スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「おまもりひまり」 第8話『Curiosity killed the cat』

 第8話「Curiosity killed the cat」

OMA0801.jpg

 「俺は守られてばっかだ・・・
 緋鞠の性格なら、クエス様と戦う事は、想像出来たのにと寝ている緋鞠を見て思う優人。
 「違う・・・優人が望んでいるのは普通の生活・・・何気ない日常・・・優人の周りで一番 非日常から
遠い存在は誰? わたしじゃない!

 「あの様・・・ネコはどう見ても敗走・・・わたしは・・・もし、わたしが傷ついたら、優人は・・・
 同じ頃、優人を思う、凛子と静水久。
 静水久のお尻が見えても、無事放送♪ 天晴れ、てれ玉w

 仕事とは言え、戦いをもみ消す為に苦労すると、そして、スチェッキンの弾丸の使用数を教えて
欲しいと文句を言う鏑木に、苛立つクエス様。
 「家の為・・・そう、わたしは神宮寺家の為に・・・
 無茶をするなと言われ、神宮寺の為と自分に言い聞かせつつも優人を思い浮かべる。

 「わたしは汚れた獣じゃ・・・ここに戻るべきでは、無かった。
 夢を見る緋鞠・・・そして目を覚ます。
 「最悪じゃな・・・わたしは、負けた。
 「若殿の甘い言葉は、どんな刃より、たやすく、わたしを切り刻む・・・
 気分はどう?と優人に聞かれ、緋鞠が無事ならいいと言う、優人の言葉に苦しむ緋鞠。 
 壁に「Dragon Age」のポスターが?!
 今、気がついたけど、今までも貼ってあったのかな?

 「これを飲んだら、わたしは正気を無くし暴れ回るやもしれん。
 クエス様の魔力が残っており2日もあれば抜けるというが時間が無いと、秘伝の丸薬で抜くと
壊されてまずいものを持って部屋を出ろと言われ、正気を忘れた緋鞠を思い出す優人。
 「放ってはおけないよ、例え緋鞠がどうなろうと、ここにいる・・・俺も一緒にいるから!
 「どうなっても、知らぬぞ・・・この薬、マタタビ成分が含まれておるからの。
 その言葉に引きつる優人。
 
 「完全ネコ娘モード! てかネコそのもの~!!
 獲物を目の前にした捕食獣のような、緋鞠にパニくる優人。
 「アホ・・・なの。 一晩中、バカネコとじゃれてればいいの。
 ドアの外でつぶやく静水久。
  
 「こんな時に何考えてんだよ?!
  今の緋鞠はマタタビの成分でおかしくなってるだけなんだ。

 「緋鞠の全てを受け止められなくて、何が若殿だよ!
 シッポで股間を触られ感じる優人。
 いや、これは仕方が無いでしょうw 

 「正気を失っている間に色々したのじゃろ? どうじゃ、わたしは良かったか?
 正気に戻った緋鞠に、何もしないと慌て、否定する優人。
 「今後は、俺の見ていない所で、倒れちゃダメだ・・・もう、1人で無茶はしないでくれ。
 冗談だと、そして正気を失っても、優しさは届いたという緋鞠に言う優人。
 「これは命令だよ、いい?
 分かったと顔を赤くする緋鞠。
 
 「訂正じゃな、やったのではなく、頂いた。 若殿、わたしは、もう負けぬ。
 例え相手が西洋かぶれの鬼切り役だろうとな。

 優人にキスをする緋鞠。
 そして、これ以上緋鞠に無茶はさせられないと決意する優人。
 クエス様と同じように、強引にキスをする事で、クエス様と対等になりたかったという事なのかな?
 
 安綱の代わりにと、野井原の倉にある刀剣の目録を持ってきた、分車妖妃の文は、オモチャの
様な名前もあるという緋鞠に、ただの伝言屋でjはなく、全て腹の中にあると、吐き出す文。
 「おそろしいやつ・・・なの。
 引きつる、緋鞠に静水久。
 これは、きちゃないw
 おえ~と吐き出す声も、恐ろしすぎですw

 OMA0802.jpg

 「ようやく、来ましたわね、天河優人。 待ちくたびれて、ひと暴れする所でしたわ♪
 緊張する、優人。
 ひと暴れ・・・って^^;
 でも、声にとげが無く、素直なクエス様という感じがしますね。

 「わたしの番号は、ラブラブクエス様で入れておきました。
 携帯を借りる、クエス様、そして、鏑木が優人に仕掛けられた盗聴器に気がつき壊す。
 こんなに素直な、クエス様なのに、やっぱり””はつけるのね^^; 

 「俺が怒ったりしないと思った?
 飼いネコが虐められて黙っている主人はいないという優人に、じゃれあいで向こうから
襲って来た
とクエス様は言うが、どちらが先かは問題では無いという。
 「だけど、君はどうだ? 共存思想を持つ、緋鞠や静水久を根本から否定する。
 「俺は君とは違う・・・君のレールには乗れないよ。
 今の生活を壊したくないし、一緒に暮らせるなら妖も拒否しないという優人の話しを、じっと
聞く、クエス様。
 そりゃ、妖とは言え、見た目は、かわいい女の子、ハーレム生活は壊したくないでしょうw

 君は味方じゃない。
 その言葉に驚く、クエス様。
 「君は何故、俺にこだわる?
 「何を言ってるの? この男?
 「わたしが、今まで何を思って・・・
 「君は欲しいんでしょ? 天河の力が・・・光渡しが。
 天河家も神宮寺家も鬼切り役の中では、虐げられた存在だと静水久から聞いたと優人。
 「神宮寺家の復興の為に、その力がいる・・・違う?
 全ては神宮寺家の為?・・・違う。
 打算で結婚は出来ないと言う優人に、ナイフを向けるクエス様。
 何故、わたしの声が届かない?
  あなたは変わった・・・もう手遅れかも。

  これが・・・結果なのか? クエス?!
 もう必要ないと、優人に襲い掛かるクエス様。
 Nice Boat キタ――(゚∀゚)――!!

 ナイフが刺さる瞬間、光り輝き、記憶が蘇る優人
 「クエスちゃんも、鬼切り役なの? だったら、2人で頑張ろうよ。
 窓から落ちていく、クエス様・・・
 2人一緒と言うのなら、わたしの背中、守ってくださる?」 
 約束するよ、一緒に戦うんだもん。
  当然さ・・・だから、いっぱいやっつけようね。

 「何だよ、何なんだよ、俺・・・鬼切り役に乗り気だったのは、むしろ俺の方だったじゃないか?!
 自分が記憶を無くしても、クエス様は覚えていた・・・と、涙を流す優人。

 「血生臭い戦いの時も、家の為と自分に言い聞かせていた時も、ずっと・・・いつか暗示のごとく、
わたしが捕らわれるようになっても、心の奥底では、それが支えだった・・・

 優人の背中にもたれかかる、クエス様。 
 「優ちゃんが背中を守ってくれるまで、わたしは誰にも背を向けなかった・・・なのに優ちゃんが
守るのはネコやヘビばかり・・・正直、かなり幻滅した。

 自分は最低だと優人。
 やっと、自分の気持ちを素直に言えるようになった、クエス様がかわいいですね。

 神宮寺の為に、ネコやヘビを殺せば敵になる・・・殺す気は無いが、本気で刺そうとしないと、
天河家の力、そして記憶が蘇らないとクエス様。
 「あんな表情、まだ見せてくれるのなら、わたしも少しは期待に答えなくては。
 窓から落ちた時、本気で心配してくれて、許してもいいとクエス様。

 ネコたちと停戦すると、そして、隙だらけだし、年頃の男の子だとクエス様。
 「ですから、妖ごときに任せずとも、若さゆえにほとばしる
欲求ぐらい、わたしが処理をして 差し上げましょうと!

 我に返り、何を言わすの?と逆ギレする、クエス様。
 「とにかく、優ちゃんは、黙って、わたしの背中を守ってくれればいいんです!!
 「優ちゃん? 何じゃ、おぬし? いまさらツンデレか?
 緋鞠が現れ慌てる2人に、窓が割れた時、結界が無くなり、こっぱずかしい話は全て聞いた
という緋鞠に、引きつるクエス様。
 なんて、はしたないクエス様w 

 「ああ、わたしと優ちゃんのスイートルームがぁ。」
 同じ屋根の下に住んでいる、自分に勝てないという緋鞠に、即死刑にすると言うクエス様。
 そして、緋鞠は斬る剣を選ばせてやると、文が吐き出す武器に慌てるのだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 クエス様がデレたぁ~!!
 優くん
なんて、こんなデレデレな、クエス様はクエス様じゃありませんw
 それに、もう少し、緊迫した戦いを見たかったw

 でも、今までの、ツンツンした、クエス様は演技で、本当のクエス様はこっちなんでしょう。
 「背中を守ってくれるまで・・・」なんて言っている様に、心を許すと決めていたのは、優くん
だけで、だからこそ自分の事を””とつけたり、ツンな感じで、隙を見せまいと、ずっと気を
張り詰めていたのかな?
なんて思います。

 それだけに心に決めていた優くんに、記憶を失ってたとは言え「君は味方じゃない。」なんて
言われた、クエス様はショックだったでしょう・・・。
 それでも、クエス様は、優人の光渡しが発動すると、そして記憶が蘇ると信じ、本気で刺しに
行った・・・それだけ、優くんを信じていた証拠ですよね?
 ここまで、信じられるって緋鞠たちにも出来る事なのかな?なんて思います。
 少なくても、静水久は、光渡しの練習では出来ませんでしたよね?
 小さい頃の約束を守る為にだけ、頑張ってきた、クエス様。
 クエス様は、本当は素直で、優くん一筋の純粋な娘なんです。
 だからこそ「欲求ぐらい、わたしが処理」なんて、大胆発言も、わざとじゃなく純粋に、自然に
口にしちゃうんですよね。
 このあたりは、ちょっと計算して言ってる緋鞠とは違いますね。

 それと、優人の記憶を封印したのって、本来の優人は「いっぱいやっつけよう」なんて、優しさの
中にも攻撃的な性格が奥底には隠れていて、この性格を直すために、記憶を封印し、普通の人と
して生活させようとしたのかな?

 ともかく、このクエス様編?で、終了になるのかな?と思ったら、残り4話を残し、敵から味方になり
優人たちが戦う(和解?)する敵は、4話やハードコア編のPV、それに今回の最後に出てきた
巻き髪ドリルのタマと酒呑童子になるのでしょうか?
 まあ、優人を巡る争いは、ますます激しさを増しそうですがw  
 
 そうそう、そういえばクエス様と一緒にいた鏑木が、優人に盗聴器を仕掛けたりしましたが、
これって、やっぱり、タマとかと裏では結びついているってことなのかな?
 それとも、タマとは関係なく、別の行動だったのか?気になりますね。 

 それと気になると言えば、スチェッキンと言えば、ブラックラグーンでパラライカが使用していた
事を思い出してしまいましたw
 銃には詳しくありませんが、同じ銃を使用しているなんて、結構有名なのでしょうね。 

スポンサーサイト








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。