スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『今期(9月終了アニメ)の評価をしてみないかい?18』に参加します。

 恒例のゲームやアニメについてぼそぼそと語る人の管理人さんである、ピッコロさんの
アニメ評価企画に参加させていただきます。
 今年の中旬ごろから、仕事等が忙しく、アニメの視聴本数も通常の半分ぐらいあるか、
ないかで(そのおかげで、アニメ感想アップが出来ません;;)特にベストキャラクター賞等は、
少ない本数からの選択ですので、かなり偏ったものになってると思いますが、ご了承ください。 

 ※評価は順不同となっております。

・ココロコネクト

 アニメの場外で話題となった作品ですね^^;
 冒頭でも書いたように、これも放送当時は視聴しておらず、今週になって、時間が取れたので
オンエア版全13話を3日で見終えましたw
 題材的には、人と人が入れ替わったり、欲望解放、それに時間退行し子供の頃に戻ったりと
比較的メジャーな題材だとは思いますが、この手の題材はコメディタッチとなりがちですが、
かなりリアルな心の心理まで描いており、特にキズランダム(欲望解放)編では、お互いの心の
奥底に眠っている本音をぶつけたりして、互いを傷つけあい、まさにキズランダムなのですが、
5人の仲間がギスギスしていったりと、最後には上手くまとめてありますが、自分のように一気見
すると、かなり鬱な状態になるので、これから見ようと思う方は、1日1話とか時間を空けて見る
事をお勧めしますw

ストーリー ★★★★★5
キャラクター ★★★★4
画 ★★★★4
演出 ★★★★4
音楽 ★★★3
総合的な評価 ★★★★4
合計 24

・アクセル・ワールド

 川原礫先生のソードアート・オンラインと並んでの2大アニメ化作品です。
 ニューロリンカーという端末を使い加速世界という独特の空間でバトルを繰り広げるのですが、
その設定がいまいち、自分には馴染めなかったり、主人公の有田春雪のデフォルメキャラに
違和感を感じたりと単純な世界で分かりやすいソードアートと比べると、後者の方が好みです。
 それでも、最大の盛り上がりである、手段を選ばない後輩の能美征二と、ヒロインである倉嶋
千百合を巡っての戦いにはハラハラドキドキの連続です。
 特に、千百合が能美側について、春雪たちの敵側に付き対立してしまい、その後の展開が
気になり待ち遠しかったですね。

ストーリー ★★★3
キャラクター ★★★3
画 ★★★★4
演出 ★★★★4
音楽 ★★★★4
総合的な評価 ★★★3
合計 21

・じょしらく

 キャッチフレーズ?通りに、かわいい女の子たちが、差し障りの無い会話をしているだけの
作品であり、これもココロコネクト同様に時間が取れたときに一気見したのですが、1話だけを
見ると何だこれは?と見るのを止めようかとも思いましたが、ダラダラと見ているうちに、その
差し障り無い会話の面白さが分かってきたと同時に、各回に東京の観光案内的な話もあり
最終回の秋葉原は、特に秀逸だと思います。
 それに、EDでは、桃黒亭一門という謎?の集団が歌っているのも注目ですw

ストーリー ★★★3
キャラクター ★★★★4
画 ★★★3
演出 ★★★3
音楽 ★★★★4
総合的な評価 ★★★3
合計 20

・TARI TARI

 江ノ島を舞台に、5人がいろいろな問題をクリアして合唱部を作り上げていくと言う青春
ストーリーで、王道的なストーリーだと思いますが、王道だからこその安定感のようなものが
あったと思います。
 そして男女の5人が集まれば恋愛的な要素も入れたがると思うのですが、最終回には
それらしい展開もあるのですが、それもそう思わせる展開だけであり、恋愛という余計な
要素を入れなかったのも爽やかさを感じられた要因だと思います。
 個人的には、江ノ島に聖地巡礼に行ったりと、プライベートでも楽しませてもらいましたw

ストーリー ★★★★4
キャラクター ★★★★4
画 ★★★★4
演出 ★★★★4
音楽 ★★★★4
総合的な評価 ★★★★4
合計 24
 

・ベストキャラクター賞 千反田える(氷菓) 
 わたし、気になります!は、個人的に今年の流行語大賞ですw
・ベストOP賞  『いぇす!ゆゆゆ☆ゆるゆり♪♪
 明るく元気で楽しい♪ もうそれだけで、十分でしょうw
・ベストED賞 『潮風のハーモニー
  EDが白浜坂高校合唱部の合唱になっており、仲間が増えるたびに人数が増えていき、
当初は部員になったけど、心を開ききれない坂井和奏だけ一人離れて横を向いてますが、
心を開くと、みんなと一緒になって歌いだす・・・演出も含め最高だと思います。
・ベスト声優賞・男性 中村悠一(氷菓、恋と選挙とチョコレート他)
 省エネ主義の氷菓の折木奉太郎、一方で恋チョコでは、ちょっぴり熱血な大島祐樹と
主役級の役を見事に使い分けていましたね。
・ベスト声優賞・女性 小林沙苗(アクセル・ワールド)
 能美征二という、小憎たら敵役を見事に演じており、言動すべてが、ムカつかせてくれ
ますし沙苗さんが、こんなキャラを出来るのか?と、驚きをもって見ていました。
 これほどの演技があってこその、敵役能美征二です。 
ゆるゆり♪♪ オープニングテーマ いぇす! ゆゆゆ☆ゆるゆり♪♪ (初回限定盤) (DVD&キャラカード付き)ゆるゆり♪♪ オープニングテーマ いぇす! ゆゆゆ☆ゆるゆり♪♪ (初回限定盤) (DVD&キャラカード付き)
(2012/07/04)
七森中☆ごらく部

商品詳細を見る

潮風のハーモニー潮風のハーモニー
(2012/08/08)
未定

商品詳細を見る
[ 2012/12/22 ] 雑記 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okirakutama.blog108.fc2.com/tb.php/410-3c737fe6


今期(2012年9月終了)アニメ評価in星屑の流星群

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人さんのところで 今期(9月終了アニメ評価企画)があるので参加します。 今回は朝・夕方・深夜とそれぞれあります。 では評価開始!!!!!!
[2012/12/29 17:47] URL 星屑の流星群








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。