スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「BLOOD-C」 #07『うかりける』

 #07「うかりける」

BLOODC0701.jpg

 「皆を守ると約束したのに・・・
 ののとねねを助けられず、落ち込む小夜の脳裏に誰と?と問いかける声を聞き、何かを思い
出したかのように苦しむ、小夜に古きものと戦えるのは小夜しかいないと、言い聞かせようと
する唯芳。
 この唯芳の言い聞かせ方が何となく胡散臭いw
 それより、警察は唯芳に対して、あの程度の質問でいいのか?少なくても、小夜と会ってから
消息を絶ったのだから、小夜に事情は聞くだろうw
 というか、あれだけ街中で、刀を振り回して大騒ぎにならないのだろうか?

 「そう・・・約束だ、2人で試すと決めた事に、この約束は必要だから。
 そして、夢を見て目を覚ます小夜。
 研究所?で何やら実験をしようとしていたのか?物語当初より、意味深に登場していた、フラ
スコのようなもの。
 小夜の記憶には無さそうですが、どうやらその研究所?に居たようですね。

BLOODC0702.jpg

 「あなたは古きものではありませんね?
 眠れず、外へ出る小夜の前に現れるしゃべる犬。
 願いをかなえる店の店主だと言う犬に、誰かが願い事をして、それに関係する事で自分の
ところに来たのでは?
とたずねる小夜に、合ってると犬。
 「本当にそうか?
 だけど、この町から出た事無いし、そんな店へ行ったという知り合いも居ないと言う小夜に
問う犬。
 願いをかなえるには、等しい対価が必要で、出来る事は限られていると犬。
 ハガレンの錬金術の等価交換と同じ理屈か?
 小夜の場合は、古きものを倒すために、その力を得て失ったのは記憶なのだろうか?
 あの、実験室のような部屋は、この犬の店で、願いをかなえる為の特殊能力を得た為に、人間の
姿から犬へなるという代償
を支払ったという事なのでしょうか?

BLOODC0703.jpg

 「求衛ののとねねは、その何かに喰われたのかもしれない。
 学校へ来た、小夜に休校だと香奈子先生。
 そして、人を喰らうものの話をし、今まで消えた人たちも、同じかもしれないと同意を小夜に
求めたり、わざわざお父さんの所へ帰りなさいとか、意味深な事を言ったりと、胡散臭さが増して
きましたねw
 小夜もバカじゃないようで(失礼w)、先生が古きものについて知っているのでは?と疑問を
もったようですね。

BLOODC0704.jpg

 帰り道、小夜は警官に呼び止められるが、古きものに殺される警官;;
 この警官は、冒頭で神社にやって来た警官なのかな?
 「情けない・・・これほどまでに、ひ弱になっておるとは・・・
 攻撃を避ける小夜にそう言い、弱すぎると、小夜を知っているような口調で話す、古きもの。

BLOODC0705.jpg

 「お前の父親、唯芳が言ったのか?
 この神刀を持っていた母と戦った事あるのか?とたずねる小夜を笑う、古きもの。
 唯芳は、かあさまが亡くなった後も支えてくれたと言う小夜に何の話だ?と、古きもの。
 約定を違い続けているのは人間だとか、古きものと人間と過去に何があったのだろう?
 そして、小夜の真実、唯芳がついているウソを知っているようだし、神社の事も知っていたりと
ムカデタイプの古きものが、小夜の神社を襲ったのも、偶然じゃないようですね。
 どうでもいいが、あれだけ背中を斬っているのに、小夜の髪の毛は切れないのですね?w
 それに、古きものが真っ二つに斬られて本来ならグロいはずなのに、なんか笑えますw

 明かされる謎、そして、そして出てくる謎
 物語がいっきに進み始めた・・・そう感じます。
 小夜は唯芳の娘であり、古きものによって殺された母に代わって、古きものを退治して
いた
・・・そう思っていたのに、武者の古きものの言葉を信じるなら、どうやら、それは唯芳が、
小夜にそう言い、信じ込ませられていたウソ

 戦いにおいて、小夜の目がネコの目のように、なにやら開眼したようになった時に、いわば
戦等モードになり、冷酷なもう1人の小夜が姿を現す。
 その目が気にはなっていたものの、他の謎などにより何となく自分の中でスルーしていたの
だけど、やはり人間の目では無いのか?
 いや、元は人間だけど、人体実験により改造された、人間?
 それとも、対価を支払い、力を得るために、そして2人で試すと決めた事と言っていたし、
自らの意思なのか?
 そして、その小夜ともう1人とは、あのなのだろうか? 
 そして、2人だけじゃダメだと言っていたし、その協力者こそ、唯芳であり、香奈子先生であり、
小夜を監視(手助け)し、以前、唯芳が言っていた光を見つけさせようとしているのでしょうか?
 そう考えると何となく納得できる感がします。
スポンサーサイト
[ 2011/09/03 ] アニメ感想 BLOOD-C | TB(0) | CM(0)

「BLOOD-C」 第6話『かぜをいたみ』

 第6話「かぜをいたみ」 

BLOODC0601.jpg

 小夜ねねの前に現れた、古きものに恐怖して逃げるねね
 元はムカデか?でも、でも何となくメカっぽく感じてしまいますw
 小夜の制止を振り切って逃げたりと、ねねは完全にパニくってますね。
 まあ、こんな不気味な生物が自分を追ってくるんだから、当然か。
 世の中、人の事は言えないですが、小さなゴ○ブリでもパニくる人もいるぐらいですしねw 
 このムカデは、思考能力のある、古きものとは違い、動物(虫)の捕獲本能だけで襲って
いるような感じで、逃げた事によって、自分より弱いモノと判断しての攻撃なんでしょうね?

 そして、ねねを連れ御神刀の置いてある部屋へ向かう小夜だったが、背後から聞こえる、
ねねの断末魔・・・
 これは、グロい・・・。
 頭を食われ?体が力なく動く姿や、アップになる手や足が、惨い・・・。
 さすがに、オンエア出来ない様で、喰われてる姿は、黒く修正が入ってますね。

 「光の先を捜し当てるか?小夜。
 古きものを倒し、気が付いた小夜を、催眠術?で眠らせ、つぶやく唯芳。
 光の先ってどういう意味だ?
 それより、仮にも、クラスメイトが死んだ訳だし、もう少し、ねねの事を心配しろよと言いたいw

BLOODC0602.jpg
 
 そして、眠っている間に服を着替えさせるなんて、やるな唯芳w
 「やっぱり、あれは本当に・・・
 眠りから目を覚まし、怪我している足を見て現実だったと思っていると、病気だと聞いて
コーヒーを持って現れる文人。
 小夜がコーヒーを飲んでいる時に、見つめる目が怪しい
 だいたい、あれだけ、古きものが暴れて、建物が壊されてるのに、何も気が付かないのは
おかしい
だろw
 しかも、熱があると聞いているのに、そんな病人にコーヒーを出すか?普通。
 「けれど、あの場所、知っているような気がする・・・
 眠いとか目がかすむとか、そして前にもあったと小夜が言いながら、あのいつものヤツ
夢を見ているようだし、もしかして睡眠薬でも入れたのでは?なんて思えます。 
 
BLOODC0603.jpg

 「何かあったのなら、言え、小夜。
 学校にやって来た、小夜に声をかける慎一朗。
 学校を休んだら、一般的には風邪か?とか聞くはずなのに、怪我をしたのか?と心配する
なんて、明らかに不自然であり、やはり小夜の正体を知っているようです。

 守ると約束したのにと独り言を言っていると、誰と?とたずねる犬。
 こいつ、しゃべれたのか?しかもCVが福山潤という事は、重要なポジションになりそうですw
 で、しゃべれるのは、もしかしたらこの犬も、古きものだったりするのでしょうか?

BLOODC0604.jpg

 「ねねさ・・・!?ののさん・・・
 そこへやってきた、のの。
 髪の分け目を変えたら見分けはつかないはずだと、ねねの行方を問い詰めてると、影が
動き出し、小夜、そして街の人々を襲いだす。
 影が小夜に首を絞めてるのに、気が付かないなんて、古きもの憑依されてるのか?
 それにしても、最初に殺された女性の断末魔のグエッってセリフが、素晴しく上手いw
 
 古きものに対し、ののを助けようとする小夜は、古きものに飲まれてしまうが、古きものの中の
蜘蛛の巣に捕らえられている?のの共々、切り捨てる小夜
 福圓美里、早くも退場か!?w
 なんてこった・・・。
 古きものがクラスメイトを襲い、それを小夜が、助けてこそヒロインと思っていて、前回4話の
ラストで、小夜とねねの目の前に古きものが現れ、ようやくBLOOD-Cの物語が本格的に動き
出したか!?と思っていたら、それ以上の衝撃的な展開が待ってました。
 まさか、ねねに、古きものの存在を知られるどころか、古きものに喰われ、ののは居なくなって
しまった、ねねの事を小夜が何か知っていると悟り、小夜が怪しいと疑い、それが、古きものの
憑依を許してしまったのか?ののの影が、暴走しだし、街の人々を喰らい、小夜を襲い、そして
自ら、喰われてしまうなんて・・・。
 大切なものを守りたい・・・小夜の願いは、無力なもので、自らの目の前で、そして、自らの
により、辺りは真っ赤に血で染まってしまい、バラバラになった制服や靴が痛々しい・・・。
 自分の目の前で、ねねののの2人が死んでしまい、ショックはそうとうのものでしょう。
 特に、ののは、古きものを倒すためもありますが、結果はどうあれ、自らの手で殺してしまった
のですからね。
 逆に言うと、この背負った痛みが、真の「務め」を果たす者としての覚醒につながり、唯芳の言う、
光の先であり、犬がラストに言う、気づけというのも、同じ意味のような気がします。
 
 展開的には、ねねの行方は小夜が知っている(犯人)と疑い、これまで仲の良かった小夜に対し、
恨みを持ち、その心の闇により、憑依された、ののが小夜を襲う側になったりするという、王道
パターンのような、展開になるのかと思っていたら、いきなり、2人も死んでしまうなんて・・・。
 これまでの、だらだらとした平和な学園生活は、あえて古きものとは関係のない生活をおくらせて、
衝撃度を増す為の演出だったのかもしれませんね?

 しかし、ねねは、古きものに憑依(小夜や街の人々には黒い影が見えたのに、ねねには見えて
なかったようですしね)されていたようだし、古きものは、人の疑心暗鬼というか、心の弱さにも
つけ入る事が出来る
ようで、様々な種族が存在するようです。

 とにかく、これにより学園生活は一転し、暗いものになっていくのかもしれません。
 少なくても、あの惨劇を目撃をしたものは、いるはずであり、刀を持った、少女が血の湖の
ど真ん中
に居るんですからね。
 疑われるのは明らかであり、こんな小さな町、噂なんてあっという間に広がるでしょう。
 小夜を怖いと敬遠するものも、クラスメイトの中からも出てくるかもしれません。
 一方で、犬がしゃべったり、「気をつけて」と、小夜の正体を知ってるのか?不思議な雰囲気を
漂わす、筒鳥香奈子先生。
 同じく、小夜の正体を知っているのか?時真慎一朗。
 その他にも、思わせぶりなセリフが多く、みんなが怪しく思えてきますw
 古きものとの戦いもそうですが、主要キャラも徐々に、動き出し目が離せなくなってきました。 
[ 2011/08/23 ] アニメ感想 BLOOD-C | TB(14) | CM(1)

「BLOOD-C」 第3話『ひとはいさ』

 第3話「ひとはいさ」

BLOODC0301.jpg

 小夜は刀は自在に操れても、包丁さばきはいまいちですねw
 しかし、唯芳はおかしいだろ、だって普段は、古きものと小夜を戦わせておいて、いつも傷
だらけ
になってるのに、それに比べ、包丁で手を切るぐらい軽いような気がするw
 でもまあ、そこが親バカというヤツなのでしょう。 

 通学中、念願かなって、犬を抱く事が出来たけど、おかげで遅刻してしまい、香奈子先生の
手伝いをさせられる小夜。
 香奈子先生には、何やら秘密のようなものを感じますね。
 先生になる前に研究していた事ってなんなのでしょう?
 今までは、アバン、今回はラストに登場する謎の語りと、血液のフラスコなような物。
 これと関係あるような気がします。
 「わたしもあなたの事を好きよ。」なんて、話の話題からの流れにも感じますが、何か小夜と
いうか、更衣家そのものに対する興味のようにも感じます。
 今はまだ、関わりが薄い香奈子先生が今後どのように関わってくるのか?気になるキャラに
急上昇ですw

BLOODC0302.jpg

 カフェ・ギモーブに立ち寄り、ケーキを食べてると、うぐいす商店の店主が行方不明だと
やってきた警官から聞かされる小夜たち。
 ねね&ののの念願が叶って事件が起きましたねw
 しかし、この警官の無表情ぶり・・・ほんとうに警官なのか?って疑問がわいてしまいます。
 もしかしたら、古きものが化けたり、操ったりしているのかな?なんて思えます。
 それはともかく、今までとは異なるものかもしれないと、唯芳は言っていましたが、まさか
電車が、古きものとして現れるなんてw
 古きものと言われるからにはやはり、廃線か何かでお役ゴメンになった電車なのでしょうね?
 そして、うぐいす商店の店主を見かけておきながら、助けもしないで、いわば店主を泳がせ、
古きものをおびき寄せた形であり、冷酷な小夜が、ここにはありました。
 こういう冷酷な性格は、単に正義のヒロインではなく、目的の為なら手段を選ばない、冷静さも
あり、結構スキですね。
 なんていうか、ダークヒロインは、こうじゃなくっちゃって感じですw
 しかし、腕が千切れて窓にあたるシーンはグロいな・・・よく地上波でOKになったなって関心
します。

BLOODC0303.jpg

 そして敵はねこバスか!?
 今度の古きものは、ねこバスかと思いましたが、電車でしたw
 古きものは人にとっての敵だと、言っておきながら戦いにおいては、その強さや凶暴さは垣間
見えたものの、人類にとって敵なのか?と問われると、いまいち分からず、説得力の弱いもの
でしたが、うぐいす商店の店主は気の毒ですが、古きものに操られ?死んでくれたおかげで、
人にとって仇なす者であると、多少は理解でき、そういった意味では、うぐいす商店の店主の
死は無駄死にではありませんでしたw

 ただ、相変わらず、古きものとの戦いは唐突であり、話の流れに関係の無い展開で、敵と
しての恐怖心は皆無
であり、せっかくOPなど、暗い感じで、おどろおどろしい雰囲気を感じ
られる部分があるからこそ、余計にインパクトが無いのですよね・・・。
 もう少し、ダークな部分を全体的に出していって良いと思うのですけど・・・ね。

 クラスメイトなど身近な人が襲われたり、古きものの恐怖が日常にある世界では無く、普段は
平和であり小夜も普段は鼻歌を歌ったりと、平和な生活をしているからこそ、表情が一転する、
戦いとの、いわば二面性を出したい・・・そういう意図があるのでしょうが、今のところその意図が
上手く生きていないような気がします。
 たまには、学校生活を早く終え、古きものを求め探索したりするような、展開もあれば、もう
少し、古きものの敵としての存在感が増していくと思います。

 しかし、このアニメは批判ばかりしてるクセに、しっかりと見てしまうのですよね。
 これは、やはり、水樹奈々&CLAMPの魅力という事なのだろうw
[ 2011/07/29 ] アニメ感想 BLOOD-C | TB(9) | CM(0)

「BLOOD-C」 第2話『きみがため』

 第2話「きみがため」

 「守る・・・
 古きものを倒し、傷だらけの体で夜空を見上げ守ると一言だけ言って、余計な事が一切入
らず、EDへ入る演出が小夜は改めて心に誓うという強い意志を明確に表していて、なかなか
良い感じだった。
 個人的には、タイトルは「きみがため」だけど「みながため」の方が、良かったのでは?と
思ったりしますけどね。 

BLOOD0201.jpg

 相変わらず、よく分からないOPのナレーションw
 血液の入ったフラスコ?のような物が割れたりして、怪我をしたりする人がいて、古きもの
いつの時代から現れたのか分かりませんが、人体実験か何かで生まれてしまったという
事なのだろうか?
 だからこそ、1話の地蔵もそうですが、今回の朝顔?も血の色が赤なのだろうか? 
 そして、相変わらず、通学、帰宅中には作詞作曲のオリジナルソング。
 これはアドリブの歌なのか?
 この歌を歌わせるために、水樹奈々をキャスティングしたのだろうか?そう思えてしまいますw

BLOOD0202.jpg

 そんな、小夜は、普段は委員長の鞆総のラブコールを華麗にスルーしたり、ねね&のの
ツッコミも理解できないノー天気っぷり。
 でも、それは、戦いに身を置き、一般の生活・・・友達と接する事が少なく、育って来たために
そういう恋とかをすることなく育ってきたのでしょう。
 だからこそ、身近にいる男性である父親の唯芳に対して、父親としての尊敬とかもあるので
しょうが、 好きという思いがあっても仕方が無いのかもしれませんね?

 裏の姿は、生死を賭けて戦っているからこそ、普段はそんな世界から離れ、言わば、殺戮
マシーンではなく、人としての生活をしたいと思うがゆえに、平和を守りたいという、思いが
強いのかもしれません。
 そして、そんな裏の顔を、知ってるのか?知らないのか? 小夜の頬の傷を気にしたりして、
小夜にとっても、少し気になる存在になっている感のある、時真慎一朗。
 時真と接して、光のような物が見えたようで、少なからず接点があるのは確実で、割れた
フラスコ?を触り怪我をしたのも実は時真だったりするのでしょうか? 

BLOOD0203.jpg
  
 古きものに対して書物を調べる、唯芳。 
 古きものとは人を喰らうものらしいが、いまいち説得力が今のところは欠けている
思う。
 それは、確かに小夜の母親も古きものとの戦いの最中に命を落としたという事で、その
強さは、まだ分かります

 だけど、人を喰らうと言っても、2話まで見たところ、例えばパターンですとクラスメートを襲い、
それを助ける為に、剣を振るい退治する・・・そういう、古きものが一般人を襲うという描写が
全然無い
のですよね。
 それを助けてこそ、ヒーローであり、ヒロインだと思うのですが、学校では普通の生活を、そして
神社へ帰ると、父が待ち構え退治へ向かう。
 これでは、本当に古きものが人を襲う、人類にとっての敵(悪)なのか?まったく分からず、
とらえようによっては、小夜が、古きものたちが安息して暮らしている所に、襲撃をかけて殺す・・・
いわば、道楽として狩をしているとも言え、倒す理由が分からない
 危険なヤツだから、被害が及ばないうちに倒すという事なのだろうか?
 見方を変え、古きものにとってみれば、小夜こそが、自分たちの命を脅かす敵であり、
それから身を守る為に戦ってる
とも見て取れるような気がします。
 皆を守る為に・・・との決意から戦ってる小夜な訳ですから、母親が殺され(負けた)復讐と
いうか意志を引き継いでいるのだろうとは思いますが、決心するに至った理由、そして本当に
人々を襲う凶暴な、古きものの姿
を見てみたいものです。
 第3話の「ひとはいさ」の予告を見ると、もしかしたら、その辺りの理由が明らかになったり
するのかもしれませんね。
[ 2011/07/16 ] アニメ感想 BLOOD-C | TB(22) | CM(0)

「BLOOD-C」 第1話『あまつかせ』

 第1話「あまつかせ」

 BLOODと言うと、思い浮かべるのが、2005年に当時はまだ無名に近い(個人的にはこの
作品で彼女をしりました)喜多村英梨が主役に抜擢された「BLOOD+」。
 そのBLOODが帰ってきました。
 しかも、何故か?今度は”C”となってですw

 キャラデザはご存知のCLAMPで、見るからにCLAMPらしさが現れているキャラ、そして
シリーズ構成にもCLAMPの大川七瀬が加わっているのですから、これは見るしかない
という事での視聴です。
 あ~、そっか、”C”はCLAMPのCなのかもしれませんね?w 

BLOODC0104.jpg

 で、1話を見た感じの第一印象としては、全体的に地味だな・・・とw
 
 まず、主人公の水樹奈々演じる更衣小夜
 正座で足がしびれ、顔面からコケてしまう小夜。
 ドジっ子なのか?と思わせておいて、スポーツは良く出来たり(務めを果たす剣術家?なの
だからスポーツが出来ても不思議じゃないですが・・・)丁寧な口調、そして、髪を束ねるも、
髪が多すぎて暑苦しいし、いわゆるツインテールな萌えな感じも無く、地味なキャラを
加速
させてますねw
 神社?の娘として厳格に育てられたからか?同級生に対しても、丁寧な口調で話したりと、
その務めが悟られないように、普段は、おとなしめ性格を表現したかったのでしょうが、いま
いち性格がつかめきれなかった。
 ただ、極度のファザコンのようで、父親の唯芳の事を話すときは、ほんとうに生き生きと
して、その思いは十分すぎるほど伝わってきましたw

BLOODC0102.jpg

 そして、敵がなんと地蔵だし、魔法少女が専門?な水樹奈々にしては、変身もせず、必殺
技を叫ぶ訳でもなく、派手な戦闘シーンもあまり見られずに地味w
 ただ、地蔵を倒した時の冷酷な表情は、務めを果たす者としての覚悟というか、生き物
ではないのでしょうが(血が出るから生物?)、ノド元に刀を突き刺したり、沈着冷静に戦う事が
出来るというか、普段では見る事が出来ない、残忍な性格も見え、そういった意味では、戦う
者の覚悟の顔
はしている訳で、良い表情でした。
 そして、敵を倒し、出迎える父に対してみせる優しい顔が、父親に褒めてもらいたい一心で
戦っている
事を感じさせますね。

BLOODC0103.jpg

 守り神である地蔵が敵なのは、この作品のテイストとして日本古来とでも言うのか?
 いわゆるモンスターではなく、アバンで鳥居が描かれていましたし、その中から人のような
者が現れたし、それが今回の敵である地蔵であり、今後も和風な妖怪のようなのが敵と
なって登場するのだろうか?
 元々、鳥居は人間と神の領域を区別する門であり出入り口のようなものですから、敵は
神とでも言える存在
なのかもしれません。
 しかし、地蔵が猛ダッシュで迫ってきたら、これはこれで、物凄く怖いですねw

 とにかく、1話だけ見た感じでは、世界観がつかめきれず、理解できない事も多いですし、
思わせぶりの表情をする、時真慎一朗や、謎の犬など、その辺りのサブキャラが本格的に
絡むようになってどうなっていくのか?という感じですね。 

 そういえば、学校からの帰り道、人や車などとすれ違わなかったのが気になってしまった。
 単に田舎だからなのか?それとも、横断歩道で小夜が何やら気配を感じているような場面が
ありましたが、地蔵の仕業で人が寄り付かないような術でもかけたのでしょうか?
 しかし、あれだけ夏の明るい時間で学校から帰ってるのに、神社につく頃にはもう夕焼けって
どんだけ遠いところに通ってるんだよ・・・と、それが一番気になった、第1話でしたw
[ 2011/07/13 ] アニメ感想 BLOOD-C | TB(19) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。