スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「アマガミSS」 第13話 七咲逢編『サイアク』

 第13話「サイアク」

橘純一と親友の梅原正吉は学校の帰り道に公園に立ち寄ると、ブランコから飛び降りて
きた少女と出会う。その女の子から痴漢と疑われて、必死に言い訳をする純一と梅原。
なんとか誤解を解消し、帰宅した純一は次の日、妹の美也から校内に住み着いている
黒猫の話を聞く。
~公式HPより~

AMA1301.jpg 

 「梅原・・・と・・・トイレ行きたい・・・
 急に限界が来た純一は、梅原と公園に向かう。
 「何を見ているんですか?
 ブランコから飛び降りる、少女のスカートの中のパンツを見てしまい、痴漢と間違えられる
純一たち。 
 翌日の登校では、薫にお尻を触られ、お返しに触ってやろうかと薫に迫る姿を、じぃ~と、
見つめる七咲w

 みゃあ?みゃぁ?・・・難しいw
 ちょっぴり、ツリ目で、強気な感じが、素敵な七咲逢。
 だけど、こういう子に限って、実はやさしいんですよね。
 出会いは、痴漢と間違えられ、徐々に理解しあっていく2人の関係が楽しみです。
 痴漢は冗談と言ってますが、初対面な相手に真顔で言われたら、シャレにならず、こんな
出会いは、したくありませんw
 でも、その分、冷静というか、強気な性格を感じますね。
  そして、キャラ表には、口数が少なく・・・となってますが、初対面の純一たち相手にこれだけ、
話すことが出切るのに、口数が少ないなんて、なんか納得出来ないのですがw

AMA1302.jpg
 
 「今度は、階段の下から覗きでもしに来たんですか?
 「そんなに見たいんですか?
 黒猫のプ~を抱きかかえ、めくれそうなスカートを凝視する純一を見て、見せてあげると、
スカートをめくりあげると、純一はドキドキしながら、目をあけると、水着を来た七咲が立っていて
水泳部だと言う。
 「先輩って結構、単純ですよね?
 スカートの中を食い入るように見る純一をかわいかったと笑顔を見せる七咲は、1年A組七咲逢
言い、美也と同じクラスだと自己紹介する。

 水着を見せて、ちょっぴり顔を赤くしたり、単純と笑顔を見せたりと、ちょっぴりクールに見える
七咲ですが、ころころと変わる表情が豊かで魅力的です。
 それに、時折見せる、上目遣いの目が小悪魔的で、こんな目で見つめられたらドキッとして
しまいますね。

AMA1303.jpg

 「じゃあ、使っちゃおうか?
 七咲からもらった福引券で、500円の商品券を当てた純一は、七咲にあげようとするが、
遠慮がちな表情が、普通ならもらってしまえばいいのに、七咲の根が真面目な性格が
見えてきます。
 それに、美也が福引で1等を当てて、ハワイに行きたがってるのを聞いて、さりげなく純一を
買い物に誘う七咲の優しさというか、思いやりが素敵ですね。

AMA1304.jpg 

 浜辺で大判焼を食べる2人。
 七咲は、こういうときだからこそと、初めてクリーム味を食べ、浜辺に置かれたゴミ箱は水泳部の
ボランティアで用意したもので、ゴミは持ち帰ろうと、七咲。
 
 水着を見ていた、スケベな目は、かわいかったですよ。」  
 先輩!大判焼のクリーム、おいしかったですよ♪」 
 自分はいい所がないという純一に、言う七咲の悪戯っぽい目で、かわいかったと言ったり、そして、
最後の七咲の笑顔に撃沈です。
 夕焼けの浜辺で2人歩く姿は、すっかり恋人に見えますね。
 もうすっかり、純一に対し好意を抱いているのは間違いないですよ。
 しかし、大判焼のクリームは、普通に買ったりするんですが、そんなに珍しいのでしょうか^^;

AMA1305.jpg

 ゆかなボイス&七咲の笑顔に完全攻略されてしまいましたw
  
  9月18日にあったマンスリーイベントで2クール目からOPが変わるとの事だったので、タイ
ミング良くこの七咲逢編からだろうと思っていたら、違いましたw
 前回の中多紗江編は、夏からの出会い、今回の七咲逢編は、クリスマスまであと1ヶ月
短く、同じ美也の友達なのに、そのキャラの雰囲気から、出会いの時期まで好対照で、
これだけでも、2人の性格などの違いが見えてくるようですし、1クールから2クールへのつなぎ
としては、絶好の2人ですね。
 
 そして、2人の純一に対する印象の違いが面白い
 紗江は、頼りになる教官・・・いや違った、先輩として接していった訳ですが、七咲の方は、それ
とは違い、どちらかと言ったら、頼りないというか、かわいくて年上なのに弟のような、ちょっと、
からかいたくなる、母性本能をくすぐるタイプとして感じているような気がします。
 同じ、橘純一なのに、この印象の違いも対照的ですね。

 ただサブタイトルの「サイアク」はちょっと違いますよね?
 確かに出会いは最悪だったけど、七咲は、純一をからかったりと、悪い印象はなく、それどころか
好意をもっているのは間違いないでしょう。
 そうじゃないと、最後のあの笑顔はあり得ないですよ。
 じゃあ、サブタイトルは?と聞かれると難しいw
 すでに「コウハイ」は、使っているし、付けるとすれば「スイエイブ
 うーん、見た目に良くないw
 あっ!?「スカート」これで、決定でしょうw
TVアニメ「アマガミSS」エンディングテーマ4 恋はみずいろ(特別盤)TVアニメ「アマガミSS」エンディングテーマ4 恋はみずいろ(特別盤)
(2010/10/20)
七咲逢(ゆかな)

商品詳細を見る

TVアニメ「アマガミSS」OP曲2 君のままでTVアニメ「アマガミSS」OP曲2 君のままで
(2010/10/20)
azusa

商品詳細を見る

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okirakutama.blog108.fc2.com/tb.php/143-8a518c67










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。