スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「フリージング」 episode 4『Tempest Turn』

 episode 4「Tempest Turn」

カズヤのフリージング能力によって、ミヤビとの戦いにも、勝利したサテライザー。それは、
3年生全体を敵に回してしまう事に。そして、3年生7位のイングリッド・バーンシュタインに、
全力で罰する事を宣言されてしまう。その事を聞いたカズヤは、再び、リミッターになる事を
申し出るのだったが、断られてしまい───
~公式HPより~

FREE0401.jpg

 「人はわたしを秩序の守護者と呼ぶ。」 
 秩序を乱すものは全力で罰する・・・それが使命だと、ミヤビとの戦いで1週間ぶりに
謹慎から解かれたサテライザーへ接触する、イングリット=バーンシュタイン。
 軍事組織のもととは言え、学園なのに独房があるなんて、凄いなw

FREE0402.jpg

 リミッターにして欲しいというカズヤを思い出す、サテライザー。
 イングリットを見ていた目とは大違いの、かわいい顔で、顔がほんのり赤いのは、お風呂
だけのせいじゃないですよね?
 でも、やっぱり、触られていた過去を思い出し、我に返るサテライザー。
  
 「見ちゃダメ~!
 サテライザーに会いに来た、カズヤは誰も居ない部屋で日記を見つけ、誘惑に駆られ、
見ようとするその時、お風呂から上がったサテライザーに見つかってしまう。
 カズヤは日記より、いいものをドアップで見る事が出来てうらやましいぞw
 でも、そんなに親しくないのに、部屋が開いてたからって普通入るか?
 サテライザーもただでさえ、敵が多いのにカギをかけないなんて無用心です^^;
 そこが、どことなく天然っぽい感じがし、これが魅力とも言えますけどねw

 「あんたなんか、要らない。
 そして、戦いのためにも、リミッターが必要だというカズヤを追い返す、サテライザー。
 レディの部屋に勝手に入る無神経な人は要らないということか?w

FREE0403.jpg

 「パンドラが集う所は軍隊も同然。
 厳格な上下関係の秩序が必要だと言う、イングリットに、リミッター無しのパンドラを
倒すにはリミッターと離れた所で叩く
とサテライザー。
 質問の答えになってないぞ、サテライザーw
 でも、戦術的には不利な相手には、奇襲をかけたり、互角な状況に持ち込むのが兵法です
から、正式な試合じゃないし、理に適っているとは言えますけどねw
 しかし、さすが3年の学年7位は伊達じゃなく、ミヤビとは段違いです。
 それにトンファー型のボルトウェポンがカッコいい♪
 そんな緊迫した展開とは一転、そんなに激しくされたらって、会長はどんな夢を見てるんだ^^;
 
FREE0404.jpg

 「テンペスト・ターン
 普通の戦い方だと勝てないとアクセル・ターンで、攻撃を仕掛けるが、軽く受け止め、3年
なら誰でも使える基礎でしかない
と、分身攻撃により、サテライザーを倒す、イングリット。
 アクセルが基礎とは言っても、受け止める事が出来るかどうかは別な訳で、さすが学年一
ケタの実力は凄いものです。

FREE0405.jpg

FREE0406.jpg

 「今からイレインバーセットを行い、全力で貴様を粛清する。
 影から見ていた、アティアに呼ばれ、やってきたイングリットのリミッターも加わり、リミッター
になる者が居たら、洗礼の猶予を与えると、イングリット。
 「僕がなります・・・サテライザー先輩のリミッター!
 秩序を乱す気は無いが、サテライザーがやられるのを見逃せないと、カズヤ。

 「たまらなく不潔よ。
 洗礼を受けさせて欲しいという、カズヤに、触れられる感覚が嫌だとサテライザー。
 そして、イレインバーセットを行い、トドメを刺しにかかるイングリット。
 「バカな!?洗礼も済ませていないのにフリージングだと?
 カズヤのフリージングで、イングリットに一撃を浴びせるサテライザー。
 サテライザーが顔を赤くして不潔だと言って、イングリットたちも、ちょっぴり照れてる所
一瞬だけ、和やかというか面白い。
 それにしても、カズヤのとっさのフリージングに連携してサテライザーの攻撃と、なんか
かんだと言っても、見事な連携です。

FREE0407.jpg

 「なぜだ!?なぜ貴様らは、そこまで秩序を乱す!
 キレるイングリット。
 サテライザーが来る前、1年に経験を積ませるための遠征カーニバルの最中に現れた
タイプSのノヴァに秩序が乱れ、小隊の指揮官でありイングリットと親友だったマリンが
犠牲になった
・・・とやって来たガネッサが、秩序にこだわる理由を話す。

 「ヤツはノヴァと同じ力を使えるというのか!?
 サテライザーのピンチに全方位フリージングで、イングリットたちの動きを止めるカズヤ。
 よけろと、レオに言っても、そんなに早くとっさに判断できないでしょ^^;
 特にパンドラたちは格闘技などの戦等訓練をしていても、たぶん男子たちリミッターは
基本的に前線に出ないいわば、補助役ですから、そんな訓練してなさそうですしねw

FREE0408.jpg

 フリージングの中、パンドラモードを起動させ動き出す、イングリット。
 「秩序を乱すものは、いつか仲間を見捨てる。
 秩序が乱れなければ、マリンは死ななかったと、そして、そのような者を粛清する事
こそがマリンのような無駄死にを無くす最善の方法
だとイングリット。
 トドメを刺そうとする、イングリットを更なるフリージングで動きを止め、無駄死にではなく、
パンドラの信念を貫いて死んでいったと思う
とカズヤ。

 「僕の姉さんも、そうでしたから・・・
 ノヴァからカズヤたちを守れるのはパンドラだと言い残して、死んでいったとカズヤ。
 洗礼も済ませてない1年にノヴァの相手は無理だと、そして逃げる時間稼ぎぐらい出来ると
マリンが言っていた
と、イングリットに話す、ガネッサ。
 そして、1年が無事だと聞いて死んでいった、マリンの事を思い出すイングリット。
 サテライザーをライバル意識むき出しな、ガネッサだけど、サテライザーを落としいれるのでは
なく、ちゃんと事実を伝えるなど、公私混同しないステキな女性ですね。

FREE0409.jpg

FREE0410.jpg

 私怨による戦いではなく、信念を持って戦う2人の戦いは白熱した戦いでした
 
 秩序とは?
 確かに、軍事組織のようなゼネティックスにおいては、敵を目の前にして、その規律が乱れ
無秩序になってしまうのは敗北(死)を招く事であり、それは過去の歴史を見ても明らかで
あり、これ以上、友(仲間)の死を見たくないというイングリットの気持ちは良く分かります。
 でも、サテライザーの場合は、そういう規律を乱しているのではなく、勝手に戦いにまきこまれ、
結果として、倒してきただけで、ちょっと違うような気がします

 強いが為に、目立つってヤツですね。
 個性を生かすのか?それとも、個性を殺し、平均的に目立たず、生きていくのか?現代の
縮図
を見ているようですw 

 特にミヤビを倒した件では、軍規という意味では、どんな理不尽な命令でも、上官(年上)の
命令は絶対だというのも分からなくも無いですが、法規として見れば過剰防衛な感は否め
ないですが、非は間違いなく、ミヤビ
にありますからねw

 それだけ、良くも悪くも周りが見えず、これが正しいと決めたら一直線で視野を広げる事が
出来ず、愚直なまでも素直ともいえる性格
であり、きっと心を打ち解けあう事が出来たら、
変な噂などにも惑わされる事が無い、親友になれる・・・そんなタイプだと思いました。

 そして次回は公式キャラ表において、サテライザーの次に位置している、ラナ=リンチェン
登場のようで、どんな強さを見せてくれるのか?期待ですね。
 しかし、上半身裸な上にフンドシって・・・いったいどんなキャラなんだよw
TVアニメ「フリージング」オープニングテーマ「COLOR」&エンディングテーマ「君を守りたい」TVアニメ「フリージング」オープニングテーマ「COLOR」&エンディングテーマ「君を守りたい」
(2011/02/23)
MARiA、小林愛香 他

商品詳細を見る

フリージング Vol.1 [Blu-ray]フリージング Vol.1 [Blu-ray]
(2011/03/30)
能登麻美子、花澤香菜 他

商品詳細を見る


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okirakutama.blog108.fc2.com/tb.php/222-a78e95f7










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。