スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏色キセキ 第8話『ゆううつフォートリップス』

 第8話「ゆううつフォートリップス」

KISEKI0801.jpg

 「優香なんか、やらかさないかなぁ・・・
 遊びの連絡が来ず、寂しがる沙季へ、優香が旅行に行こうと言ってると、夏海。
言う。
 トラブルメーカーの優香も、こういう時には役に立つという事か?w
 それにしても、沙季は自分から遊びに誘うのも、恥ずかしかったり、夏海から誘いの電話が
来て、嬉しい癖に何事も無かったように話すなんて、見栄っ張りですねw

KISEKI0802.jpg
 
 「四人で修学旅行♪
 沖縄、京都・・・候補は出るも決まらず途方にくれていた所、沙季が引っ越す東京へ行って
見たい
と、夏海。
 スカイツリーに武道館・・・盛り上がる、優香たちに、東京でも島だと恥ずかしそうに言う沙季。
 島としか沙季は言ってないですが、地形から見ると、八丈島のようですね。
 しかし、まさか八丈島に引越しだなんて。
 見栄っ張りな沙季ですから、東京なのは間違いないし、東京とだけ言うのも分かる気がします。
 それと、どうでもいいが、夏海がスイカバーを食べてましたが、きっと同じ成型品の型を使って
でしょうが、スカイツリーのアイスバーがロ○テから出てるのですよねw

KISEKI0803.jpg
 
 いよいよ旅行当日、手作りの、しおりを手渡す沙季w
 沙季って、コダワリ派なのねw
 リビングで父親と会話している時、ペンを持って勉強でもしてるのかな?と思っていたけど、
きっと、しおりを作ってたのでしょうね。
 夏海は沙季に昔から凝り性と言ってましたが、こうやって4人で旅行に行けるのは最後
かもしれないと、そういう思いもギュっと詰まってそう
です。  
 そして、下田から旅立ち、吉田拓郎夏休みの沙季バージョンが、旅って感じでGOOD♪ 
 特にポータブルプレイヤーから流れはじめ、窓からは海の景色が見えるなんて上手い演出
ですが、せっかくなのだから、晴れている景色が見たかったです。
 で、優香が東京タワーと、両手を上にあげてたけど、このポーズが戸松遥の、あべのハル
カス
ネタとダブり笑えたw
 というか、狙っての作りだろうと思う。

KISEKI0804.jpg

 荷物を置き、船内を探検する皆。  
 特等席を見に行こうと優香が言って、沙季たちが怒られると制止しようとすると、怖いんだと
言っておきながら、誰か来たら真っ先に逃げるなんて、前回の水風船の濡れるのがイヤと
いう回想を思い出させます

 そして、そのエピソードと連動して、優香が水着を探してた時に見つけたと、水風船を持ってくる
なんて出来すぎですねw
 しかし、優香は懐中電灯で夏海の事を脅かしたり、船酔いしてゲ○したりと、騒がしいだけじゃ
なく、ホント迷惑なヤツですw

KISEKI0805.jpg

 「今回は、旅行だけど、つぎ行くときは引越しなんだって思っただけ。
 島が見え、暗い表情をする沙季を心配する夏海に、そう言う沙季。
 そんな沙季に中学のときだけでも居られないか?と夏海は言うが、島の病院で働くのが
父の夢で無理で、わがままだ
と言う沙季に、どうして我慢するのか?と夏海。  
 我慢をしてると自己主張が無いといわれ、主張をすると、我がままで自分勝手と言われる。
 難しいテーマであり、夏海も沙季も間違えてないですよね?
 当初は、お石様に引越しが無くなる事を願えば良いのでは?と思ってましたが、父親の
意思を尊重しているようで、それを願うのは沙季が嫌がりそうです。

 「これだから、本土もんは!
 そして、島へ到着し、準備運動もせずに海に入り、足がつり溺れる優香を助けてくれた子に
お礼を言う沙季に、そう冷たく言い立ち去る島の子。

KISEKI0806.jpg

 フォートリップスって何だろう?と思ってたけど、4人の旅行者って意味だったのねw

 引越しの日が近づけば近づくほど、沙季の心の中にある引越しへの不安が良く分かる回
でした。
 アバンを見て、沙季の部屋の荷物が明らかに少なくなっており、近づいてるな・・・とは瞬時に
思ったのですが(それを代弁するように、母親が片付いてると言ってましたが)、別れたくないけど
別れの日が、刻一刻と近づいてきている。
 と、同時に引っ越す事により、夏海たちとの友情が失われてしまうのではないか・・・?
 自分の事を忘れてしまうのでないか・・・?
 そんな、自分の心の奥底に眠る深層心理というか一抹の不安が夢となったのでしょう。
 それは同時に、未知の街へ行くという不安・・・
 
 転校とは、少なからず不安があるもので、Cパートで、本土もんはと、冷たく言われ(まあ、
準備運動もせず、海に入った優香が悪いのだけどw)、その瞬間、こんな場所で上手くやって
いけるのか?
と思ったことでしょう。
 島の住民じゃない、本土から来た自分を受け入れてくれるのか・・・?
 ラストの沙季の顔は、そんな不安な表情でした。
 でも、この女の子ときっと分かり合え、友情が芽生え、転校も悪くない、新しい場所でも上手く
やっていける
(はず)・・・と、そう思える話になっていきそうですね。 

KISEKI0807.jpg

 多少の作画の崩れを気にしないタイプで、今までも崩れているところはあったのですが、それ
でも、何というか全体的なバランスは悪くなく、あまり違和感は無かったのですが、今回の特に
Aパートラストでの場面は、さすがに酷い・・・そう言わざるを得ない崩れ方だったw
 特に、このキャプが、顔も別人だし、表情も笑顔なのでしょうが、表情が硬く、楽しんでるよう
には、全然見えず、なめとんのか!?
と思える1シーンです。 
 最近、なかなかストーリーの出来が良いだけに、この作画の乱れが残念でなりません。

 
スポンサーサイト








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。