スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「薄桜鬼」 第12話(最終回)『剣戟の彼方』

 第12話(最終回)『剣戟の彼方』

 もともと時代劇が好きだったり、歴史が好きな事もあり、こっそりと視聴していまして、
最終回のみの感想です。

 ついに始まった、鳥羽伏見の戦い
 歴史的には、戊辰戦争の始まりであり新選組は、伏見で新政府軍(薩長軍)の鉄砲隊の
前に破れ、淀城に入って、体制を整えようとしたが、入場を拒まれ井上源三郎が戦死し、
朝廷が幕府である徳川慶喜の追討令を出した事により、幕府が逆賊になり慶喜が
江戸に逃げてしまい、幕府軍の15000人が新政府軍の5000人に敗れてしまう・・・そんな
あたりが、この最終回の流れです。

HAKU1201.jpg 

 薩長軍の最新式の銃により苦戦する新選組たち旧政府軍。
 そして、淀城へ援軍を頼もうと考える土方の案に、伝令なら自分が・・・と言う千鶴に、護衛と
して一緒に行くという井上。
 淀城へ到着するものの、入城を拒まれ銃撃され逃げる千鶴と井上。
 逃げる2人は、土方たちとの合流地点までもう直ぐという時に、井上は幕府軍を裏切った者たちに
撃たれ、早く逃げろと千鶴を逃がそうとし、戦いを挑むが返り討ちに・・・。
 「旗色が悪いからと言って寝返るなんて・・・あなたたちは、それでも本当に武士なんですか?
 「あなたたちは、武士の風上にもおけない!
 刀を抜き震えながらも、戦いを挑もうとする千鶴。
 そして、突如現れた、風間千景は、武士たちを切り捨てる。

HAKU1202.jpg

 風間から薩長が錦の御旗をかかげ官軍となり、幕府が逆賊になった事を聞かされる。
 そこへ土方が現れ、死んでいる井上を見て、制止しようとする千鶴の声も届かず戦いを挑むが
本物の鬼の姿へと変わった風間に苦戦する
 そして変若水(おちみず)を飲んで羅刹となる土方は攻勢に出るが、そこへ割って入ってきた
山崎と天霧九寿。

HAKU1203.jpg

 「あの瞬間、俺の腹の中に沸いてきた、どうにもなんねえもんを、あの野郎は全部、見透かした
みたいに挑発してきやがった。

 風間が井上を殺したのではないと分かってはいたけど、止められなかったと、井上を埋葬
しながら千鶴に語る土方。
 
 大阪城へ入るが、局長の近藤から上様が江戸へ向かったことを聞かされ、そして山南は、
夜襲をしかけた羅刹隊が銀の弾丸によりやられたと言い、江戸へ引く事を提案する。

 
江戸へ向かう船の中、土方を止めに入った時の傷で、死んでいく山崎。
 仲間が幕府の為に戦ったのに死んでいった・・・これじゃ犬死だという永倉新八。 
 「犬死なんかじゃ・・・ないですよね・・・? 
 無駄に死んだ人なんか、1人もいませんよね?

 たずねる千鶴に、当たり前だ、徳川の殿様の為に戦ってきた訳じゃない・・・江戸に
戻ったら喧嘩のやり直しだと答える土方。
  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 まさか、土方まで羅刹になってしまうなんて!?
 
しかし、他の人たちと違って、あまり苦しんだり血を欲しがったりしないのは、土方の
精神力の強さによるものなのでしょうか?
 そして、 歴史を知っているからこそ、土方の喧嘩のやり直しだと言いつつ、朝日が
昇る海を見つめる姿に、切なさというか、悲しさを感じてしまいます。

 話しの展開は遅いし、中途半端な終わり方だな?と思っていたら、やっぱり2期決定
ですか?
 というか、予告で2期の映像がありますし、決定というよりも、初めから決まっていた
みたい
ですし、決定と言うより製作快調などと言ったほうが正しそうですがw
 それにしても、確かに、このような洋装は着るのですが、予告での土方の衣装がカッコ
よすぎです。ъ(゚Д゚)
 
 歴史的には、新選組たち幕府軍は、これからもっと壮絶な、そして悲劇が待ち受けて
いる訳ですが、この辺りが2期でどのように描かれていくのか?
 この流れで行くと、今後は戦いがメインになっていき、土方の最後の戦いである、函館
戦争
まで描いていく事になるのでしょうか? 
 
 戦争が始まり、千鶴は父親である綱道探しよりも、新選組と行動を共にする事を選び
すっかり、忘れているような感じすらしてしまいますが、どう考えても、薩長側が羅刹の
弱点である、銀の弾丸を知っていたりするあたり、父親の陰を感じてしまいますね。
 この展開ですと、戦いの最中に、敵となった父親と対峙する・・・そんな、展開が
考えられますが、父親の人となりは分かりませんが、きっと深い意味があったりするの
でしょうけどね?
 それに、千鶴が住んでいた江戸に戻るので、千鶴の過去も色々と分かってきそうな
感じもします。  

 はじめは様子見といった感じで見始めた、この作品ですが、実に面白かったです。
 イケメンぞろいだし、衣装には違和感があったりとしたりはしますが、別に、これは真面目な
史実アニメじゃありませんしねw 
 父を探しに京にやってきた、雪村千鶴が羅刹を偶然見かけたことにより、新選組に捕らわれて
物語が始まるわけですが、それっぽい描写が多少はあったりはするものの、男と女・・・例えば
千鶴が土方に恋してしまう・・・などといった、恋愛物だったり、新選組のメンバーが次々を千鶴を
好きになってしまうなどといった、逆ハーレムアニメ?とはならず、徐々に心を通わせ、千鶴と
新選組メンバー全体との信頼というか絆を重要視した展開が良かったと思います。
 原作が恋愛アドベンチャーという事もあって、千鶴に誰か1人を選ばせると、その他のキャラの
ファンは、やっぱり面白くないでしょうし、そんな所も考慮したのでしょうけどね。

 とにかく、1期ではあまりにも多くの謎を残したままの終了となってしましたし、2期が楽しみで
仕方がありません。 
薄桜鬼 第1巻 [DVD]薄桜鬼 第1巻 [DVD]
(2010/06/23)
桑島法子三木眞一郎

商品詳細を見る

アニメ『薄桜鬼』キャラクターCD 幕末花風抄 斎藤一アニメ『薄桜鬼』キャラクターCD 幕末花風抄 斎藤一
(2010/06/09)
斎藤一(鳥海浩輔)鳥海浩輔

商品詳細を見る

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okirakutama.blog108.fc2.com/tb.php/82-ff09cbcb


「薄桜鬼」第12話

   第十二話「剣戟の彼方」銃創を負った近藤と病身の沖田が大坂城に護送されて間もなく、旧幕府軍と新政府軍との間で争いが勃発し、新選組の待機する伏見奉行所も砲撃される。新...
[2010/06/23 06:24] URL 日々“是”精進!

薄桜鬼 第12話 「剣戟の彼方」

 全然終わりそうな気配が無かったので、2期あると言われてもあまり驚きませんね。でも、また続きが見られるのは嬉しいです。
[2010/06/23 06:42] URL つれづれ

薄桜鬼 第12話「剣戟の彼方」

土方さんまでもが・・・
[2010/06/23 07:02] URL 記憶のかけら*Next

薄桜鬼第12話 「剣戟の彼方」 最終話

まずは 2期が秋に決まってるようで安心vで、この空きの期間は 私に 頑張ってゲームしなさいねってことですね。了解v この間に準備いたします(^^ゞで、早速 1期最終回につ...
[2010/06/23 07:25] URL 薔薇色のつぶやき

「薄桜鬼」#12-1【剣戟の彼方】千鶴にかなりイラッとしました。(汗)

まずは二期決定おめでとうございます~っ。{/hiyob_en/} 噂は本当だったのね。嬉しいわぁ。 予想通り鳥羽伏見の戦い後、江戸に向かう船上で終わりでしたな。 区切るには丁度良い感じかと。 船上では一つイベントもあることですし…うううっ。 泣きましたよ。ええ泣きまし...
[2010/06/23 07:44] URL 橘の部屋

薄桜鬼~新選組奇譚 #12(最終回) 「剣戟の彼方」

「絶対に死ぬ」 「僕に出来るのは人を斬ることだけなのに」 「もう刀や槍の時代ではない」 「俺に生き恥を曝せというのか」 今 秋 2 ...
[2010/06/23 08:41] URL マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

薄桜鬼 第12話 「剣戟の彼方」

紛い物だろうが何だろうが、貫きゃ誠になるはずだ――! 薩長が官軍となり、逆賊とされた幕府軍。 それでも侍であろうとした新選組の隊士た...
[2010/06/23 10:06] URL SERA@らくblog

『薄桜鬼』#12「剣戟の彼方」(最終回)

「今はまだ坂道を登ってる途中なんだ! こんなところでぶっ倒れて、 転げ落ちちまうわけにはいかねねぇんだよ!」 まだ夢の途中… 第2期...
[2010/06/23 10:33] URL ジャスタウェイの日記☆

薄桜鬼 最終話「剣戟の彼方」

薄桜鬼の第12話を見ました。最終話 剣戟の彼方銃創を負った近藤と病身の沖田が大坂城に護送されてまもなく、旧幕府軍と新政府軍との間で争いが勃発し、新選組の待機する伏見奉行所...
[2010/06/23 11:01] URL MAGI☆の日記

薄桜鬼 12話 最終回「剣戟の彼方」

うぬぬ……楽しみにリアルタイム視聴したものの12話で終われないだろうと思った通り、いや、それ以上のあまりの尻切れトンボさに困惑そのまま何日か過ぎてしまいました。以下、ど~~~か、思い入れがあるゆえの辛口と許してホシ~~~☆イッチバン楽しみだった土方さん...
[2010/06/23 12:55] URL RAINEY TOON-The mature suite-

薄桜鬼 第12話「剣戟の彼方」

誠を求める戦い。
[2010/06/23 13:39] URL ミナモノカガミ

薄桜鬼 ー新選組奇譚ー第12話「剣戟の彼方」

第12話「剣戟の彼方」 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201006/article_31.html 注意事項 こちらからはメ...
[2010/06/23 17:43] URL しるばにあの日誌(新館)

薄桜鬼【12話】 「剣戟の彼方」(終)

旧幕府軍VS薩長軍との壮絶な戦い・・・薄桜鬼12話でした。どこに逝っても鉄砲持った人たちがいまして、冷や冷や物です。 千鶴は、隊士たちの心配をしながらも屯所で待つ。怪我を負った隊士たちの治療を行うもさすがに次から次へと来るためあまり大した治療は出来ない様...
[2010/06/23 18:12] URL 生徒会の放課後 こーひーたいむ

薄桜鬼(アニメ感想/♯12)※最終回

第12話:剣戟の彼方 源さーん!! 山崎さーん!! これ本当に乙女ゲー原作?って感じです。 攻略対象じゃないキャラは羅刹にもならずに...
[2010/06/23 19:41] URL 白昼夢を見ていた様な…

薄桜鬼 第12話「剣戟の彼方」

まずは…二期決定おめでとうございます! そして舞台化もされるということで、盛り上がってますね♪ あんな終わり方でそのまま放置されたらそ...
[2010/06/23 20:33] URL Spare Time

薄桜鬼 第12話 「剣戟の彼方」

薄桜鬼 第12話 「剣戟の彼方」 感想です 本物の武士
[2010/06/23 22:56] URL きまぐれ☆しろうさぎ

薄桜鬼 第12話 剣戟の彼方 最終話 レビュー

鳥羽・伏見の戦いが始まり、史実通り、薩長軍から大砲や銃などの最新兵器での 攻撃を受け、苦戦を強いられる新選組。結局、斉藤、原田、永倉、そして 土方も詰めていた伏見奉行所に命からがらもどってきた。 土方は撤退を決め、千鶴は井上と共に淀城に援軍を頼みに行くが ...
[2010/06/24 11:55] URL ゴマーズ GOMARZ

薄桜鬼 第12話「剣戟の彼方」(最終回)

薄桜鬼 随想録 ポータブル(限定版:しおり(金属製)&ドラマCD同梱)(2010/08/26)Sony PSP商品詳細を見る とりあえず、2期があってホッとしています。この...
[2010/06/24 12:31] URL 破滅の闇日記

薄桜鬼 第十二話『剣戟の彼方』《最終回》

薄桜鬼、今秋2期制作決定~♪ どーやって鳥羽伏見から函館まで持ってく気だー!と内心ヤキモキしてたけど とりあえず一安心という感じですね。楽しみです☆ 薄桜鬼 第1巻 [DVD]出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサルメディア: DVD
[2010/06/24 17:11] URL 風庫~カゼクラ~

薄桜鬼 【12】 

江戸に戻ったら喧嘩のやり直しだな。・・・?!戻 っ た ら?!+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚ ニャッホーイ!二期万歳!待ってましたぁああああ!!!土方氏、髪切った×2もう大興...
[2010/06/24 22:19] URL 烏飛兎走








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。