スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

デュラララ!! 第1話『開口一番』

 第1話「開口一番」

 
東京・池袋。
都会の非日常に憧れる少年・竜ヶ峰帝人(りゅうがみねみかど)は、幼馴染の紀田正臣(きだ
まさおみ)の誘いもあり、地元を離れて池袋にある来良学園に入学することに。
正臣曰く、池袋に住む上で敵に回してはいけない存在が何人かいるらしい。
特には、喧嘩上等のチンピラ・平和島静雄(へいわじましずお)と、趣味で情報屋を営む
折原臨也(おりはらいざや)の二人。
そして、奇妙な組織体系を取る詳細不明のカラーギャング“ ダラーズ”。
上京した初日、そんな正臣の話に不安をおぼえた帝人が目撃したのは、
漆黒のバイクを駆る都市伝説“ 首なしライダー” だった・・・・・・。

さらには連続通り魔事件や池袋に根付くカラーギャング“ 黄巾賊”の存在まで浮上し、
池袋の街が壊れてゆく――。

~公式HPより~ 

 

DERA1.jpg 

 

 原作は未読ですが、原作イラストには、アニメはいまいちでしたが夜桜四重奏ヤスダスズヒト
である事や、ハイテンションのサスペンス・アクション!というキャッチコピーに惹かれ、ソ・ラ・
ノ・ヲ・ト
と並んで、期待していた作品です。

 OP、EDともかなりの、いい出来で自分好みの仕上がりです。
 そして、池袋を舞台と、うたってるだけあって、その再現性は高く、池袋は秋葉原の次に馴染みの
深い街なので、帝人たちは、あの道を歩いてるのだな?
とか、ここには、あの店が・・・とか、思わずニヤリとしてしまう所が多数ありますね。

 ストーリーとしては、1話という事もあり、大まかな世界観や多数出てくる登場人物の紹介程度で
終わってしまい、面白いかどうか?と判断する前に終わってしまった感じがしますが、池袋という
土地柄か?ホロの等身大を持ち歩く、男女2人組みが登場したりと、重苦しそうなストーリーと
なりそうなので、今後もこういった、お遊びがあれば、見つけるのも、楽しみの一つになりそうです。

 帝人を案内する正臣は、かなり幅の広い交友関係の持ち主ですし、あまり知らないと言いつつも、
池袋の危険な情報を知っているみたいなので、裏には色々とありそうで、その交友関係の広さから、
色々と帝人を関わるなと言いつつも巻き込んでいくのでしょう。
 もう、都市伝説の存在である、首なしライダーを帝人に見せちゃってるし、その前には、首にキズ
がある女性
とぶつかり出会ったりと、帝人は、自分の意思とは関係なく、巻き込まれていく典型的な
パターンのキャラのようですしね。
 この首にキズのある女性は、始めは連れ去られた女性かと思ったら、違いますし、何者なので
しょうね?
 首なしライダーは、胸のふくらみで女性らしいし、同一人物?
 う~ん、気になります。

 突然出てくる、チャットですが、これはやっぱり田中太郎が帝人のような感じですから、その日に
起きた出来事を語り、色々と
情報を集めたりするツールとして、今後も重要視されていきそうです。
 ドタチンの正体も気になりますね。

 そして、予告のナレーションの、あの声は沢城みゆきさんで間違いないと思うのですが、公式HP
にはキャストとして載ってませんし、予告だけとは考え難いですし、どんな役として登場するの
でしょうか?
 首なしライダーである、セルティのCVは載ってませんから、まさかこの役?
 って、首なしライダーが喋るのか不明ですがw

スポンサーサイト








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。