スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「はなまる幼稚園」 第4話『はなまるなデート・はなまるなお手伝い』

 第4話「はなまるなデート・はなまるなお手伝い」

 『はなまるなデート』

土田先生と少女マンガのような恋愛をしたい杏。
ところが、土田先生は「現実味がない」とバッサリ。そんな土田先生のために、夢のような恋愛を
プロデュースするべきだと、柊は杏へアドバイスをします。さっそく杏は、土田先生をデートへ
誘うことに。待ち合わせ時間と場所を決め、土田先生へそこで待っているように告げるのでした。
はたしてデートはうまくいくのでしょうか…?

~公式HPより~

HANA0401.jpg

 「恋愛って素適だよね~♪
 恋愛マンガを、つっちーに読ませ、遠まわしに、こんな恋愛がしたいと思う、杏だけど現実味が
無いと言われ、ショックを受ける。
 「土田先生だって、そんなドリームがあるはず。
 「つまり、杏ちゃんがやるべき事は、その期待に答えて、夢のような恋愛をプロデュース!!
 現実にはありえないと思いつつ、期待するのが人の性と力説する柊。
 なつかしのラムちゃん登場・・・って、ひいちゃんそれは古すぎるよw

 つっちーをデートにと、1時に庭のベンチで待ち合わせする杏
 「土田さん、待った?
 「土田さん、素適な喫茶店があるの。 行ってみません事?
 無理に大人っぽく喋ること無いと、つっちーに言われ、無理があると思ってたと、元に戻る杏。
 服を借りる杏ですが、川代先生はこんなこともあろうかと、こんな服を用意してるのでしょうか^^;
 それとも、おゆうぎ用とかなのかな?

 「トロピカ~ルドリンクです。
 柊店長?から、お似合いの2人にと、ストローが2本ささった、ドリンクがプレゼントされ喜ぶ杏。
 飲もうとするけどグラスまで届かない杏は、必死にテーブルに登ろうと、じたばたする。
 やっとのおもいで、テーブルに登った杏だけど・・・
 「あ~!! なんで?!
 つっちーに、全て飲まれショックを受ける。
 テーブルを登ろうとする、仕草がかわいくって、思わす微笑んじゃいますね。
 でも、木に登ったりと平気な、杏が、これだけの高さでこんなに苦労するのかな?とちょっと
疑問には思ってしまいますが^^;
 それにしても、土田先生は、気が利くタイプだと思っていたけど、意外に鈍感というか天然
なのかもね。

 「土田先生、照れてるだけだから。
 ショックを受ける杏を慰める柊。
 「杏の事、好き?
 「もちろん、好きだよ。(先生として生徒が好きって意味だけど・・・)
 下手な返事は出来ないと、杏にそう答える、つっちー。
 そして、それを聞いて大喜びする杏。
 こんなに、目をうるうるして、杏に見つめられたらドキドキしちゃいます。

 「ここの公園は夜になると、と~っても、雰囲気がいいの♪
 2人が、ベンチに座ると星空が、描かれたボードを持ってくる柊。
 いいムードになって来て、あと一押しだと思う、杏。
 一方、あと5分で、遊び時間が終わりか?と時計を見る、つっちー。
 「あっ!ほら~! 見て!!
 「キラキラキラキラ~
 小梅流れ星が、やってきて、おゆうぎで使えそうだと思う、つっちー。
 「つっちーと、ずっと、一緒にいられますよ~に。
 「は~い。 その願いは叶うでしょう。 キラキラキラ~♪
 「世界の人々が幸せでいられますように。
 つっちーも、お願いするようにと言われ、お願いする、つっちー。
 「ドラクエ7が、早くDSで遊べますよ~に。
 杏にお願いが違うと、ダメだしされる、つっちーは改めて、お願いする。
 「色気ないなぁ。」と、むくれる杏^^;
 柊って、博学で物知りだけど、こんな事を考えるなんて、やっぱり子供だなぁって、思えて
ほのぼのしてきますよね。
 でも、つっちーって、世界平和を、真面目にお願いするなんて、付き合いが悪いというか
やっぱり天然だったりするのかな?というか、鈍すぎ?
 あと、ドラクエ7は、早く開発が終わりますようにの間違いじゃ?w

 「知っているかい? お兄さん。
 この座っているベンチで、チューしたカップルは、ずっと一緒にいられる伝説があると
清掃員コスの柊。
 「やっちゃいなっよ!!
 杏の笑顔を見て、断るのは簡単だけど、泣かれちゃうな・・・と引きつる、つっちー。
 「杏・・・今夜は帰りたく無い。
 自由遊びの時間が終わり、帰ろうとする、つっちーに飛びつく杏。
 柊は、杏の為もあるでしょうが、完全に自分がコスプレをしたいだけのようにも思えますw

 「今日は、杏が色々、頑張ってくれたから楽しかったよ。
 杏を抱っこして、優しくそう言う、つっちー。
 普段は、気が利かないと言うか、真面目だったりする土田先生ですが、ピンポイントで結構、
気が利く、優しいこと言うんですよね。  

 「違わないって~!
 今日もデート?と山本先生に言われ、否定するつっちーに、抱きつく杏。
 山本先生も冗談で言ってるのに、相変わらず、おもいっきり、つっちーは否定しますねw
 それと、ニワトリコスの柊は良いとして、段ボールに入った、小梅はウサギのかっこうで
ぬいぐるみって書いて あるところで、おもわず笑ってしました。

 『はなまるなお手伝い』

親戚の結婚式に出席するため、土田先生がお休みすることに。
その一日だけ、山本先生がさくら組の園児たちの面倒を見ます。山本先生のお手伝いしようと
はりきる杏。「バンバンお仕事をふってね!」と言う杏に、山本先生はいろいろな仕事をお願い
することにしました。

~公式HPより~

HANA0402.jpg

 「杏も、先生と結婚式をあげた~い♪
 親戚の結婚式で、休むことになった土田先生は、代わりに山本先生が面倒をみるから
手伝える事は手伝うようにと言う。

 ウッドデッキを使い、2クラス合同で面倒をみる山本先生。
 「杏が、つっちーの代わりに山本先生を手伝いま~す!
 「杏さんってポジティブですねぇ。
 「意外な展開!
 恋のライバルである山本先生を手伝うことに不思議がる柊に、つっちーが手伝うように
言ったからガンバル
と張り切る杏。
 もっとライバル心むき出しで対抗すると思ったら、ほんと以外な展開です。
 それだけ、杏は根が素直で、真っ直ぐな子だっていう事でしょうね。

 「と言う訳で、杏にバンバンお仕事ふってね!
 もも組の教室に、折り紙を取りに行きましょうという山本先生に1人で行けると、杏は張り
切って教室へ向かうが、なかなか帰ってこない杏を心配し教室へ向かう山本先生。
 「平気、杏、見つけられたよ♪
 「みんなに3枚づつ配ってね。
 そういって、折り紙を見つけるために散らかした教室を、そっと片付ける山本先生

 「杏もお茶を入れる~!
 山本先生と2人仲良く、お茶を入れる杏。
 なんだか、母親と娘みたいで、微笑ましいですね♪

 「もっともっと、お手伝いする! 杏にお仕事たのんで!!
 ますます、張り切る杏に用具置き場からボールを持ってきてと頼む山本先生。
 「先生の代わりに、みんなを見ていてくれる?
 「この場は、杏におまかせ。
 ドッジボールが始まり、杏にそう言って用具室へ向かう山本先生。
 散らかした、用具室を見て、優しく笑みを浮かべたり、折り紙の時もそうですが、手伝った事を
大切にして、散らかした事を怒らない
山本先生が素適です。

 「労働って大変。 杏、今日はちょ~頑張った!
 帰りの時間になり、帰ろうとする杏だったけど、まだ少し仕事があると山本先生から聞くと、
まだ手伝うと杏。
 「お仕事、手伝うって、約束したから、最後まで手伝うの!
 もう十分と言う山本先生に、ママにまた後で迎えに来てくれる事になったと話す。
 「じゃあ、お言葉に甘えちゃおうっかなぁ?
 
 「山本先生、とっても、綺麗かも。
 「山本先生・・・綺麗で優しい・・・つっちー取られちゃう。
 山本先生に見惚れる杏。
 そんな杏に、杏の方がかわいくて素適だから、土田先生もきっと杏の事が好きだ
笑顔で話す。
 まだ、子供だからと言う杏に、大きくても転んだり、土田先生たちに迷惑かけてばかりだと。
 「だから、今日は杏ちゃんが手伝ってくれて、助かりました・・・ありがとう♪
 杏の頭をやさしくなでる山本先生に、また手伝うと指きりをする2人・・・。

 翌日、山本先生のウエディング姿を妄想する、土田先生^^;
 「女の子のトークをしてるの! 男の人は入ってきちゃダメ!!
 山本先生と杏たちが、仲良くしているのを見て話しかける土田先生に怒る杏たちだった。
 杏が、こんな事を言うなんて、山本先生の事が大好きになっちゃいましたね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 杏のかわいさ、大爆発です。
 そして、柊は、これはCVの高垣彩陽の演技が大きいですが、特にAパートでの、しゃべり方が
ちょっと大げさな感もありますけど、このような、ほんわかアニメには、このぐらい大げさなほうが
特徴があって、いいですね。
 一方、小梅は・・・う~ん・・・。
 あいかわらず、キャラが出て来なく、完全に2人に取り残されてしまいましたね^^;
 5話では、待望の小梅の主役エピソードがあるようですので、それに期待しましょう。

 今回もまたドラクエネタが、ありましたが同じ、スクエニなのに、ファイナルファンタジーネタは
何故無いのでしょう?
 部署がドラクエ寄りとか、大人の事情ってやつでしょうか?
 是非、今後はFFネタを希望w

 そして、山本先生に子育ての極意を見た!!・・・ような気がします。
 3話では、杏が1人で火を使い料理するのを放置する桜ママに苦言を言ってしまいましたが、
今回は、良かったですね。
 手伝いたいという杏の気持ちを大切にし、その結果として、散らかしてしまいましたが、
それを怒らず、さり気ないフォローを入れつつ、接する山本先生が素晴らしいです。
 これで、散らかした事を怒ってしまったら、本人のやる気がなくなって、良い方向には決して
向きませんから。
 こんな、先生や母親がリアルな世の中に何人いるのか分かりませんが、理想像ですね。

 EDでは、杏のソロで、桜と先生の出会い、そして杏が生まれて今に至るまでの大げさに言うと
歴史が分かるようなEDで、なかなか良い感じでした。
 こういうエピソードを1本の作品としては、作りにくいだろうし、補完の意味で重要なEDだったと
思います。
 これを見て、もっと、つっちーと桜の高校時代の補完EDを見てみたいと思います。
 もちろん、1本の作品としてもOKですがw

スポンサーサイト








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。