きる子なんです。
 そして、戦闘シーンのカッコよさは、抜群でした。

SORA20801.jpg 

 「愛ってなぁに?
 「ニンフ、お前は廃棄処分だ。
 カオスの変装した智樹に言われ、悲鳴を上げ苦しむニンフ。
 ニンフにとって、いやマスターに使える事に意味を見出すエンジェロイドにとっては、役立
たず、廃棄処分
という言葉は、辛い言葉であり、特にニンフはシナプスにいた頃から、廃棄と
処分言われ、しかも羽が無くなり、欠陥であるが故に、劣等感が強く人一倍敏感なんでしょう。
 
 「もしかして、智ちゃんのおかげかな?
 買い物が出切るようになったイカロス、敵だったはずのアストレア、みんな変わったけど
初めは、怖そうだったけど、幸せそうで一番変わったのはニンフだと智樹にいう、そはら。
 こういう会話の裏で、ニンフの苦痛そうな表情が辛い。

 「ぐちゃぐちゃにしてやる!!
 必死に抵抗するが、苦しむニンフをモニターから見つめる、ダイダロスと栄四郎。
 そして、第二世代は、自分が作ったものより性能は上だが、イカロスには勝てないと言う。
 必死に言葉では抵抗しながらも、怖がるニンフが、マスターになると(ニセ)智樹に言われ、
喜んでいたのに裏切られた、ニンフの心の奥底の苦悩というか、絶望感のようなものを感じます。

SORA20802.jpg

 「イカロス、ニンフを壊せ、命令だ。
 「めい・・・れい・・・
 ニンフを助けに来たイカロスはカオスに攻撃を仕掛けようとするが、カオスは智樹に変装し、
そうイカロスに命じる。
 「逃げて!!
 ニンフを遠くに放り投げる、イカロス。
 イカロス強引すぎw
 でも、こうでもしないと、偽者だと知ってても、命令に従順してしまいそうな、イカロスの
ベターな選択だったのかもね。

 「お前はなんだ?
 「わたしは、マスターのエンジェロイド、タイプαイカロス。
 ニンフを逃がしたイカロスに問う、智樹。
 カオスが智樹に変装しているのは、分かっていて、ニンフを逃がすも、ニセ智樹をマスターと
呼んでしまう、絶対服従のエンジェロイドの悲しき性
を感じます。
 これだけの高度な文明なら、顔で判断より、DNAとかじゃないけど、個人の生体反応のような
もので判別するのかと思ったら、そうじゃないのね。
 もしかしたらダイダロスは、完璧なエンジェロイドをあえて作らず、エンジェロイドの自主性や
可能性・・・つまり、自分で考えて人間らしく生きて欲しいと、思っているのかもね。 

 「助けに行く、羽もないのにどうやって?
 「いったい、誰が拾ってくれるって言うのよ!?
 マスターになりたい・・・(ニセ)智樹の言葉を思い出し、羽も無く戦う事も出来ない役立たず
なのに
と、ニンフ。

SORA20803.jpg

 「すいません、ニンフ先輩、マスターのご命令です。
 エンジェロイドが、夢みられるはずないのに・・・
 ニンフにイカロスを助けて・・・そう言われ、助けに向かおうとしたが、空のマスターの命令で、
ニンフを攻撃しようとするアストレア。
 「俺は・・・いいと思う・・・
 智樹、颯爽と登場。
 今回はシリアス展開というのもあり、カオスの化けた智樹もいたりしたからでしょうが、智樹の
顔の作画がちょっぴり怖い。
 そして、何となくニンフに手を差し伸べる智樹が、キラ・ヤマトっぽく見えるw

 自分で決めろ!お前が何をしたいのか!!
 空のマスターの命令で、ニンフを倒そうとしたアストレアに言う智樹。
 「わたしも、好きになっちゃったのよーー!!
 空のマスターにイカロスを先に倒せと命じられ、向かうが智樹との思い出を思い出す
アストレアは、空のマスターの命令と、自分で決めろとの智樹の言葉に苦しみ、自ら、
鎖をちぎる

 第一期では、あれほどニンフの鎖を切るのに苦労した智樹たちですが、意外に簡単に
切れるものなのねw
 近接戦闘用なのでパワーもあるってことでしょう。

SORA20804.jpg

 「でも、これは自分で決めた事だわ!!
 これは愛?とたずねる、カオスにバカだから分からないと、アストレア。
 「デルタは・・・バカ。
 感情制御と戦闘能力を高め、あえて電算能力を積まなかったと・・・。
 加速性能、最強の盾であるイージスエルト、最強の剣である超振動光子剣クリュサオル
持つ、近接戦闘においては最強だとダイダロス。
 アストレアかっこいい!!
 わずか、数分の戦闘シーンですが、その動きも素晴しい。
 アストレアを単なるお笑い要員のバカと思っていた自分がバカでしたw 
 
 しかし、遠距離攻撃に切り替えたカオスに防戦一方のアストレア。
 そこへ、自己修復を終え、カオスを止めに入るイカロス。
 でた、ウラヌスシステム
 テンドロビウムか?いや、爪?がある辺りは、ビグロに近いか!?w
 巨大兵器で空中戦なんて、目立ちすぎでしょw
 町の住民は気が付かないのか?それより自衛隊は何をやっている?
 しかも、イカロスの武装が地上に落下して危なすぎw
 てか、絶対に死人が出てるって^^;

SORA20805.jpg

 「マスターは泳ぎが得意、でもエンジェロイドは泳げない。
 「あなたはどうなの?カオス!!
 カオスと共に、海の底へ向かうイカロス。
 「わたし愛が知りたいの。
 「分からない・・・わたしも、愛が何なのか分からない・・・
 「わたし、マスターの事を考えると動力炉が痛い・・・
  「わたしは、大好きなマスターを守る!!
 ウラヌスシステムが壊れ始め、自分を犠牲にしてまで智樹を守ろうとするイカロス。
 そして、海中に沈んでいく、カオス・・・。
 感動的なシーンで、じーんと来てしまうが、第1期の時、海底を歩いてイカロスは冒険
していたと思うのですが・・・w
 イカロスを助けるなんてウラヌスシステムには感情があるのか気になるところです。
 初めからプログラムされているとか?
 う~ん、ガンダムのラストシューティングのようなものか?w
 いや、サイコミュシステムか?w
 ていうか、その前にイカロスより弱い装甲なんて欠陥のような気がしますが、攻撃力などに
特化した結果なのかもしれませんね。

 「愛が何なのか分からない・・・わたしも、あの子と同じ・・・
 「早く、マスターに会いたい・・・
 アストレアに、そうつぶやく、イカロス。 
  
SORA20806.jpg

 屋根を壊し、頭を智樹にグリグリされるイカロスとアストレア。
 怒られちゃったけど、本当に心配してくれる、いつもの智樹が目の前にいる・・・そんな安堵感の
ようなイカロスの想いのようなものを感じます。  

SORA20808.jpg 
 
 シリアス、シリアス、シリアス。
 ギャグもサービスシーンも無く、全編シリアスシーンでしたね。
 今回を、偶然にでも始めてみた方が、こういうアニメかと勘違いしそうで怖いwww

 エンジェロイドとマスター。
 イカロス、ニンフ、アストレアの三者三様のエンジェロイドの葛藤、そしてカオスも含め最後
まで言っていた「」がテーマであり、重い内容でした。

 まずは、ニンフ。
 空のマスターからは廃棄だと言われ、羽も無く、新たなマスターもいずに、エンジェロイドの
悲しき性とも言えるマスターが欲しい、大好きな智樹にマスターになって欲しいと、願うが、
願いが叶わないニンフ。
 ニンフは羽が無い事に、自分に劣等感を感じていて、Cパートでも羽が治れば・・・と、思って
いて、イカロスたちに邪魔をされてしまいましたが、どのように智樹が接し、心のケアをしていく
のか?気になりますね。

 アストレアは、空のマスターの理不尽な命令と、智樹の自分自身で決めろ、この言葉と
苦しみ、ニンフとは正反対にマスターとの決別を選びました。
 ダイダロスが言うには感情制御にかなりウエイトを置いているようで、マスターの命令に
従うというよりは、自分で考えて(バカだけどw)生きるタイプなのでしょう。
 だからなのかもしれませんが、今回のアストレアの戦闘力は、凄まじく、今までの、どじっ子
ぶりは、何だったのだろう?
と思え、今まではマスターに命じられるだけで、自分の意思では
無く、その辺りの感情がイカロス風に言えば動力炉に何か、引っかかっていたのかもしれません

 もっとも空中戦だったので、コケる心配も無い訳ですがw

 そして、イカロスは、大好きなマスターを守るために、自分を犠牲にしてまで、カオスを海底に
沈めようとし、愛とは何か?とカオスに問われ動力炉が痛いと苦悩はするものの、ニンフや
アストレアに比べれば、幸せ
ですよね?
 カオスと共に海底に沈みながら、ここまで好きだとハッキリと感情表現をしたのは始めてと
言ってよく、愛は良く分からないけど、何となく理解しつつある感じがします。
 まあ、智樹がニンフにもアストレアにも優しく、別の意味で苦労と苦悩をする訳ですがw

 最後に、カオスですが、第二世代といいつつ、最後は意外にあっさり、海底に沈んで行き、
愛って何?」と空のマスターの命令だから、イカロスたちを攻撃するものの、その本心は、
イカロスやニンフがシナプスを裏切った理由を知りたく、それが愛であると言葉では
分かるが、その気持ちを知りたかった
だけ
なんですよね?きっと。
 最後に、イカロスの涙や「動力炉が痛い」これを見て、再び登場するのか分かりませんが、
どう感じ、どう行動の変化が表れるのか?気になるところではあります。

 カオスが登場した意図を改めて考えると、エンジェロイドたちに愛とはなにか?マスター
とは何か?
と改めて問う(認識させる)役割であり、イカロスに感情がかなり出てきたように、
今後の展開も含めての、重要な役割を担うキャラなのでしょうね。

 EDは「踊り子
 聴いた事はありますが、特に思い出とかも無く、相変わらず曲の選曲理由が良く分かり
ませんね^^;
 でも、智樹と、ちょっと後ろからニンフが2人歩き、最後に智樹が手を差し伸べ、笑顔で
ニンフが手をつなぐ場面
が良いですね。
 そはらも言ってましたが、以前にニンフなら顔を赤くしながらも、「何よっ!」なんてツンな
行動をとるはずなのにね。
 カオスとの戦いがあり、改めて智樹の事が好きだと再認識したと同時に、ちょっぴり
素直になり、偽者じゃない、本物の智樹の優しさに触れたからかもしれません。

 しかし、カオスイカロスたちじゃなくても、の答えは難しいですよね。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。