スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

茅原美里 Live 2009 Final 感想

 茅原美里 Live 2009 Final に行ってきました。

 やっとの思いで(詳しい経緯は
こちら)座席にたどり着いたら、2、3曲かな?既に終了し、
詩人の旅』からの参戦で、当然のように、落ち着く間も無い訳ですが、見る事が出来
なかった分を取り戻すべく、自分のテンションを一気にヒートアップし、次の曲は
too late?
 not late…
』。

 もう、この時点で数曲聴けなかったことはすっかり忘れ、すっかり、テンションアップ、ここで
計算したようにMCとバンドメンバー紹介が入り新曲の収録曲である『ステラステージ』。
 そして『Dears~ゆるやかな奇跡~』と落ち着いた歌を聴かせてくれます。
 みのりんのライブは青を基本としたサイリュームですが、こういう曲に青のサイリュームは、
個人的に他の色より綺麗に見え大好きです。

 ここで確か、MCが入り新曲の『PRECIOUS ONE』。
 そして、またまたMCが入りB’zの稲葉浩志さんの実家のある岡山県の津山市に行って、
ある方からプレゼントをもらったと、長々と嬉しそうに話す、みのりんが、かわいいね♪
 それにしても、アニメなどでは聖地巡礼とか言うけど、こういう場合なんて言うのでしょう?
 
 みのりんも話しきって十分満足した様子で、大きいフラッグを取り出しました。
 となると、お決まりの『Lush march!!』です。
 この為に、数曲を捨て、フラッグを買った訳ですから、気合も自然と入りますw
 と、その前に、これまたお決まりの振り方講座で、最後に「じゃん♪」と言うみのりんに合わせ、
みんなで「じゃん♪」。
 タオルを持って、みんなで振り付けはあるけど、フラッグを持ってやるのって、他に無いと
思うしマーチに合ってて楽しいし、良いアイデアです。
 フラッグが500円と懐に優しいのもGOODですw

 このあたりで、記憶は曖昧で確か『ふたりのリフレクション』『
雨上がりの花よ咲け』だった
かな?
 そして、みのりんが退場し、バンドによる大晦日に相応しいベートーベンの交響曲第9番
第4楽章のアレンジで、同じ9番で第4楽章からか?何故か途中で、ドヴォルザークの『新世界』が
混ざりましたけど、このアレンジが実に良く、普通にCDが欲しいくらいですw

 何か間に1曲か?MCがあったような気もしますが、『論舞-revolution-』『君がくれたあの日
Paradise Lost』とラストに向けてのスパートが始まります。
 『論舞-revolution-』の本家は奥井雅美ですけど、Paredeツアーでも歌って、すっかり持ち歌に
なったような感じですね。
 この曲って既に13年前になってしまう訳ですが、最近は行かなくなりましたが、まっくん
ライブにも行っていた事もあり、印象に残っていて、未だに色あせない名曲だと思います。
 そして『Paradise Lost』は『Lush march!!』と並んでライブには、欠かせない曲だと思うしみのりん
が横を向いてステッキマイクで「Lost the paradaise、Ah!」と高音で歌っていく姿が特に、カッコ
よくって大好きです。

 上着を脱ぎMCが入り『Prism in the name of hope』『
Tomorrow’s  chance』でとりあえず
の終了

 アンコールではバンドメンバーも含め、ライブTシャツを来て再登場。
 特にみのりんは、来年の干支である丑に合わせて、牛柄のスカート姿がかわいいよ♪

 『花束』そしてMCが入り、楽しいこと辛い事、そして泣いたこと・・・色々な事を思い出して涙ぐむ、
みのりん・・・。
 ここまで、想像以上の努力をして頑張って来たのでしょうね・・・。
 そういう気持ちを歌に表すように『Contact 13th』で、終了しました。
 そして、最後にマイクも無しに最後に、後ろから、ふり向いて・・・
 みんな。だぁ~い好き
 その一言に撃沈した人は多いはずw 

 参加できなかった時間も含め約2時間30分でしょうか?
 最初の2、3曲が聴けなかったことや、カウントダウンに参加出来なかったのは残念でしたが、
大満足の2時間ちょっとでした♪

100102001.jpg100102002.jpg

スポンサーサイト
[ 2010/01/02 ] イベントetc | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。