スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「フリージング」 episode 11『Ambush! Ravensborne Nucleochede』

 episode 11「Ambush! Ravensborne Nucleochede」

ノヴァ化したパンドラ達は、ウエストゼネティックスの中央、レベンスボルン・ヌクレオチドの
最下層に収められた聖母マリアの聖骸を目指して侵攻していた。そしてその中の一体、
ノヴァ化したキャシーが、3年生達の攻撃をかいくぐり、聖骸のある部屋の前に辿り着いて
しまう。しかしそこには、招集されたサテラ達の姿が───!
~公式HPより~

FREE1101.jpg

 ノヴァフォーム化したパンドラたちを、第一防衛線で待ち構えるイングリットやアティアたち。
 レベンスボルン・ヌクレオチドには、パンドラの基になった聖骸があり、ノヴァに奪われる事は
人類の敗北を意味し、守らなければならない
と、シスター。
 聖骸を守るサテライザー達だが、実際は3年上位メンバーが途中で守り、守られているに
過ぎない
というサテライザーに今日はよく喋るとガネッサやラナたち。
 聖骸と聞いて、カズヤを見て寂しそうにしたりと、何か喋ったりして気をまぎわらさないとカズヤ
の事を気にしてしまう・・・そんな感じなのでしょう。

 ノヴァフォーム化したパンドラたちを、第一防衛線で待ち構えるイングリットやアティアたち。
 アティアのボルトウェポンはガンダムハンマーか?w
 凄いな・・・本人も言ってますが、肉体労働は趣味じゃないと、戦うイメージは無いのに、ある
意味、一番、物騒で危険そうな武器ですねw
 しかし、こういう武器は振り回すのであって、狭い通路や仲間が近くにいると、その能力が
半減してしまうような気もしてしまう
のですが、どうなんでしょ?
 まあ、こういうのは突っ込まないのが、お約束という事かw

 リミッターたちがフリージングを仕掛けるが、簡単に破るキャシーたちノヴァフォーム。
 リミッターたちは死亡?? 役には立たないし、ほとんどモブキャラですねw
 そして、アティアたちと戦う、他のノヴァフォームを残し先へ進む、キャシーとミレーナ。

FREE1102.jpg

 第二防衛線で、キャシーとミレーナを待ち受ける、エリザベス。
 エリザベスも服を着る事があるのか?w
 優雅でエレガントな登場で、さすがお嬢様。
 リミッターも執事のような者みたいですねw
 スティグマ・サテライト・システム
 聖痕追尾システムと言うべきか?
 ガンダムハンマーの次は、定番?のファンネル・・・いやエルメスのビットですか?
 しかも、空を飛んでるしw
 ミレーナの聖痕を一撃で破壊し、鎖骨にある聖痕を破壊すれば元に戻る事を突き止める
エリザベス。 
 4年のミレーナを倒すなんて、3年2位の実力は伊達じゃないってとこですね。
 どうでも良いが、明らかに鎖骨の聖痕が怪しいって普通、分かるだろって思うのですがw

FREE1103.jpg

FREE1104.jpg

 「まさか、こんな形で再会するなんて・・・
 床を突き破り、サテライザーたちが待つ、最下層にたどり着く、キャシー。

 「加速が使えない以上、あなたは足手まといであります。
 キャシーとの戦いが始まるが、アクセルが使えないガネッサは邪魔だとラナ。
 仮にも2年の1位に、ハッキリと言ってくれますねw

FREE1105.jpg

 「離れていて!あなたは必要ない!!
 「キャシー=ロックハートは、わたしが1人で決着を付けねばならない相手。
 フリージングするカズヤを守るが、冷たく言うサテライザー。
 こんな時でも、カズヤと呼ばず、あくまでもあなたと呼ぶなんて、冷静と言えば冷静ですね^^;
 カズヤとの関係はともかくとして、1人で決着をつけたいと言うのは、サテラにとって、唯一
負けたままの相手であり、本音でもありそう
です。

 「わたしは・・・何をしているの・・・
 攻撃を受け瀕死状態のサテライザーだったが、ノヴァフォーム化?しキャシーの鎖骨の聖痕を
砕き、元に戻るキャシーだったが、聖痕が輝きだし再び、精神を支配されるキャシー。

FREE1106.jpg

 「あなたは、こんな事をする人じゃない!!
 トリプル・アクセルを繰り出すが、クワトロフル・アクセルの速さに追いつけず、ピンチになる
サテライザーを、フリージングで助けるカズヤ。
 小説を読める日を楽しみにしてる・・・カズヤの言葉を思い出し再び苦しみだすキャシー。

FREE1107.jpg

 「サテラ先輩が僕を必要としなくても、僕には・・・サテラ先輩が必要です。
 「あなたが、僕のパートナーだからです。
 姉さんの聖痕が引き合わせてくれた、大切な人です・・・あなたと
一緒に僕は、
大切な者を守りたい!!
 「わたしはカズヤに出会えた!
 カズヤに出会えた事を幸せに思おう・・・
 カズヤにとって自分は姉の身代わり・・・いや、英雄であるカズハの代わりになると思う事が
驕り
であり、カズヤの欲していたのは、パートナーであり、英痕によって出会ったのかもしれ
ないが、英痕が無かったら、出会うこと無く、今でもパートナーが居なかったとサテライザー。
 なぜ、脳天から血が???
 フリージングで集中しすぎて、血管が切れたという事なのでしょうが、いまいち良く理由が
分かりませんねw

FREE1108.jpg

 「お願い、わたしを止めて!サテライザー=エル=ブリジット!
 再びノヴァの支配され、サテライザーに攻撃しようとするが、動きが止まり葛藤するキャシー。
 一方、狙いが浅く、再びノヴァに支配されたミレーナに敗北するエリザベス。
 そして、ついにミレーナは聖骸安置室にたどり着く。
 ミレーナはドリルですかw
 ここまでくると何でもありのようで、その昔にやってたアニメ、ゲッターロボとかを思い出して
しまいますw

FREE1111.jpg

FREE1109.jpg

 ノヴァフォーム化しても、元々の能力の多少の底上げはあるのでしょうが、上位メンバーには
通じないのね^^;
 アティアたちは、あっさりと敗北してしまい(失礼w)サテラたちの引き立て役になるのかと、
思いましたが、想像以上の活躍に3年の面目を保ちましたw
 特に、ミレーナが復活し不意をつかれ、最後で敗北したとは言え、エリザベスはエレガントで
カッコ良く十分に見せ場を作っていたと思え、もう少し戦いシーンを見てみたいと思える1人で
あります。
 あとは未だに実力を見せない、シフォンの戦い方が気になりますが、あと1話で最終回であり
活躍する場面が、あるのか?気になるところですね。 
 
 ただ、戦いにおいて残念だったのが、エリザベスのような特殊な攻撃形態なら対処の仕方が
ありそうですが、上位ランカーの戦いにおいては、ラナが加速を使えないガネッサを邪魔
言っているように、剣術や武術という格闘的な強さよりも、優劣を決めるのは速度のようで、
4話でアクセルを出すサテラに対しイングリットが軽く受け止めた、速度VS格闘技術のような、
攻防も見たかったです。
 
 一方で、ようやくカズヤと和解したサテラ。
 パンドラとリミッターの関係は、エリザベスとリミッターのような主従関係や、ミヤビ様とリミッター
たちの逆ハーレムなどなど色々な関係があるのは分かりますが、サテラはカズヤの事を、触ら
れても嫌じゃない唯一の男性・・・いや、人間かもしれず、カズヤを見ては顔を赤くしてデレたりと、
カズヤを異性として好きという感情で見ていたはずであり、それなのにカズヤは1人の女性と
して見ていたのでは無く、姉の代わりと見ていた(思い込んで)ショックを受けていた
はずなのに、
カズヤが欲しかったのはパートナーだったなんて、あっさりと納得してしまい、カズヤが、
サテラ先輩が好きだ!なんて、告白するものだと思っていただけに、肩透かしを食らった感が
すると同時に納得の仕方に説得力が不十分のような気がしました。
 言ってしまえば、姉が、パートナーとなっただけで、女性としてカズヤがサテラを見ている
のとは別問題
であり、あり得ないでしょうが、異性として好きなのはラナ、戦いのパートナーは
サテラ・・・なんて事もありえる訳ですからねw
 もっとも、原作を未読な為、どこまで忠実にアニメ化しているのかは分かりませんが、まだ原作は
続いている訳であり、早々に恋人同士になってしまうと、ラナとの三角関係の面白さが無くなる為、
告白しないのも分かりますけどねw
スポンサーサイト








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。