スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「おまもりひまり」 第7話『猫の想いと魔法少女のユウウツ』

 第7話「猫の想いと魔法少女のユウウツ」

OMA0701.jpg

 「この男の子が、わたしの将来の伴侶・・・
 「覇気も無ければ、これと言った特徴も無い・・・何か物足りない・・・ただ優しいだけ。」  
 優人とクエス様、 2人の出会い。
 クエス様は、出会った時から神宮寺家の事を考えていたみたいですね。
 そして、この額の三日月のような模様は、西洋魔術を取り入れた証のようなものかと思いましたが
子供の頃からあるので、アザなのかな?w

 パソコンで神宮寺クエスの事を調べる、静水久。
 鬼切り役というより、魔法使いみたいと言う凛子に西洋魔術を取り入れ力をつけたと静水久。
 「いたいけなティーカップを守ってくださ~い♪
 「離れろ、妖怪湯飲み茶碗!!
 怖いと優人に抱きつく、リズリットに怒る、凛子と静久水。
 凛子のリズのあだ名が上手すぎですw
 
 「その・・・なんていうか、俺と彼女は・・・
 許婚と聞いて、驚く凛子たち。
 「ごきげんよう、天河優人。
 カフェ・リリッシュにやってきた、クエス様。
 
 「その事なら、君が考えを変えない限り、聞けないよ。
 神宮寺家と天河家が合わされば更なる発展に繋がると言うクエス様に言う優人。
 異能の能力を持つ選ばれた存在である鬼切り役は妖を根絶やしにしなければ
 あの躾の悪い猫や、人間の皮を被った妖と組むなど笑止千万。
 「そんなの、ただのおごりよ! あんたの何処にそんな権利があるっていうの!!
 文句を言う凛子にクエス様は言う。
 「やるか、やられるかの戦いも知らず、ただあるがままの平々凡々な日常を享受するだけの
あなたに、鬼切り役の何が分かりますの?

 「もう一度、おじいさまの言葉の意味を考えるべきですわ。
 優人はこちら側の人間だと迫るクエス様。
 考えは過激でも、お家の為、自分の為と、努力や修羅場を潜り抜けてきた言葉の重みがあります。
 そして、本心を言えば優人へのライバルは1人でも少ない方がいいはずの凛子が、そんな過激派の
クエス様に、真っ向と意見をいい対立する凛子の男気姿がステキです。
 それだけ、緋鞠たちと接し、妖たちの本当の姿が分かった証拠ですね。

 「げんじいも、ぬしが、ここまで自分勝手な過激女に育つとは思わなかったじゃろうなぁ。
 そこへやって来た、優人を巻き込むなと言う緋鞠に、許婚で同じ鬼切り役優人との絆は、緋鞠
だけじゃなく、自分にもある
とクエス様。
 「分かり合える存在? ならば何故、自分を押し付ける?
 三度のキスも自分から押し付けたものと言う緋鞠に、真っ先に反応する凛子。
 わたしのは、若殿の方から口づけしてくれたぞ・・・
 「キスその2?
 驚く凛子たち。
 静水久は、黙ってるけど手から水が滴り落ちるのが、その驚きというか怒りが分かります。
 一方、緋鞠の勝者の余裕って感じの表情がなんともw 

 「こ、この程度の事、あの日の約束の前には何の障害にも成り得ませんわ。
 動揺しながらも、クエス様は言うが、覚えてない優人に驚きショックを受ける
 「これは・・・本当に時間がかかりそうですわね?!
 「覚えていなくても、幼少の頃から、わたしとあなたは結ばれていましたの。
 そう言い残し立ち去るクエス様。
 あの日の約束ってなんでしょう?
 本当にショックを受け泣きそうになるクエス様を見ると、クエス様と優人という家系とは関係なく
2人の間に何か重要な約束事があったみたいですね?

 「わたしたちは1つになるのです。天河の光り渡しと神宮寺の黒魔術・・・この2つが手を結べば。
 神宮寺家の為にと、母親に連絡をとるクエス様。

 「どうしたら、クエスの考えを変えられるんだろう?
 そう言う、優人にクエス様は筋金入りで、優人が折れないとダメだと緋鞠。
 そして、男系の天河家と女系の神宮寺家が一つになって力の保持を考えるのは悪くないと。
 「世継ぎを残さなぬと、家は廃れるからの。
 「やさしくして、くださいます?
 「ほら、何故、目を背ける? しっかりこちらを見よ。
 クエス様との妄想をし、真っ赤になる優人に女子に弱すぎると迫る緋鞠。
 妄想とはいえ、デレるクエス様が萌えます。(´∀`*)

 「わたしはクエスとの対策を施すため、今日は先に帰る。
 緋鞠はそう言い、優人が立ち去ると険しい表情に変わる。

OMA0702.jpg

 「ぬしは、本当に若殿の事を思っているのか?

 優人が居ない事を知って、その方が遠慮が無いだろうと緋鞠。
 いつも一緒だったという緋鞠に、自分が来たからにはネコは必要は無いと、クエス様。
 「やはり、若殿のネコアレルギーはぬしの差し金か?
 どうだったかなと、クエス様。
 ネコアレルギーは、クエス様の仕業だったのね^^;

 「ぬしの凝り固まった頭、若殿に良い影響を与えるはずもない・・・。
 それすら、分からぬうつけ女に、若殿を任せられぬ!

 あなたの認可を求めますか!!
 思えば、昔から仲が悪かったと、二人の戦いが始まる。
 
 「俺はルールに縛られない、敷かれたレールは全て壊し、まだ見ぬ自由を手に入れる・・・
 どうだ、俺様、カッコいい・・・青臭い冒険者が良く言うセリフですわ。

  ルールの元にも、居られない神宮寺家、鬼切り役のお荷物と言われ、見返すために、どんな
手でも使う
と、クエス様。
 それが、ルールを超越した魔女の系譜
 「そんな死と背中合わせで生きてきた、わたしに、あなたのルールなんて承服できて?!
 「あわれじゃな・・・
 「超人など感覚が麻痺した存在に過ぎぬ。 そのような不感症な胸で、ぬしは若殿を抱けるのか?
 些細な変化を感じ取る感性が人の素晴らしい所なのにと緋鞠は言うが、何をいってるの?
理解出来ないクエス様。
 
 「あんたは邪魔よ!!
 再び戦いが始まり、懐に入ろうと接近する緋鞠。
 「かわいくて、おバカなネコさん・・・つねに相手の先を予想しないと」 
 デスちゃうわよっ!!
 緋鞠を銃撃する、クエス様。
 「丸焼けろっ!! 煉獄の炎にまかれるが、いいわ!
 地面に刀を突き刺し、燃え盛る炎から逃れる緋鞠。
 「すまぬ安綱・・・げんじいから授かりし、我が刀。
 「かすっただけでも、ただじゃすまないわよ。
 油断した緋鞠に銃弾がかする。
 「プレキャスト魔法疑弾・・・この銃弾にはわたしの魔法の呪文が込められています。
 ルールはわたしが作ります!!
 何でもありだな?という緋鞠に答える、クエス様。
 クエス様大暴走♪  

 「効いてきたようねぇ・・・さあ、妖の本性を出しなさい。
 「獣となって、わたしと戦いなさい。
 殺せ・・・殺しなさいと声が聞こえ、苦しみだす緋鞠。
 「殺せっ!!
 体から負のオーラ?に包まれる緋鞠。
 「そう・・・あなたは人を食い殺す邪悪な化け猫・・・これがあなたの本性。
 殺す、殺す、殺す、殺す!!
 「緋鞠にはいつもの、緋鞠で居て欲しい・・・
 優人の言葉を思い出し、逃げ出す緋鞠
 「震えてる・・・このわたしが・・・
 緋鞠が立ち去り、震える手を見るクエス様。
 緋鞠の本当の姿の実力は想像以上のようですね。
 そして、緋鞠と優人の絆も、そうとう強いようです。

 「ネコは神宮寺の娘と果し合い・・・なの。
 緋鞠を心配する優人に、そう静水久が答えると、2階から物音がし優人たちが掛けあがると
ボロボロになり倒れて、苦しむ緋鞠の姿があった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 病んでる、クエス様の表情に萌えますw
 
 クエス様、カッコいい!
 確かに性格は、悪いけど戦いでのセリフや戦いに嬉々とする狂った表情が、ス・テ・キw
 デスちゃうわよっ!!なんて、最高です。
 でも、PVで最凶のヤンデレ女王のキャッチコピーのクエス様ですが、確かに性格は思いっきり
病んでますが、優人に対して、あくまで、お家の為、自分の地位の為と、政略結婚を目論んでの
であって、デレてはないですよね。
 何やら、2人の間には重要な約束があるみたいですが、それを優人が思い出したとき、クエス様に
どんな変化があるのか?デレモードになってしまうのか?気になります。 
 今はまだ、優人の妄想の中での、クエス様のデレ姿で我慢するしかありません
 それにしても、天河家である、じっちゃんも神宮寺家との合併に同意していたみたいなのに、何故
優人にお守りを渡したり記憶を消したりしたのでしょう?
 神宮寺クエス様の性格がヤバいって危機感を感じたのかな?w

 でも、クエス様の歪んだ性格って、結局は、末席だとか、味噌っかす鬼切り役がバカにして
来た結果
なんですよね。
 語弊があるかもしれませんが、いじめられっ子が、いじめに対抗する為、格闘技を始め、バカに
してきた連中から身を守るための護衛策
なんですよね。
 この、高飛車な性格も、クエス様は実力も兼ね備えているので、ちょっと違うかも知れませんが、
隙を見せない為の虚栄心のような気がします。
 クエス様は、自分を誇示する為、ただガムシャラに周りを見る、ゆとりすら無く突き進んで
来た
訳で・・・だからこそ、緋鞠は感性が人の素晴らしい所なのに、それすら見る余裕が無い
クエス様の事をあわれと言ったのでしょう。
 この、クエス様の張り詰めた心を溶かす事が出来るのは、優人しかいない訳で、その心が
溶け、本当のクエス様になった時にデレるのでしょうw
 その鍵を握るのが、やっぱり重要な約束なんでしょうね?
 早く思い出せよ~、優人!

 その、いじめられない為の総仕上げとして、天河家の血筋を必要としている訳ですが、天河家は
仮に、神宮寺家と結ばれたなら序列的にはどうなるのでしょうね?
 そして、神宮寺家は無くなり鬼切り役11家となってしまうのでしょうか?
 それとも、神宮寺家のように、新たな鬼切り役が加わるのかな?

 まあ、いずれにしても、鬼切り役が神宮寺家をバカにする>クエス様が妖を倒し実力を示す>
妖は倒されるだけ
 と構図的にはこうなり、一番の被害者は、妖たちですね・・・^^;

 そういえば、今回、その妄想の中でのクエス様には、不自然な光りは入りませんでした。
 凛子役である野水伊織さんのイベントで見た6話の静水久の無修正版より、エロい感じがし、
テレビ局の修正する基準が良く分かりません。
 静水久の、ペッタン胸が児童を想像させ、ダメだったのかな? 
 それ以上に、緋鞠の体操着姿とか、銃弾を食らっての、悶える姿がエロ過ぎますがw

スポンサーサイト








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。