スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」 第1話『響ク音・払暁ノ街』

 第1話 『響ク音・払暁ノ街』

打ち捨てられた廃墟で、
迷子になった少女は、ひとりの女性兵士に出会いました。
兵士の手には金色に輝くトランペット。
「軍人さんになれば、トランペットが吹けるんだ!」
ちょっとした勘違いをしたまま、少女は喇叭手に憧れ、軍への入隊を決意します。

空深カナタ、15歳――。
カナタが配属されたのは、セーズという街にある小さな駐留部隊・第1121小隊。
物語はそんな新米兵士カナタが、セーズの街にやってくるところから始まります。
その日のセーズは「水かけ祭り」の真っ最中。
駐屯地を目指すカナタは、お祭り騒ぎに巻き込まれてしまって――。

~公式HPより~

SORA0101.jpg

 列車の中、幼い時、泣いていた、その女の子は、トランペットを持った女性兵士と出会った時の夢を
見ていた。
 そして、目を覚ました女の子は徴兵も無くなったのに志願し新兵になった事を乗り合わせた兵士に
聞かれ、こう答える。
 「はい! 音楽が習いたくて!!
 その女の子の名は空深彼方(そらみかなた)。
 そして、祭りの最中の、湖とガラスの町セーズの第1121小隊に配属される。
 アバンで、女性兵士の胸にある鈴のネックレスがアップになり、キーアイテムになりそうな
雰囲気ですね。


SORA0102.jpg 

 「野良猫ならいいが・・・あいにく、あれは飼い猫なんだ。
 祭りに浮かれる、カナタを見つける髪の長い女性は、その店にいるおばさんに子猫は道草をくう
ものだと言われ、こう言う。
 飼い猫と言うなんて、既にカナタの正体を知っているようですね。

 広場にカナタがやってくると、近づいてきた女の子に「ありがと」と言われ、赤い水をかけられ、
驚くが、それが祭りだとしり、仲間に入り騒ぎ出す。
 びしょ濡れになって、クシャミをするカナタを連れて行く、髪の長い女性
 風呂に入るカナタは、祭りの事を髪の長い女性に聞くと、こう答える。
 「炎の乙女は街を守る・・・

 「フィリシアか? あのお節介。
 お父様からのプレゼントだと言う、修理をされた鈴を、おばさんから渡される髪の長い女性
 
さっそく、鈴のネックレスが登場し、リオの父親からもらったみたいですが、女性兵士とは関係が
無いのかあるのか気になる所。
 その女性兵士はリオの母親(姉)?で、その形見なのでしょうか? 
 そして、この街では円が流通しているみたいですが、日本のような国の統治下という事なので
しょうか?
 人々は明るく、戦地の雰囲気は無く、治安は良さそうですね。
 

SORA0103.jpg

 「すごく、澄んでて、なんだか懐かしい音です。
 音が分かるのか?と、髪の長い女性から、その鈴を渡され、そう答えるカナタ。
 鳥がその鈴を奪い取り、それを取り戻そうとし、下に落ちそうになるカナタを「あんな物の為に死ぬ
気か!
」と心配する、髪の長い女性。
 礼を言いながらも、大切な物だろうとと気にするカナタに「いいんだ・・・きっと・・・これでいい
んだ・・・
」と答える。
 この鈴は、大切な物でありながらも、何かリオにとってみると、わだかまりというか、やっぱり何か
ありそうですね?  

 「あの鈴・・・きっと大事な物なんだ。
 鈴を心配するカナタは、鈴の音が聞こえて来て、それを探しに向かう。

 祭りが本番?になり祭り台車の上から、水を撒く、髪の長い女性

 
炎の乙女・・・。
 はるか昔、この街の谷底に羽の生えた悪魔が住み着いた。
 その悪魔は炎を吐き、大地を揺らし人々を苦しめ、砦に住んでいた乙女たちをさらい、地下
迷宮に閉じ込めた。
 しかし、乙女たちは諦めず、天主様から預かった、金の角笛で蘇り、迷宮を脱出し、巨大な
蜘蛛の力を借りて悪魔を倒し、首を討ち取ると首から炎が噴出し、街が燃えてしまうと、悪魔の
首を順番に抱き締める乙女たちに村人たちは水をかけ、1年かけて消えたという。
 以来、村を救った乙女たちの霊を慰めるため、水かけ祭りが始まった。

 
ここで、リオの語りで分かる、この街の歴史というか伝説。
 かなりの時間を割いて、祭りを描いてますが、展開に何か影響をしていくのか?
 それとも、単なる伝説の授業だけで終わってしまうのでしょうか?

SORA0104.jpg

 谷底で、鈴を見つけたカナタは、それを取ろうとジャンプするが、地面が崩れ水の中に落ちてしまう。
 「
迷うのって楽しい事もあるけど、それは知らない誰かに会えるからだよね? 1人きりは・・・
嫌だな。

 自力で地上に上がったカナタだけど、場所が分からなくなり、迷子になり女性兵士と出会った頃の
事を思い出す。
 「音は必ず響く。
 女性兵士から、そう言われた事を思い出し「そして、伝わる。
 トランペットを吹くカナタ。
 「届いて! 誰か! わたしの音を受け取って!!

 
何故、リュックを背負ったままジャンプを・・・w
 そして、助かったカナタが、幼い頃に出会った女性兵士を思い出す訳ですが、 髪の色や目つきは
違っても、何となくリオに似てる・・・気がします・・・。

SORA0105.jpg

 トランペットを吹く、髪の長い女性
 「音は響いて、そして・・・」気を失うカナタ。

 時告砦の駐屯地で髪の長い女性の声で目を覚ますカナタ。
 「こんな、鈴、1つの為に。
 無茶はするなと、首から下げた鈴を手に取る、髪の長い女性。
 朝焼けの中、トランペットを吹く髪の長い女性
 「和宮梨旺(かずみやりお)、わたしの名だ。
 ラッパ師としての指導をすると言う、リオ。
 「今度の、娘は下手だねぇ。
 トランペットを吹く、カナタを失笑する、町人たちだった。

 
朝焼けの中でトランペットを吹くリオの姿や、カナタの風景とその構図が美しく素晴らしいです。
 ただ、ツッコミ所としては、リオは自分の名前は名乗ってますが、階級は言っていないはずなのに、
何故、曹長と分かったのでしょうw
 事前に、名前と階級は知っていたと言う事なのかな?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 
原作に頼らない、アニメノチカラの第一弾です。
 OPが、アバンからストーリーがつながり、映画の雰囲気で良いですね。
 直感的に思った事は、町並みとか、アングルなどが何となくジブリ作品を思わせる雰囲気だな、
なんて思いました。
 特に、祭りの台車から水を撒く、リオの姿なんて、特に感じますw
 そして、第1話というのもあるのかもしれませんが、クオリティはかなりのハイレベルだと思います。
 特に、背景書き込み方は尋常じゃなく、映画並みの素晴らしい出来です。

 第1話を見ただけでは、あくまで世界観を見せる感じと、カナタのキャラの性格の表現のような
感じで終わり、これと言って、オッと思わせるような展開も無く、可もなく不可もなくという、及第点と
いった感じですが、カナタが幼い頃に出会った女性兵士と同じような鈴のネックレスをリオが持って
たり、カナタが水の中で見た、悪魔の化石?とか、布石はある程度、撒きましたし、今後この布石が
どう展開に影響してくるのでしょうか?

 そうそう、それとEDを歌ってるのは戸松遥ですけど、公式HPでは特にキャスティングされていないの
ですが、今後登場する機会があるのかが、気になって仕方がありませんw

スポンサーサイト








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。