スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

May’n Special Concert 2010『BIG☆WAAAAAVE!!』感想

 1月24日May'nの日本武道館ライブ「BIG☆WAAAAAVE!!」を見に行ってきました。

 部長を始めて見たのは2008年5月9日にあった文化放送サテライトプラスでの無料ライブ
 それから、色々と部長のライブは見てきましたが、ついにやってきました日本武道館。
 正直言って、1万人のキャパは、まだ大きすぎないか?と思っていましたが、いざ会場に
入ると、人・・・人・・・人の満員状態。
 正直言って、部長の人気を甘く見ていました^^;

 開演予定時間の17時30分より約15分遅れで、いよいよライブ開始。
 オープニングで登場したダンサーたちに、まずビックリ。
 カッコいい!!
 会場からもどよめきの声が上がります。
 2階のスタンドから見ていても、その凄さが分かり、さすが武道館仕様、今回に賭ける
意気込み
が感じれます。
 そして、武道館のオープニング曲に選ばれたのは『ユニバーサル・バニー』と新曲から入り
What’bout my star?』『Get Ready
 この後、MCの挨拶が入り、いきなり『ライオンと出し惜しみ無しのスタートダッシュです。

 h@e me?h@e you!』『standing bird』『Glorious Heart と続いて、ここでMCが入り
部長のやりたいってことで、会場全体でWAAAAAVE!!
 次はアコースティックコーナーで『会えないとき』『my teens,my tearsとしっとりと聞かせて
くれます。
 my teens~は、ライブでは定番となった感じでアンコールで歌うのかな?と思っていましたが
外れてしまいました^^;

 ここで、部長が退場し、ダンサーたちの独壇場とばかり、ブレイクダンス!
 これが、またまたカッコいい!!
 テレビでしか、見たことが無かったヘッドスピンに感動w

 再び部長が登場し『YOUR ROCK』『pink monsoon』『Let Me Be Myself』『イゾラド
 pink monsoonで、会場はやっぱりというか、ピンクのサイリュームで埋め尽くされます。
 そして『ダイヤモンド・クレバス』のイントロが流れると会場からは、どよめきが聞こえます。
 歌うとしても、ラストの曲か、アンコールだと思っていたし、この曲の構成から持ってくるなんて
驚きました。
 もしかしたら、会場のみんなも、そう思っての、どよめきだったのかもね。 

 そして、歌うは『XYZ』。
 この曲がくれば、登場するのはタオルです。
 この日の為に?と念の為に持ってきた2009「May’n Act」の黒のタオルが大活躍w 
 続いては『パラノイア』『May'n★Space』。
 May’n★Spaceでは、May’nロゴの入った巨大フラッグをダンサーたちが掲げます。

 部長が「ラスト!3曲~!!」と叫び、クライマックスに突入。
 『オベリスク』『ノーザンクロス』。
 いや~、もうノーザンクロスで十字を切るのが、大好きで、しっかり自分もやりましたw
 そして、武道館の(とりあえずの)ラストを飾るのは射手座~かと思ったら『キミシニタモウ
コトナカレ
』。
 おっと、この曲があるのをすっかり、忘れていました^^;

 部長コールとアンコールコールが入り乱れながら、ピンクのTシャツで登場です。
 アンコールにTシャツも、すっかり定番ですね。
 アンコール1曲目は『Welcom To My FanClub's Night! -styles ver.-』。
 まさか?アンコールでこの曲が来るなんて?!
 まったく、今日何度目の驚きでしょう?w
 そして、次はいよいよ欠かすことの出来ない、この曲です。
 そう、それは・・・『射手座☆午後九時Don't be late』。
 この曲は、何度聞いても飽きないし、ボルテージも最高潮で、みんなで「もってっけ~♪
とんでっけ~♪

 そして、部長のこれまたライブの最後に定番となった「顔みせて~!」と会場のみんなを
見渡して「みんな見えるよ~♪」と部長。

 正直、これで終わりかと思ったらダブルアンコール。
 部長がゴンドラで上に上がりつつ『Deep Breathing』。
 背後に星々が見え、流れ星が・・・。
 これが、もう幻想的で素晴らしい・・・この演出と部長のバラードで、感動で涙が出そうに
なってきます。
 武道館のラストを締めるのに、これ以上の演出は無いと思えるほどで、その余韻を残しつつ
会場を後にしました。

 今回思ったことは、部長がとにかくカッコいい!!
 ブレイクダンスを主体とした、バックダンサーも含め、ダンスにかなり力を入れてきたみたいで、
今まで見てきた中で最高のパフォーマンスを見せてくれたと思います。
 PVやライブ映像だけで、実際のライブは見たことはありませんが、例えるなら安室奈美恵の
ような感じなのかも?
 とにかく、これでまだ20歳とは思えない完成度で、これからもっと成長していったら、いったい
どうなってしまうのでしょう?
 まったく、部長には底が見えませんね。
 なんて言っていいか分かりませんが、萌えじゃなく、燃えたライブで部長はやっぱり歌手であり
アーティストなんだな?と改めて、実感させてくれました。
 
 ただ、残念なことが一つ。
 それはパンフレットが、買えなかった事・・・。゚(゚´Д`゚)゚。
 武道館には開場より30分前に着いたら、丁度、SOLD OUTの表示が貼られてしまいました。
 というか、グッズのほとんどが完売状態。
 他の、グッズはともかく、パンフレットだけは、どんなライブでも売り切れで買えなかった事が
無かっただけに、これには正直ってビックリ、そして、ガッカリしてしまいました。

Maynbudoukan


Styles(初回限定盤)(DVD付)Styles(初回限定盤)(DVD付)
(2009/11/25)
May’n

商品詳細を見る

ユニバーサル・バニーユニバーサル・バニー
(2009/11/25)
シェリル・ノーム starring May’n

商品詳細を見る
[ 2010/01/28 ] イベントetc | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okirakutama.blog108.fc2.com/tb.php/16-3f2b1f2f










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。