スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

そらのおとしもの 大感謝祭~そらのおとしもの青春ヒットパラダイス~ 感想

 3月20に川崎CLUB CITTA’であった、そらのおともの 大感謝祭に行ってきました。

 一言でいうと、さいこ~に楽しかったです。
 そして・・・鈴木達央の変態っぷりに惚れたw

 スクリーンに30、29、28・・・とカウントダウンが始まり、会場もそれに合わせてカウントダウン。
 そして”0”になるとトップバッターblue dropsの吉田仁美さん早見沙織さんのコンビでOP曲
Ring My Bell」でスタート。
 歌い終わると2人のMCになり、保志総一郎さんたちが登場し挨拶、そして「みんな知らない
よな?
」と何やら重大な発表があるみたいw
 そしてゲストも多数出ますよとの言葉で嘉門達夫までが、来てしまうのか?!と期待して
しまいます。

 挨拶も終わり次は、野水伊織さんの「夏色のナンシー
 白に水玉模様だったかな?80年代のアイドルっぽい服がかわいいね♪
 これだけ大勢の人の前に、緊張したのかな? いままで、イベントで見ていた表情とはちょっと
違い、顔が、こわばってる様に見えました。
 でも、失敗することなく、しっかり歌ってくれました。 (´∀`*)

 次は高垣彩陽、鈴木達央のコンビによる、「僕等のダイアリー」で、2人が見つめあったりする
シーンがあるのですが、鈴木さんが、あやひーを見つめる目が、なんかエロく見えてしまいますw

 保志総一郎さんの登場で「戦士の休息」で女性たちの声援を一身に集めます。
 保志さん目当ての方も多そうで、さすが、人気声優さんですね~。
 鈴木達央さんの人気もあるでしょうが、女性客は2割前後ぐらい来てたのかな?と思え「そらおと」
という作品の性質を考えるとかなり多かったのでは?と思います。
 
 そしてスクリーンに嘉門達夫が映り「ゆけ!ゆけ!川口浩!」の当時のエピソードなどの話し。
 あ~あ、やっぱりさすがに嘉門達夫は来てくれませんでした^^;
 でも代わりに美名さんの、そはらのコスプレと、いおりんのニンフのコスプレ姿でEDで海を歩く
イカロスをイメージしたような、無表情で歌いながら踊る姿に、これはこれで良かったので、嘉門
達夫が出なかったけど、まあいいかw
 次に、早見沙織&高垣彩陽の2人での「初恋」さすがに歌の上手い2人で、完全に聞き入っ
ちゃいます。
 
 これで、全員が歌ったし、ゲストとして斉藤監督、AIC 黄樹プロデューサーと角川書店の
マスクドパンツこと蜂屋プロデューサーの3人が登場し、テーマを与えられてのトーク。
 智樹の妄想力では、監督のコンテでのOPは、智樹の妄想のみの映像で、OPの初めから智樹が
真っ裸の酷い状態だったとか・・・これは、これで見てみたいw
 そはらのチョップ力での空手家のチョップを入れるシーンは最初は全話入れる予定だった
のに、3話で飽きてしまったとか・・・。
 妄想OPとか飽きちゃったとか、どんな監督なんだよ^^;
 
 そして、守形の学力のテーマになると、とんでもない事件がw
 守形は頭がいいけど、中身は違うと「オッパイとパンツが好きなんだよ!」と、この発言に
会場は大盛り上がり。
 そして、 いおりんのブログにNOと書かれた見せパン姿がアップされ、今回はYESと入った
パンツをはいて来たと鈴木さん。 
 そして、後ろを向き、ズボンを下ろそうとするのですが、当然演技だろうし・・・と思ったら、
ほんと~に下ろしたよwww
 YESと入った、パンツに、女性人の悲鳴?や男性たちの声援?で会場は更に大興奮。
 声は渋めでカッコいいのに、こんなキレちゃってる声優始めてみました。

 会長の戦闘力では、原作では出番の少ない会長だけど、真面目パートとして必要でメイン
キャラとしてアニメでは出番を増やす事になったとか。
 そして、ニンフのツンデレ力では、いおりん曰く、ツンデレと言うより、ツンデレデレデレデレ
ぐらい
だとかw
 最初はツンだけど後はデレっぱなしってことなのね。
 監督は、いおりんの声が入ってから、ニンフのイメージが分かり、絵を作り直したりしたと、
すごい情熱です。
 ここまで、やってるからこそ、あのクオリティがあるのか?と関心です。
 そ~いえば、黄樹Pが、違う話題をしようとしたのですが急に「やめて~」と怖がる、あやひー。
 あやひーが収録最中に、誰も声を出してないのに、子供の声がハッキリと録音されていた
その話題の事だと思ったと・・・そんな、怖がるあやひーとは別に「よくある事なんだよね。」と
あっさりと言う蜂屋P・・・って、そんな簡単に済ませていいのかなぁ^^;

 監督たちも交えてのトークも終わり第2部開始と美名さんの「岬めぐり」。
 美名さんの熱唱の途中、天井からはハートの形をした紙切れ?が降って来たかと思うと、
なんと、パンツが飛んで(落ちて)来るではないですか?!www
 しかも、かなりの大量投下で、歌よりパンツに夢中で、もちろん自分も含めて、みんな上を向いて
歌を聴いていません。
 そりゃ、岬めぐりのEDでパンツは飛んだけど、なんていう演出。
 そして、自分も無事に?1枚ゲットですwww
 そんな、パンツ爆弾の投下も終わり、保志さん&鈴木さんコンビの「ワイルドセブン
 ここには変態な鈴木さんの姿は全然無く、サングラスを掛けて歌い、最後にサングラスを
客席に投げ込んだりする姿が、普通にカッコいいよ。ъ(゚Д゚)
 
 続いて、早見さんの「赤い花 白い花」。
 う~ん、やっぱりダントツに歌唱力が高いね~、キャラソンだけなのがもったいないです。

 そして、あやひー、鈴木さんコンビのMCに入り、またまたパンツの話題。
 軽くあしらい、つっこみポーズをする、姿に、それはスフィアネタだろ?と言われ苦笑する、
あやひー。
 パンツは好きか? オッパイは好きか? 俺も変態だが、
お前らも変態だ!!

 なんて、調子に乗ってきたのか?ハイテンションで会場をあおりまくりwww
 すると、会場から赤いパンツが投げ込まれ、ズボンの上から、はき出すし^^;
 もう、暴走しまくりで、リアル智樹が目の前にいますw
 完全に、あやひーは引きつつも、なんとか、進行しようと、あの人を呼ばないといけませんと、
そしてキャラ名で呼びましょうと、みんなでトモ子コールで、きゃる~んと藤田咲登場。
 1話だけなのに音響監督が褒めていたと、さすがボーカロイドなんて、良く分からない
褒め方をする鈴木さんに「伊達にミクはやってません、アーツの実力ですかね。」と、
きっぱり返答する咲さんが面白すぎる。
 そして、保志さんと咲さんによる「チャンピオン
 結構、カッコいい、そして「きゃる~ん♪」に会場も萌えまくりです。(´∀`*)

 そして、一番聴きたかったというか、いおりんが考えた振り付けが見たかった、早見さん、
美名さん、いおりんによる「春一番」、いや~、もうこれで、満足で終わりでもいいですw
 予想ではこれが、ラストの曲となるとおもったのですけど、ハズレました^^;

 次にバンド紹介が間に入り、なんと保志さんの「チクチク・B・チック
 これはEDじゃないから、完全に頭のリストに入ってませんでした。
 しかも、派手なアフロに、保志・・・ちがった星型のサングラスという、あの保志さんが、これを
するのか?!そう思えるほどの恥かしい姿に、プロ根性を見ましたw
 あとのMCで言っていましたが、さすがに1人じゃ恥かしかったらしく、美名さんと、いおりんに
頼み込んでバックダンサーとして踊ってもらったと暴露してました。

 アニメの展開と同じようにと、続けて歌うのは早見さんの「fallien down」しかも、blue dorps
バージョンという事で、吉田さんがコーラスとして参加です。
 2人のMCで、早見さんからプレゼントされたという、お互いマイクを持つ手に輝く、おそろいの
指輪(早見さんが白、吉田さんが青)の良い話で、鈴木さんの暴走変態話とは好対照ですw
  MCが終わり、最後の曲という事で「そばにいられるだけで」を熱唱。
 最終回13話の曲で、思わず頭の中で感動のラストシーンが頭をよぎります。
 ラストを締めるに相応しい曲ですよね。

 アンコール1曲めに歌うは5人勢ぞろいした「ふり向くな君は美しい」からスタート。
 5人揃ったという事で、ついに重大発表の時が・・・。
 いったい、何を発表するのでしょう?!
 第2期決定!!
 この発表に、予定通りに驚く会場www
 スクリーンにはプロモが流れ、新キャラのアストレアが登場すると 福原香織 の文字が!!
 これは、本当に重大発表で、盛り上がる会場。
 しかも本人登場で更に盛り上がる会場。
 そして、更にとんでも発言に、さらに沸きあがります、それは・・・
 「バカなアストレアとは365度ちがう所をみせてあげます。」と意気込みを語る、かおりん。
 ん?!
 365度って・・・?!しかも5度多いしと、保志さんを筆頭にツッコミまくりw
 これが90度、これが180度と指で角度をつけながら、角度のおさらいをすると、指の角度から
考えると180度じゃないと、またまた保志さんのツッコミが炸裂w
 
 そんなこんなで、各自の最後の挨拶が始まり、「今度は、どんなバカをしてやろうかと
楽しみにしてます。
」と、不穏な発言をする鈴木さん。
 1期でも本当はかなりアドリブを入れていたみたいですが、却下されたとか。
 そりゃ、変態ですからねw
 保志さんは「チクチク・B・チック」の羞恥プレイでの、話しで、ほんと~に恥かしかったという思いが
ひしひしと伝わってきます。 
 咲さんは、「きゃる~ん♪と頑張ります。」そして、保志さんは出番が少ないほうがいいといつも
言ってるから、代われるように頑張りますと。
 そんな、仕事をしたくない保志さんに、変態から「仕事しろよ!」なんて言われてるし^^;
 そして最後を締めるは、早見さん。
 「マスターのみなさん・・・マスター子のみなさん・・・
 マスターに子は要らないだろ!!とまたまた、ツッコミがw
 これで、動揺したのか?もうボロボロ状態の早見さん・・・。
 なんとか、無事に挨拶も終わり、全員参加しての「太陽がくれた季節」そして「Ring My Bell」で
終了となりました。

 時間として約3時間弱・・・とにかく、色々とありすぎて、大変でしたw
 普通のライブのように、MCの構成がほぼ、決まってるような感じはまったくなく、もう出たとこ
勝負のアドリブによる感じ
で、最後の挨拶でも、美名さんや早見さんは、テンパったような感じで
まとまりの無い話しになってました。
 逆にいうなら、これが成功した感じで、自然な面白さ(暴走もw)が良かったのでは?と思います。
 もし、またあるなら絶対に行きたいライブです。
 と言うか、トークだけでもいいですねw

 最後にちょっと・・・
 会場内で開演を待っていると、ちょっと離れている女性が何やら手を振っていると、連れの男性が
やってきて、もう既に列はその人たちより後ろまで埋まっているのにも関わらず、強引に、そして
平然と初めからここにいたよと言わんばかりに列の中に割り込んでしまいました。
 少しでも前で、見やすい所でと思う気持ちは分かりますが、この割り込み方は、モラルとして
どうなの?
と思いました。
 やはり、こういうのは、待つなら会場の外で待つとか、後ろの方で邪魔にならないように待つ
のが、マナーかと。
 年齢も25歳~30歳ぐらいかな?分別のある大人なんですからね。
 当然、その一部だけ、みょ~に窮屈な感じになっていて、特に後ろの男性が、見えなさそうな
感じに見え、他人事ながら気になってしまいました。
 これさえ無ければ(目撃しなければ)、最初から最後まで気分よかったのですけど・・・ね。

 ※毎度の事ですが、記憶が曖昧で、歌の間に起きた、様々な出来事(特に鈴木達央)が今回は
多すぎて、どこまであってるか疑問ですが、ご容赦を^^; 
 まあ、こんな感じでとにかく楽しかったという事ですね。

 P.S. かなりの長文にお付き合いありがとうごさいました。 

CITTA.jpg 


そらのおとしもの キャラクターソングアルバム~そらの音楽祭~そらのおとしもの キャラクターソングアルバム~そらの音楽祭~
(2010/03/10)
TVサントラニンフ(野水伊織)

商品詳細を見る

TVアニメーション「そらのおとしもの」 エンディングテーマ・コレクションTVアニメーション「そらのおとしもの」 エンディングテーマ・コレクション
(2009/12/29)
TVサントラ保志総一朗&藤田咲

商品詳細を見る
[ 2010/03/21 ] イベントetc | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okirakutama.blog108.fc2.com/tb.php/43-0b41f100










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。