スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「おまもりひまり」 第2話『海ねこスクランブル』

 第2話「海ねこスクランブル」

優人のクラスに転校してきた緋鞠。
いいんちょ、泰三らクラスメイトは、緋鞠との親睦を兼ねて海水浴を企画する。
優人を連れてショッピングに出かけ、水着を選ばせたり、夏服を買わせたり、振り回す緋鞠。
だが、海に着くと意外にも水が苦手な事が判明。
そこに水を操る妖(あやかし)、静水久(しずく)が襲ってきた。
苦手な水による攻撃を受け、緋鞠は危機に陥る。

~公式HPより~

OMA0201.jpg 

 泰三、そしていいちょたちと、緋鞠の親睦を兼ねて海水浴に誘われる優人たち。
 「それとも、若殿は裸で泳げともうすか?
 学校からの帰り道、緋鞠から水着を選んで欲しいと誘われ、優人は凛子も誘おうと
携帯をかけようとした瞬間大雨が。
 「何もかも全て忘れるのだ・・・でないと、お前、死ぬ!
 
 早くも、定番の水着回w
 緋鞠が昼食で、小さな魚をくわえている姿が、なんともかわいい♪
 やっぱり、猫なんだなと思える1コマです。
 
 「若殿、いったいどれが良いのじゃ? 布地が多いやつか? 少ないやつか? それとも ヒモか?
 水着を買いに来た緋鞠たち。
 緋鞠に大声で聞かれ、慌てる優人^^;
 「この感触、87? まさか、88?
 緋鞠の胸をさわり、多くさに嫉妬する凛子。
 さすがに、大声で言われたら恥かしいでしょう。
 そして、胸を触っただけで大きさが分かる凛子ですが、もみ方エロ過ぎw

 「これにする。 お買い上げじゃ♪
 水着を選ぶ緋鞠は、優人の顔が真っ赤になった水着を買うことに。
 そして、そんな姿を陰から見つめる静水久。
 緋鞠は、なかなか洞察力が鋭いようです・・・って優人が分かりやすいだけですが。

 「やはり、違うかのぉ・・・
 周りの洋服を着ている女の子たちを見て、着物である事を気にする緋鞠。
 そんな緋鞠を察し、買い忘れがあったと服を買ってあげる優人。
 緋鞠は世間知らずなのかと思ったけど、意外と周りを気にすることにビックリ。
 こういうキャラって、鈍感というか気にしないで、騒動を巻き起こすパターンが多いのにね。
 
 試着室に、優人を誘い、着物しか着た事が無く、洋服の着方を知らないと迫る緋鞠だけど、
制服を着ている事を思い出す優人。
 「若殿が始めて、選んだ一着じゃ♪ 今日はこれ以上、良い服はもう見つからぬ。
 「!まずい・・・いまの完璧にストライクだよぉ・・・
 そう言われ動揺する、優人。
 いやもう、緋鞠の一言が萌え~で、剛速球のストライクですw
 そして、凛子の存在を、優人はすっかり忘れちゃってますね^^;

 海にやってきた、優人たち。
 そして、泰三は緋鞠の、形のいいふくらみ、弾力あるれる質感は全校生徒の憧れ
力説する。
 いきなり場面が変わり、結局、凛子は、一緒に帰れたのでしょうか?
 それにしても、凛子はいいちょとに緋鞠の引き立て役です。
 でも、貧乳はステータスと言いますしねw 

OMA0202.jpg
 
 遊ぼうと、緋鞠を誘う優人と凛子だけど、遠慮する緋鞠を猫だからで水が苦手なのねとからかう
凛子は、武士の情けと、魚が好きでしょ?とシャチの浮き輪を渡す。
 「ちなにみ、シャチは魚ではないぞ。
 こっそり、突っ込みを入れる緋鞠。

 遊ぶ、凛子やいいちょのを海の中から覗き込む泰三。
 いまいち性格が見えない優人より、泰三の方がスケベという個性がはっきりしている分、出番は
少ないものの、印象に残ります。

 その頃、沖からかなり流されていた事に気が付き、不安になる緋鞠。
 「大丈夫? 緋鞠?
 そんな、緋鞠を心配して、海の中から、現れ助けに来た優人に驚く緋鞠。
 驚いた瞬間、油断したのか?一瞬見えるネコ耳がいいですねw

 「緋鞠、胸が・・・
 「いやじゃ、いま手を離したら、わたしは溺れる。
 突如、津波に襲われ溺れそうになり優人に抱きつく緋鞠。
 そこへ、触手が緋鞠たちを襲う。
 ん~と、優人に抱きついた時は、胸から外れいていた水着が、襲われた時は外れてないの
ですが・・・いったいこれは?!
 これは、DVDを買ってねというパターンなのでしょうか^^;

 「天河家の末裔・・・
 「鬼切り役の目覚めは、人と妖の均衡を崩すの。
 優人が目を覚ますと目の前には、静水久。
 100年前、静水久の先祖は静かに暮らしていただけなのに、鬼切り役に滅ぼされたと言う。
 「鬼切り役は害役!なの・・・死ね!
 そこへ、助けに入る緋鞠!
 天河家は別にしても、鬼切り役は妖に対して、かなり惨い事をやっていたようで、これが本当なら
非は人間の方にありそうですね。
 それにしても、窮鼠猫をかむじゃないですけど、猫も必死になると泳げるようですねw

 「無駄なの。 カキ氷でわたしの力は3倍増し、魚さえ溺れるの。
 静水久のイソギンチャク?の化け物に捕まり、溺れそうになる緋鞠を助けに入る優人。
 カキ氷を食べていたのは、この布石だったのね。
 でも、カキ氷で3倍って固定されているなら、量は関係ないみたいで、沢山食べていたのは
ただ単に、好きなのかな?w
 この3倍増しって響きは、なんか好きです、有名なあれを思い出します。

 「猫よ、何をした?
 静水久が操れるのは普通の水のみと、氷で太ももを突き刺し血で水を濁し術を破る緋鞠。
 普通の水って、海水は普通の水とはちょっと違うような気も・・・w

 水は沢山有ると、反撃する静水久。
 緋鞠は、守り刀として、優人の逃げるだけの時間稼ぎをすると言う。
 「だからって、俺ひとりで逃げられるかよ!!
 その言葉に反応する、緋鞠、そして静水久。
 「こんな、大怪我までして、緋鞠に何かあったら、俺1人助かったって嬉しい訳ないだろう!
 「俺の為に、自分が犠牲になるとか、そう言うのは止めてくれ!そんなのは俺は望んでない!
 「天河の鬼切り役・・・猫といい、こいつといい・・・なんか変・・・なの。
 単純バカの鬼切り役に免じてと、立ち去る静水久。
 優人がカッコいいね。
 
 討てたはずなのに、止めを刺さなかったと、責められる静水久。
 「もう一度、確かめたい事がある・・・なの。
 滅ぼさないと滅ぼされると、別の刺客をという妖たち。
 この、目玉しか見えない妖たちは、本気で滅ぼされると思っているのでしょうか?
 なんとなくですが、自分たちで世界を支配したいとかの欲望で、静水久たちを、利用している
ような感じもします。

 「いらっしゃいませ~♪」  
 いきなり登場で笑顔のリズレット・L・チェルシー。
 妖の次の刺客は彼女でスク水の次はメイドさんなのね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このサブタイトルの「海ねこスクランブル」は、小清水亜美が「うみねこのなく頃に」の
楼座役だったので、それを意識してのタイトルなんでしょうか?w

 早くも、定番の水着の話でしたね。
 巨乳、貧乳、そしてスク水、さらには触手まで登場し大盤振る舞いです。

 ストーリー的にも王道で、優人の守られるだけじゃ嫌だという緋鞠への思いや、その緋鞠も
使命だけじゃなく優人を守りたいという思いを押し出していましたし、鬼切り役への恨みだけを
思っていた
、静水久も、優人は今までの鬼切り役とは違うと、感じているようですし次回
あたりで仲間になるのでしょうか?
 ただ、緋鞠はともかくとして、優人が、会ってから数日しか経ってないのに、こんなに緋鞠に
対しての思いが強いのにちょっと違和感を感じますが。
 天河家の血筋が、本能として感じているのでしょうか?

 今後もキャラが増えてくるのに、凛子はいまでさえ、必死にアピールしつつも、陰が薄く印象が
あまり残らず、どんどん薄くなっていきそうなのが、残念です^^;
 せめて、緋鞠の秘密を知っている仲だし、触手の餌食にでもかわいそうですが、なってれば
もう少し印象に残ったと思うのですけどね。 
 まあ、1クール作品でしょうし、本格的に登場してないキャラも多数いますし、一人ごとにスポットが
当たったりするのは、仕方が無いのでしょうが、凛子にもう少し、存在感があって欲しいです。
 第1話の緋鞠との、ライバル争いが、活躍のピークじゃあまりにも、かわいそうですしね。
 優人も1話で凛子がいるしって言ったのだから、もう少し気にして欲しいと思います。

スポンサーサイト








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。