スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

茅原実里『LIVE 2011 FINAL』 in 神奈川県民ホール 感想

 しまっていこうぜ~♪
 という事で?2011年のイベントのとりを飾るべく、大晦日、茅原実里 LIVE 2011 FINAL
行って来ました。
 みのりんのファイナルライブ&カウントダウンは2年ぶりで、その2年前同様に、カウント
ダウンはチケットを取る事が出来ず、ファイナルのみの参加でした。
 自分としては、11月にあったアコースティックライブは趣旨が違うので、除くと5月にあった
Zepp Tokyo以来の参戦なのですが、そのZeppでは全然ライブに集中できず不完全燃焼、
フラストレーション溜まりまくりのライブでしたので、そのリベンジも込めて、開始前から、
かなりテンションが上がりまくりでしたw
 そして、そのライブはファイナルに相応しく、みのりんの代表曲の連続で、これでもかと
言わんばかりのハイテンションな連続でジャンプしまくりのお年玉には数時間早かったけど、
最高のネ申ライブでした。
 みのりんも、どことなく、いつもよりハイテンションでアドレナリンが全開って感じで、終始
良い意味で興奮していたような気がしました。

 そんなライブのOPを飾ってくれたのは、絶対に聞きたいと思っていたし、歌ってくれるだろうと
思っていた、HYPER NEW WORLD
 歌うなら最初かな?と予測していたのですが、まさにその予想どおりで、いきなりのテンション
アップ。
 そして、このHYPER NEW WORLDが、ある意味過酷な、ライブの開幕ですw

 まあ、もともと、みのりんの曲はアップテンポの曲が多いのは間違いないところですが、それ
でも、バラードコーナーのような、言わば体力温存コーナーがあるのですが、今回は皆無に近く、
インストルメンタル後の境界線上のホライゾンの挿入歌である、通し道歌と、純白サンクチュ
アリィ
と、アンコールに歌った、みのりんの作詞した巡り逢い~かけがいのないもの~ぐらい
でしょうか?
 それでも、通し道歌の後に続くのは当然のように?TERMINATEDですし、純白サンクチュア
リィも、みんなで、歌ったりしたし、他の曲に比べ大人しいけどバラードとはちょっと違うしね。

 個人的には、こういうハイテンションなライブは大好きなので、今後も、こういうセットリストを
期待したいところですが、みのりんライブ初心者にとっては、ちょっとついて行くのが、辛いような
気もしましたw

 そして、ある意味、今回の最大の目玉は、ギターがツインギターになり、2年前まで参加して
いた鍋嶋圭一こと、なべちゃんが復活した事でしょう。
 今後もツインギターになるのかは分かりませんが、もし今回がスペシャル参加だったなら、
貴重なステージなのは間違いないですね。 
 それと、メンバー紹介時に、たぶんネタにだろう(客からのヤジが)と思っていた、大先生こと
室屋光一郎に対する声援に絶対に水樹奈々の東京ドームネタのムッシュと呼ばれるだろうと
思っていたら案の定、ムッシュとの声援がw
 みのりんも、きっと予想してたらしく、ちょっぴりいたずらっぽく、大先生に絡んでいったのに、
大先生でもムッシュでも全力で演奏するだけですと何となく、お茶を濁す感じでスルーして
しまったのが残念w
 (ムッシュとは、ドームに水樹奈々のストリグス隊として参加した時、奈々さんにムッシュと
呼ばれたからです。)
 
 そして、そして、ライブが終了し、終わったかと一息つこうかとしたら、スクリーンが下りてきた
かと思うと、そこには映像が流れ出し、新曲のPVが流れ出しました。
 そのPVが、CG全開、SFチックで、カッコいい・・・。
 タイトルの名はDream World Formation
 2月21日に発売されるD-Formationのメイン曲のようで、アコースティックライブの時に
2月にアルバムが発売とか言っていたにも関わらず、MCでも3月のニューシングルだけの
宣伝で、なぜ言わないのだろう?自分の聞き違いや勘違いだったかな?と自分自身に
疑問符が沸いてきただけに、ホッと一安心と同時に、このサプライズPVの為に、内緒に
してたのね・・・と納得しましたw
 いや~楽しみです。
 そして、ライブでは言っていませんでしたが、公式HPにはライブツアーの日程が発表され
ましたし、このカッコいい曲を早く目の前で聞きたいものですね♪

茅原実里2011 
 
 ただ、残念だったのが、2年前の悪夢よりも多少は改善はされたとは、思いますが、相変わ
らず物販がダメダメ
で、今回もまともに売りさばけず、先行物販開始の10時ぐらいに到着
したのにも関わらず買う事が出来ず、今回も昼食も食べられず、ライブに臨んだ事でしょう。
 自分は、それでも開場してからの物販で何とかフラッグを買う事が出来ましたが、開演15分
ぐらい前に物販の列を見てみましたが、今回も長蛇の列で、間違いなく全員が開演前に買う
事が出来ないのは明白でした・・・。
 他のライブじゃ、場合によっては、開演前には逆に閑古鳥が鳴いているぐらいなのに、この
レベルの低さは何なのでしょうか?
 今度こそ、改善して欲しいものです。 

TERMINATEDTERMINATED
(2011/10/19)
茅原実里

商品詳細を見る

境界線上のホライゾン 〔Horizon on the Middle of Nowhere〕 1 (初回限定版) [Blu-ray]境界線上のホライゾン 〔Horizon on the Middle of Nowhere〕 1 (初回限定版) [Blu-ray]
(2011/12/22)
福山潤、茅原実里 他

商品詳細を見る
[ 2012/01/01 ] イベントetc | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okirakutama.blog108.fc2.com/tb.php/309-730dd7f9










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。