スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「Steins;Gate シュタインズ・ゲート」 #19『無限連鎖のアポトーシス』

 #19「無限連鎖のアポトーシス」

GATE1901.jpg

 「おそらく死ぬ・・・
 暗く落ち込む倫太郎に文句を言う紅莉栖に、13日の夜からDメールを取り消す事にまゆりの
死が1日づつ伸びている
と、これまでの事を話す倫太郎。
 そして、まゆりの死のデッドラインを見届けてからタイムリープすると言う。
 他に手が無いと言いつつも、まゆりの死をデットラインなんて名づけたりして、死に対しての
免疫というか、冷静さを感じてしまいます。
 タイムリープすれば、とりあえずは生き返るのもあるのかもしれませんが、それだけ、客観的に
考えられるようになったり、各世界の紅莉栖に、信頼を感じている証拠なのかもしれません。

 「それから何でも話してくれていいから、どんな事でも何時でも相談して。忘れないで、
あなたはどの世界線に居ても1人じゃない、わたしが居る。

 萌郁を探し出し、機種変を止めさせる為、萌郁の携帯から送らないとダメだと言う倫太郎に、
代わりにまゆりとコミマに行くと紅莉栖。
 機種変をしている世界線だから、紅莉栖は萌郁の事を知らないのですね。
 ”たすけてorz”って言う紅莉栖のセリフが、なんか、かわいくて良い!w  
 ちなみに、2010年のコミケは8月13日から15日で、16日には終了しているんですよねw
 コミマはいったい何日間の開催なのでしょう?w

GATE1902.jpg

 「このままじゃ、まゆりが・・・
 萌郁のバイト先は見つけたが、既に止めており住所を聞き出し、萌郁の家へ向かう倫太郎。
 立人禁止・・・じゃないくてですよw
 しかし、昨日の夜に萌郁が自殺していたと聞いて、動揺する倫太郎は、萌郁が死ぬ前に
タイムリープしようとするが思いとどまる倫太郎。
 「デットラインは19時52分・・・
 そして、紅莉栖から、まゆりが死んだとの連絡を受けタイムリープする。
 ここでも動揺の中にも冷静な倫太郎が・・・。
 まゆりを助けるには、落ち込んだり、動揺していたらダメだと、倫太郎の確固たる意思を、
ここでも感じます。

GATE1903.jpg

 「何でメールくれないの・・・?
 萌郁の家へ向かい、部屋を開けると部屋の片隅でメールを打ってる萌郁
 声をかける倫太郎を無視して打ち続ける萌郁に苛立ち携帯を奪い取ろうとする倫太郎は、
まゆりが萌郁に殺された事を思い出し、おもいっきり殴り携帯を奪い取る
 「これで、最後だ・・・
 萌郁の携帯からDメールを送るが、リーディングシュタイナーが発動せず、動揺する倫太郎。 
 萌郁の殴られ顔がむごいw
 デッドラインと言ったりと、まゆりの死を冷静に受け取っていただけに、萌郁を見て、まゆりを
殺した張本人である事を思い出しカッとなって殴る倫太郎
が、冷静な姿があっただけに、
このシーンが、より強調されてインパクトのあるものになってますね。

GATE1904.jpg

 「変わってない・・・!?あいつ、機種変なんかしてなかったんだ!
 機種変更などしておらず、直前に別のDメールを送った事に気が付く倫太郎。
 部屋の中で、返せと暴れる萌郁にタックルをし、萌郁の部屋にやってくる住民を誤魔化す
為にキスをする倫太郎。
 なぜキスなんだ?手で口を押さえれば良いとも思えるが、手を離すと暴れるからなのかな? 
 しかし住民もこの状況を見て、いちゃつくカップルに見えるなんて変だろw
 どう見ても、レ○プしているようにしか見えないと思えるのだけど^^; 
 
 「IBN5100に、ラウンダーに関係する事か?
 携帯を返して欲しいという萌郁に、未来の自分から受け取ったDメールの内容を教えろ
迫る倫太郎にFBを裏切れないと言う萌郁にFBに裏切られ、切り捨てられたと・・・そして、
萌郁に、4日後にFBの連絡を待ったまま、この部屋で自殺すると未来で見てきた事を話す。
 説得させるという意味もあるのだろうが、まゆりを殺された恨みもあり、倫太郎の言葉攻めが
さきほどの、パンチに続いて、惨い
・・・。
 もっとも、倫太郎にとっては未来の真実を言っているだけなんですけどねw
 そして、泣き叫ぶ姿を見て、倫太郎の表情も明らかに変わり、冷静さを取り戻したようです。  

GATE1905.jpg

 「居場所をくれた・・・
 「バカだ・・・おまえは・・・
 会った事も声も聞いたことも無いFBに従う萌郁に、よく従えるなと言う倫太郎に答える萌郁。
 そんな、萌郁にバカだと、居場所なら、まゆりが与えてくれただろうと言わんばかりに、
別の世界線での出来事を思い出す倫太郎のバカだというセリフが印象的です。
 
 「今度こそ・・・
 柳林神社からIBN5100を盗んだのは萌郁だと分かり、それを取り消すDメールを送る倫太郎
だが、またもリーディングシュタイナーが発動せず、萌郁を動かせるのはFBだけだと悟り、
あいつを探すと言う。

 「俺は世界に抗う!まゆりを必ず救ってみせる!
 萌郁の死は4日後に決まっていて避けられないが、そんなのはゴメンだとFBを探しに
向かう倫太郎に大ビル前のコインロッカーにIBN5100があると告げる萌郁。 



 萌郁はSERNのスパイ組織(FB)の、メンバーかと思いきや、利用されていただけだった
のか・・・。
 そして、萌郁はしゃべることが苦手で、友人も居ず孤独で暮らしてきたけど、FBからの
メールを偶然?受信し、そこへ居場所を見つけ心酔していったのですね。
 なんて悲しい人なんだ。
 そして携帯を常に持って、メールをせずにはいられない、極度な携帯依存症であり、悪人に
利用され、心の弱みにつけ込まれた、いわば萌郁も犠牲者であり、現代人の孤独な姿を
現しているキャラ
のようです。

 そんな、見たことも、会ったことも、話したこともない、FBに心酔する萌郁ですが、最後に
倫太郎に激しく掴まれた、手の後を見て、IBN5100が大ビルのコインロッカーにあると、言う
萌郁。
 あれほど、倫太郎に対して抵抗していたのに、どうしてなのか?
 元々、倫太郎の事は、岡部くんとまゆりを殺した時も言っていたりと、敵意は持ってないし
(もともと利用されただけだから、当然だけど)、倫太郎にFBから捨てられて自殺すると言われた
事もあるのでしょうが、やはり正体の分からないFBよりも、倫太郎に握られた腕の跡が、理由は
どうあれ、人の温もりと言うか、生身の人間からの痛みを感じたからなのでしょうね。
 というか、そうであって欲しい。

 倫太郎たちが探しているのは、元の世界へ戻す事より、IBN5100な訳ですから、これで
IBN5100を本当に取り戻す事が出来たら、この時点で、とりあえずの目的は果たせた事
なるのかな?
 萌郁が欲しいのは居場所。
 倫太郎はどうやって、萌郁へ居場所を与えるのでしょう?
 いや、倫太郎よりも、ここは、まゆりの出番なのかもしれません。
 そして、萌郁が本当の居場所を見つけた時、本当のラボメンになった時、ピンバッジに
全てのアルファベットが揃うはず。
 そうすれば、きっとα世界線から、β世界線へ、移るはず。
 最終回まで、残り5話?
 いよいよ、物語は佳境へ向かって、どんどん突き進んでいますね。

 しかし、今回の桐生萌郁役の後藤沙緒里の演技は秀逸で、萌郁の苦悩というか辛さが、
もう十分すぎるほど伝わってきました。

「Steins;Gate シュタインズ・ゲート」 #17『虚像歪曲のコンプレックス』

 #17「虚像歪曲のコンプレックス」

GATE1701.jpg

 「だとしたら、このまま、まゆりは死なずに・・・
 13日の金曜日が過ぎても萌郁たちが現れず、世界線が変わり、まゆりは助かったのか?
そう倫太郎が思った時、ラウンダーの襲撃を受け、死んでしまう、まゆり。
 懐中時計が止まる=死の確定という方程式は変わらずか・・・。
 それにしもて、襲撃してきて、即まゆりを撃つなんて、もう決め撃ちですね^^;

 「あんた・・・タイムリープを繰り返して何度も・・・
 「という事は、Dメールをさかのぼって取り消していけば、IBN5100があった元の世界線
へ戻れるんじゃないかしら?

 過去へ戻り、まゆりが2時間後に死ぬ事を紅莉栖に相談する倫太郎。
 世界線が変わったDメールについて分析する紅莉栖は、Dメールを取り消していけば元に
戻れるのでは?
と仮説を立てる。
 さすが、紅莉栖。
 世界線が移動した事柄(Dメール)を送らなければ、世界線が変わらないのは仮説というより
自明の理ですね。
 でも、何が原因で世界線が移動したのか分からないけど、戻りすぎると、紅莉栖の死んだ
(殺された)世界線まで、戻る可能性
もある訳で、このあたりで紅莉栖が殺された謎が判明
でもするのでしょうか?

GATE1702.jpg

 「紅莉栖って呼ばれた事、わたし忘れちゃうんだね・・・?
 過去へ戻る、倫太郎は、順番から考えて、取り消すDメールはフェイリスだとダルに居場所を
たずねると、UPXで雷ネットABグラチャンの決勝が終わったところでフェイリスが優勝したと
興奮するダル。
 萌えのアキバからフェイリスのDメールにより昔の電気街のアキバになってしまっても、カード
バトル?は人気なのねw
 それにソフマップらしき建物の案内には7Fにホビーコーナーがあるようで、それなりに萌えの
文化は残っているようです。

 UPXに着くと、いきなりフェイリスに手を取られ、連れ去られる倫太郎。
 フェイリスに負けた腹いせに、どんな卑怯な事でもするヴァイラルアタッカーズに追われている
と言う。

GATE1703.jpg

 「メイクイーンの事か?
 Dメールの事を、この世界のフェイリスは覚えておらず、萌え文化のアキバの話をすると、
秋葉原にもメイド喫茶を作りたいとパパに話したことがあるとフェイリス。
 メイド喫茶はこの世界じゃアキバが発祥の地じゃないのか?
 どこで生まれたのか分からないけど、それでも、メイド喫茶が誕生するなんて、日本全体は
やはり萌えの国なのねw
 アキバに萌えがないとなると、もしかしたらこの世界にはA○B48も存在しないのかもしれ
ませんw

 「いったいどんなメールを送ったんだ!?
 フェイリスのDメールにより萌えのアキバが無くなったと迫る、倫太郎。
 「俺たちはここで、出会ったんだ。
 そして、メイクイーンがあった場所を見せる倫太郎。
 「10年前に死んだパパを生き返らせたにゃん。
 Dメールを取り消さないと、まゆりの命が危ないという倫太郎に、Dメールは送れない
Dメールの事を思い出した、フェイリス
 そこへヴァイラルアタッカーズが現れ、倫太郎はボコられるが、そこへ助けに現れたフェイリス
のパパ。

GATE1704.jpg

 「鈴羽が・・・手に入れてくれてたんだ・・・
 IBN5100の所在をフェイリスのパパにたずねると、橋田鈴から渡されたと聞いて、涙を浮か
べる倫太郎。
 だけど、留未穂が昔、誘拐され身代金を要求された時、IBN5100を高額で買い取る人物
が現れ、手放した
という。
 任務を失敗した・・・と悔しながらも手紙に書いていたけど、IBN5100を手に入れていた事に
対し完全に失敗したのではないと思う倫太郎の涙がステキですね。
 
 「まゆしぃの・・・まゆしぃの命が危ないって本当?
 10年前の誕生日、パパと遊びに行く約束をしていたが、仕事で遊びにいけず、愛されて
ない・・・死んでしまえと思ったら、飛行機事故に会い、それを回避するDメールを送り事故を
回避した
とフェイリス。
 フェイリスの誘拐犯は自作自演だったという事なのか?
 しかしIBN5100を高額で買い取るなんて、どうやったんだ??8歳の子供の頃から、貯金が
1億円
もあったという事なのだろうか?w

GATE1705.jpg

 「Dメール送るね・・・パパは10年前事故で死んでるの・・・それが真実。
 この10年間は夢だったと・・・まゆしいは友達でわがままは言えないとフェイリス。
 「ちなみに、世界が元に戻ったら、今の記憶は全部無くなっちゃうのかにゃ?
 過去を変える前と後の両方を覚えているから覚えてると言う倫太郎に、凶真との時間を
忘れたくない
と安堵するフェイリス。
 父親じゃなくて、倫太郎なのか!?
 パパの記憶は良い思い出であり、倫太郎と過ごした時間は思い出というより現在進行形で
あり好きな?倫太郎に助けてもらった事が嬉しく、忘れたくないという事なのか?

 「バイバイ・・・パパ・・・
 倫太郎がDメールを送り、世界線が変わっていく。
 「いったい・・・何処に・・・?
 萌えの街、秋葉原が甦り、柳林神社へ行くが10年前たしかに奉納さえたが1年前に亡く
なった
と聞かされる倫太郎。 
 ラボにフェイリスが現れ、世界線が変わる前の事を覚えているか?いないのか?視聴者に
それは決めてくれと言わんばかりのセリフが絶妙すぎますね。
 覚えているけど、テレというか、凶真との二人の秘密として、そっと心の中でとって置きたい
そんな気がします。 



 真実とは何なのでしょう?
 フェイリスは、甦ったパパは思い出であり、本当のパパは既に死んでいると、Dメールを送り
世界線を元へ戻しました。
 その真実という言葉を聞いて、倫太郎は何を感じたのか?何を思ったのか?気になりました。
 もちろん、父親を犠牲にしてまで、まゆりを救うことに同意してくれた訳だから、感謝の気持ちは
あるでしょう。
 α世界線からβ世界線に移動していない以上は、まゆりの死というものも、真実の可能性が
高い
わけであり、だからこそ、どう世界線を移動しても死ぬ訳ですし(フェイリスのパパは生き返り
ましたが・・・)、そのまゆりを生き返らせるために、世界線を移動させるという事は、真実を改変する
事であり、フェイリスには、真実を改変する事を止めさせようとしているくせに、自分は、その真実を
改変させようとしている訳でいわば自分の、もちろん、鈴羽たちの未来を救いたいという気持ちも
あるのでしょうが、根本となっている思いは、まゆりを助けたいという事であり、第三者の立場
から見ると、他人の改変はダメだけど、自分の改変はOKという、エゴというか、わがままを
押し付けている
ように感じてしまった。
 もっとも、これだけDメールを送ったりして、繰り返しているのだから、何が本当の真実なのかも、
あやふや
であり、もう誰にも分からない状態になってるとも言えますけどねw

 ともかく、リーディング・シュタイナーの能力を持っているのは、倫太郎だけかと思いきや、フェイ
リスもその能力に目覚めた(目覚めかけ?)ようで、各世界線における参謀役の紅莉栖に加わり、
各世界線の記憶を覚えているフェイリスが仲間に本格的に加われば、更に心強い仲間を得た事に
なりますね。
 まあ、ラストだけでは、記憶があるのか?微妙ですが、覚えているとしたら、今後、フェイリスの
ラボメンとしての出番(活躍)が増えていくのか?気になると同時に、期待したい所であります。
  そういう活躍がピンバッジの*に頭文字のアルファベットが入る条件となりそうですしね。 

「Steins;Gate シュタインズ・ゲート」 #16『不可逆のネクローシス』

 #16「不可逆のネクローシス」

GATE1601.jpg

 「Just like a barrel
 樽のような男が、ピンバッジの作成を依頼したと倫太郎たちに話す露天商の男。
 いかにも怪しげな、風貌だし意味ありげで危険な雰囲気を感じる前回のラストだったので、
SERNの者とか買収されたヤツかと思ったら、普通に連絡してくれただけなのね^^;
 律儀で、なかなか良いヤツだな・・・人を見かけで判断しちゃいけませんw

 「確かに、樽や風船のようなシルエット・・・!?
 それを聞き、過去へ戻り、樽のような男が現れるのを待つ倫太郎。
 そこへ現れたのはダルであり、鈴羽の父が見つからなかったら、かわいそうだと、ピン
バッジを作り架空のタイターを作ろうとした
とダル。
 そして、タイムマシンは過去へ行くだけで未来には戻れないと分かり、鈴羽から内緒に
して欲しい
と言われていたとダル。
 ダルからついたあだ名なのか?w
 そうならこのダルと言う、あだ名は未来の倫太郎がやって来て、つけたあだ名なのかな?
 しかし、前回のラストと同じ会話なのに、鈴羽の言葉が、辛く悲しく、痛く感じる・・・
 倫太郎もきっと同じ事を思ったに違いありません。
 「きっと未来を変える!今みたいな・・・自由な世界に変えてやる!!
 そして何とかしたいと・・・。
 鈴羽は、70年代だって悪くないと、強がって見せる姿は、仲間と別れたくない・・・だけど、
変わらないディストピアの未来の方がもっと嫌だと、悲しいけど強い決心を感じます。
 BGMも見事にマッチしていて、悲しげな楽の中にも希望のような音を感じます。

GATE1602.jpg

 「FG204?!
 「わかったぁ♪ 鈴さんのお父さんが、誰なのか分かっちゃいました♪♪
 タイムマシンに書いてある、名前を見て、鈴羽の父親が分かったと、そして父親はダル
つまり、バレル=ダルであり、FGは未来ガジェット、そしてVer 2.31というネーミング
センスが決定的な証拠
だと言う。
 まゆり、やるなぁ。
 前々から、この2人はお似合いだとか、雰囲気は感じていたようですが、こうも理論的に
鈴羽の父親はダルだと結論付けるなんて、いつも天然な、まゆりでは考えられませんw

 「だからお願い、未来を変えて欲しい。
 IBN5100を手に入れ、倫太郎たちに託すと・・・そして35年後に、また会おうと、過去
へ、飛び立つ、鈴羽。
 しかし、ダイバージェンスメーターが変わっておらず不安を感じる倫太郎。

GATE1603.jpg
 
 扉を叩く音がし、35年後の鈴羽かと思いきや、ミスターブラウンが現れ、昔世話になった
人の手紙を渡され、そこには橋田鈴と書かれており、10年前に亡くなったと言う。
 結論だけ書く、失敗した!失敗した、失敗した、失敗した・・・
 修理が完全ではなく、タイムトラベルが失敗し、24年間記憶を失い、思い出したのは
1年前
だと、そしてタイムマシンオフ会の後、1975年に飛ぼうとした鈴羽を引き止めた、
その夜の雷雨でタイムマシンが壊れた
と・・・。 
 最後で、書くのを止めミミズのように伸びた字の跡が、失敗した悔しさが、思いっきり伝
わってくる・・・。
 しかし、ミスターブラウンに手紙を託していたなんて・・・正体不明な、鈴羽をバイトとして
雇ったのも、何となく似た雰囲気を感じてなのかもしれません。
 それに、綯が鈴羽に懐いていたのも、赤ちゃんの頃に出会っていて、懐かしさを感じたから
かもしれません。

GATE1604.jpg

 「彼女の最後を知っておかねばならない!
 鈴の最後をどんなものでも刻み付けねばならないとたずねる倫太郎に自殺だった
伝える、ミスターブラウン・・・。
 記憶が戻り、失敗した事に対する後悔の念が、精神的にダメージを与え死に追いやったの
でしょう・・・だけど、悔しさは分かるけど、10年後にはタイムマシンを開発する、倫太郎たちが
現れる訳だから、そこまで待てなかったのか?会えばまた状況が変わるかもと考えら
れなかったのか?
そう、思ったりもするが、それよりも24年間記憶を無くしていた事に対する
自責の念が強かったのでしょうね・・・。
 しかし、上手くいけば、未来から来た鈴羽と、過去へ飛んだ歳を取った鈴羽と、ダルの
奇妙な親子の再会
があったかもしれないと思うと残念w

 「あのDメールさえ送らなければ、鈴羽は1975年に飛び立てたんだ!
 過去へDメールを送ろうとする倫太郎に、思い出が全て消えると、訴えるまゆりだけど、未来
を変えて欲しいと願う鈴羽、そしてまゆりを助けたい
・・・そう思う倫太郎はDメールを送る。

GATE1605.jpg

 その世界では、鈴は病死だった。
 鈴とはお隣さんで、家が火事で燃えたとき下宿させてもらったと、ミスターブラウン。
 そして病床の時、数字を見ては変わる前なのか?変わったのか?と眺めていた
ダイバージェンスメーターを見せるミスターブラウン。
 思いでの中の鈴羽は、どう見ても鈴羽です、当たり前だけどw
 バイトに来た鈴羽と、お世話になった、橋田鈴の2人を見ても、ミスターブラウンは、驚か
なかったのかな??
 それとも、実は事情を知っていてそれを隠しているのか?
 ちょっと気になりますね。
 
 だが、1パーセントは超えていない・・・
 数字は変わったが、β世界線へは達してはいない・・・、しかし、テロにより止まるはずの
電車が動いている事に気が付く
倫太郎。
 「鈴羽、これで世界は変わったのか?まゆりは・・・救われたのか?
 研究所へ戻り、死なずに、寝ているまゆりを見てそう思う倫太郎。 
 

  
 鈴羽の父親、それにピンバッジの謎のアルファベットなど、 他のアニメなら後々にまで
伏線となっていきそうな、謎があっさりと解き明かされてしまいましたw
 何て言うか、このシュタインズ・ゲートの世界においては、この程度の謎など大した事は
無い
とでもいうスタッフたちの、余裕すらも感じます。
 それでもピンバッジの残りの***は明らかになっておりませんが、公式HPを見ても暗に
ヒントがあり、刻まれるのは、桐生萌郁漆原るか、そしてフェイリスこと秋葉留未穂の3人
なのは、間違いないでしょう。
 そして、この3人が、未来を変えたいと願い、真のラボメンになった時、世界線がαからβ
へと移行し、明るい未来
へとなっていくのでしょうね。
 なんていうか、RPGゲームじゃないけど、仲間が増えていき、勇者の下へ皆が集まり、ラス
ボスを倒しに行く勇者ご一行様って感じですねw

 倫太郎が別の世界線で経験した、10年前にネットを騒がせた、ジョン・タイター
 10年前と言えば、鈴羽が亡くなった年でもある訳で、この世界に立ち寄らずに、直接
1975年にタイムトラベルに向かった、別の世界線の鈴羽でもいたという事なのか?

 だけど、何かの拍子で世界線が変わり2010年に立ち寄ってしまい、世界線が・・・鈴羽の
運命が大きく変わってしまった
という事なのだろうか?
 そういえば、第1話では紅莉栖が殺されており、2000年にジョン・タイターが現れた時代に
おいて紅莉栖は殺されていると思われるので、紅莉栖と直接1975年に飛び、2000年に死な
なかった、鈴羽が遭遇し、紅莉栖を思わず殺してしまった
という事も考えられそうな気が
しますが、真相はどうなんでしょうね?

「Steins;Gate シュタインズ・ゲート」 #15『亡環上のネクローシス』

 #15「亡環上のネクローシス」

GATE1501.jpg

 2036年、SERNに世界を支配されていると、ジョン・タイターだと正体を明かした鈴羽。
 そしてSERNの管理社会に抵抗するレジスタンスの一員であり、世界を変える為に父が
残したタイムマシンに乗り込んだ
と言う。 
 鈴羽の、あの格闘しなてれいるというか、あの体術は、レジスタンスだったからなのか・・・
それで納得がいきました。
 一方、納得がいかないのが、紅莉栖のハンドルネーム。
 ドラゴンボールが元ネタだとは分かるが、どうして栗悟飯とカメハメ派なんてつけたんだw

GATE1502.jpg

 「そして、牧瀬紅莉栖はタイムマシン開発にもっとも貢献した人物、
タイムマシンの母として崇められている。

 人体実験をするSERNなんてと紅莉栖は否定するが、未来では、そうなってると鈴羽。
 そして、倫太郎はSERNに抵抗したテロリストになっており、2人とも2036年には死んでいる
と言う。
 SERNがタイムマシンを開発できたのは、世界各国に広げた通信傍受で電話レンジの最初の
Dメールが引っかかったと・・・だから、SERNのデータベースのそのメールを消せば未来が
変わり、タイムマシンをSERNが開発できなかった、β世界線へ行ける
と・・・。
 その為にも、1975年へ行ってIBN5100を手に入れ岡部倫太郎に託す事だったけど、父を探す
ため、この時代へ長居しすぎたと言い残し、過去へ向かおうとするが、タイムマシンが壊れて
いる
という。
 通信傍受なんて、人体実験もそうだけど、SERNはとんでもない悪徳企業のようで、そんな
体質なら殺しもためらわない会社だと良く理解出来ます。
 一方で、IBN5100を託すという事は、一度は手にした訳で、萌郁のDメールを送ったために
無くなったのですから、そのDメールを送らなければ、もしかしたらβ世界線へ移動できたかも
しれない最大のチャンスだったのかもしれませんね?
 
 「未来じゃどうだったか知らないけど、今のわたしは、あなたと同じラボメンなのよ!!
 そんな時、警備員が現れ逃げ出す倫太郎たち。
 紅莉栖と鈴羽の歴史的和解がステキだw
 しかし、鈴羽の世界では紅莉栖がSERN、倫太郎がテロリストとして、袂を分かち言わば敵対
していたなんて・・・これはやはり、紅莉栖(ダルも?)は萌郁たちに捕まってしまい、SERNに
連行されたけど、倫太郎は、殺された、まゆりの復讐の為か?助ける為か?分からないが死ぬ
まで敵対したのでしょう。
 一方の紅莉栖は、人体実験などをするSERNに不快感はあるものの、やはり好奇心の方が
勝ったという事なのだろう。

GATE1503.jpg
 
 「これは、世界を救う為だ・・・まゆりを助ける為のミッションだ。
 タイムリープマシン完成まで飛んで、更に48時間まで飛ぶ・・・現在の最大の時間を利用
して、タイムマシンを修理する・・・。
 そして、ダメなら何度でも、その二日をやり直すと過去へタイムリープする倫太郎。
 「これは世界を救う為~」と紅莉栖たちに語ったのではなく、自分に言い聞かせるようで
あり、それは、まゆりを救う為には何でもやるという事であり、その為には歴史でも何でも
変えてやるという並々ならぬ決意の表れ
を感じます。

GATE1504.jpg

 「これって電話レンジと似てるかも。
 タイムマシンを修理しようとし、そう思うダル。
 そんなダルに、父はSERNとは別にタイムマシンの研究をしてたと言う鈴羽。
 秋葉原に居て、タイムマシンの実験してるのは、このラボメンしか居ないだろうw
 
 「君はさあ、わたしが所属しているレジスタンスの設立メンバーだったんだよ。
 ダイバージェンスメーターを作った本人に渡した方が良いと倫太郎にわたす鈴羽。
 ここで、ダイバージェンスメーターを渡してしまったら、倫太郎は作る必要が無く、それだけでも
歴史が変わりますね。
 それとも、未来の倫太郎も鈴羽から受け取り、未来の自分が作ったのだから、自分が作ったと
でも言ったのでしょうか?
 まあ、例えるなら鶏が先か、卵が先か・・・ってヤツでしょうかw

GATE1505.jpg

 「このピンバッチを付けた犯人を捜してま~す。
 チラシを配り、鈴羽の父の手がかりのピンバッジを探そうとしている、まゆりを見て倫太郎と
鈴羽が呆れていると、警察に見つかり逃げ出す、みんな。
 「阿万音さんのお父さん、誘拐犯かも・・・
 そして、逃げ出した、倫太郎たちに、偶然出会ったスーパー帰りの紅莉栖は店員から、そんな
噂を聞いた
と言うと苦笑するみんな。
 まゆりの天然っぷりが良く出てますねw
 ピンバッジを持っている人を犯人にしてしまったら、ラボメンが犯人になっちゃうのにね。
 でも、何とかしたいという必死さは伝わってくる、良いシーンだと思います。

GATE1506.jpg

 明日までには直りそうだというダルに、見た目は不摂生そうで冴えないのに凄いと感動
する鈴羽。
 そんな会話をする、2人話す姿を見て、似ているしお似合いだと、何となく思うと、まゆり。
 鈴羽は、ほめてる割に、しっかりと悪口も言ってるんですがw

 「ほんのちょっとでも、ラボメンの一員になれて良かった。
 2010年の方が平和なのに、知り合いもおらず、怖かったけど、出会えて楽しかったと・・・そして
平和な世界に変えて欲しい・・・そう倫太郎に話す鈴羽。
 そして、そこへピンバッジの男を思い出したと露天商の男から連絡があり向かう倫太郎。 
 なんか、罠の匂いがプンプンするんですが・・・次回も緊迫した展開となりそうです。



 死なない、まゆりを久々に見た気がするw
 鈴羽は倫太郎の娘なのか?と思ったが、どうやらダルの可能性が高いですね。
 そしてもしかして、相手はフェイリスなのか?w
 考えてみれば、タイムマシンオフ会に父が来るとか言っていたし、ダルも結果的には倫太郎に
呼び出され、出ませんでしたがダルもオフ会へ行こうとしてりしてましたしね。
 タイムマシンのメカニズムも電話レンジに近いようですし、この修理によって、タイムマシンの
作り方を理解し、作り上げていくのかもしれません。

 それと、敵対(敵視)していた、鈴羽と紅莉栖が和解し、ピンバッジの話を聞いて紅莉栖が
阿万音さんのお父さん~」とピンバッジの男が誘拐犯かもと言って皆が笑う訳ですが、
訳が分からないと言わんばかりにキョトンとしている紅莉栖を、穏やかな顔で見つめる鈴羽が
ラボメンといる居心地の良さのようなのを感じ印象的だったのですが、その表情をラストで
ラボメンになれて良かったと倫太郎に語った時に、そのシーンを思い出してしてしまい、言葉に
偽りは無いのだろうなと感じ、この回は一線をひいていた鈴羽が、正体を明かし、過去へ旅立つ
前に、ひと時の安らぎを感じる事が出来て、鈴羽にとって、本当のラボメンの一員になれた話が
中心と言って良いでしょうね。
 そういえば、まゆりは倫太郎の人質な訳ですから、そういった意味では誘拐犯だという事も、
完全なウソだとは言えないのかもしれませんw 

 そして、次回は、鈴羽の思わせぶりな、自転車といい、ブラウン管工房のオヤジの眼光鋭い
目つきといい、ついにこのオヤジも物語に本格的な参戦をしてくるようですが、敵側なのか?
思えてしまい、またまた驚きの展開が待ち受けていそうです。

「Steins;Gate シュタインズ・ゲート」 #14『形而下のネクローシス』

 #14「形而下のネクローシス」

GATE1401.jpg
 
 「しかし・・・どんな手を尽くしても、まゆりは死んだ・・・
 なんどもタイムリープを繰り返すが、死から逃れられない、まゆり。
 電車にひかれた後も何度も繰り返したのか・・・。
 いくら再び復活するといっても、何度も目の前で死を見るなんて・・・精神的に、もの凄い
ダメージがありそうです。
 そして気になるのがゲルまゆの姿が映りましたが、これは過去へ体そのものを過去へ
転送して失敗した
という事なのか?
 電話レンジ(仮)じゃ、質量的に出来ないはずなので、あくまで、倫太郎の死へ対する
イメージ
なのかな?
 それはともかく、倫太郎も気になっているようですが、懐中時計が止まってしまう事が、
死への布石
のようですね。

GATE1402.jpg
 
 「同じだ・・・いくら、まゆりを逃がそうとしても結局は・・・
 再び時が戻り、萌郁へタイムマシンの事について話したいとメールを送り萌郁と会う
倫太郎。
 そして未来から来て、萌郁たちがラボを襲撃する事を知っていると、そして口外はしない
と必死に、まゆりを助けて欲しいと懇願するが、変わらぬ歴史。
 ラウンダー?FB?
 FBが人物なのかはわかりませんが、萌郁はFBにかなり心酔しているようで、このFBとの
関係を断ち切れば、萌郁も仲間になるのだろうか?
 それに世界線が変わりIBN5100があった事を知らないようですが、思い出してみると、
萌郁がDメールを送ると、萌郁がラボから消えてしまった事がありました。
 その時のDメールの内容は携帯の機種変をしないようにと、過去の自分へDメールを
送りたいという事でしたが、もしかしたら、それはウソでIBN5100の情報をDメールしたの
かもしれません。
 それと同じ事を倫太郎も思ったのかな?

 「もう・・・たくさんだ!!
 過去へ戻るが、繰り返される、紅莉栖の同じセリフにタイムリープマシンを壊そうとする
倫太郎。
 「何があった?いや、何が起きる?あんたタイムリープして来たん
でしょ?

 ラボを飛び出し、落ち込む倫太郎を見て未来から来た事を確信する紅莉栖。
 紅莉栖のセリフもそうだが、繰り返されるガタンガタン新幹線の子供のセリフが、世界が
変わらぬ事を嫌でも分からせてくれますw
 そして、今までも紅莉栖は薄々とタイムリープして来た事に気が付いていたようですが、
ついに一歩踏み込んできました。

GATE1403.jpg

 「行こう、まゆりは大切な仲間よ・・・わたしだって助けたい。
 落ち込む倫太郎に、マッドサイエンティスト鳳凰院のマネをして元気付ける紅莉栖。
 「わたしが一番欲しい物はマイフォークである。
 そしてラボへ戻り、5時間前のタイムリープマシンが完成する直前に戻れるようにセット
して過去へ戻ったら、自分に、この事を話して欲しいと、そしたら信じるはずだけど、
念の為に合言葉を決める
紅莉栖。
 タイムリープマシンを開発したのは、わたしなのだぜい♪
 毎度思うけど、タイムマシンを否定していた方のお言葉とは思えない自信ですねw
 そして、倫太郎との奇妙な信頼関係・・・いや、愛か?それも深まっていき、紅莉栖のデレが
どんどんかわいくなってきてる気がしますw
 一方、カーテンを閉め切って2人っきりで作業をする2人を、まゆりは、ピザを食べながら、
どう思っていたのでしょう?

GATE1404.jpg

 「俺は5時間後の未来から来た!
 タイプリープが完成したその瞬間、実験はしないと、そして解散すると倫太郎。
 そして、紅莉栖をメールで呼び出し、真実を告げるが、信じるどころかバカにする紅莉栖w
 「お前が一番欲しい物はマイフォークである。」 
 そんな事も言ったのか?と5時間後の自分を照れ恨みながらも、信じる紅莉栖。
 自分が一番良く知っていると言ってましたが、心の奥底で、もしかしたら信じないかも・・・と
思っていたからこそ、合言葉を教えたのですねw
  
 「ある物事が起きる結果には、必ずそれを引き起こす原因が存在する。
 直接的には萌郁たちラウンダーだけど、本当の原因はそこではないと・・・だから、ラウ
ンダーが関わらなくても、まゆりが死ぬと、だけど、運命論ではなく、何か引き金があるはず
だと紅莉栖。
 さすが、紅莉栖・・・見事な分析です。
 そして、そこへ現れた、鈴羽。

GATE1405.jpg

 「世界を救うにはたどり着かなきゃいけないんだ、ダイバージェンス1パーセントの
壁を越えてβ世界線に。

 前の世界線と、今の世界線の違いを数値化するメーターを未来の倫太郎が作ったダイバー
ジェンスメーター
を見せる鈴羽。
 そして、1本のロープに見えるけど、細い糸が集まって出来る、その糸が世界線であり、
たどり着く結果は同じ・・・だけど世界線が大きく変動してα世界線から1パーセントを超え
れば別の結果になる
と言う。
 銃の構え方や戦い方、そしてロープの上り方・・・やはり何かのプロだったか、鈴羽はw
 そして、倫太郎はダルや紅莉栖に作業をさせてるだけで、自分から何か作業をした事が無かっ
たので、何も出来なのか?と思っていましたが、未来の倫太郎は凄いものを開発しましたね。
 まゆりを救いたいと思う、並々ならぬ信念を感じます。
 
 未来の異なる世界線を行き来する事は本来は出来ず、Dメールやタイムリープで過去を変え
ても、移る事は出来ないが、大きな事件が起きてその選択によっては分岐すると・・・。
 そしてタイムマシンが開発された2010年が、そうだと鈴羽。
 「わたしは2036年から来たんだ。
 わたしがタイムトラベラー、ジョン・タイターだよ。

 そして、ついに正体を明かす、鈴羽。  
 


 タイター!!!
 鈴羽の正体がついに明らかになりました。
 父親を探していたりして、未来人と思わせつつも、現代人なのか?と思わせたりと、正体が気に
なっていた、鈴羽ですが、やはり、未来人・・・しかも、やはりジョン・タイターでした。
 タイターが、@ちゃんねるで、日本語が上手いのも納得ですw   
 でも、そうなると、父親を探していたというのは、ウソだったという事になり、#10では父親が
見つからず秋葉原を去った時がありましたが、これは倫太郎が、そうすればDメールを使い、
過去改変を行なうだろう
と、新たな世界線に導くための演出だったのだろうか? 
 それとも、18歳ですから、自分が生まれる若かりし頃の父親を探し出し、未来を変えようとでも
したのだろうか?
 というか、鈴羽が生まれるのは、この2010年より18年後になる訳ですから、倫太郎たちラボ
メンの子供であっても不思議じゃない
訳で、鈴羽は倫太郎と、紅莉栖?それとも、まゆり?の
子供だったなんて、更なる衝撃な展開になったりするのだろうか?w

 この鈴羽が、動き出した事により、いくらあがいても、α世界線にいる限り死から逃れられない、
まゆりを救うためのβ世界線という一筋の光明を見出しました。
 鈴羽は、ロープを使ってそれを分かりやすく説明して、何かしらのプロの動きでロープを上って
行きましたが、何となく芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を思い出した。
 主人公のカンダタは、地獄から天国へ登ろうとするが、結局は地獄へ再び落ちてしまうのだが、
まゆりを救い、世界を救う為、地獄から天国へ登ろうとするのを暗に表現してるように見えました。
 まあ、正確には登ったのは、鈴羽だけだけど、それも、カンダタは他の人たちを蹴落とし、自分
だけ助かろうとして、結果的に糸が切れてしまうのだが、ロープ(糸)を登るだけじゃなく、他にも
脱出する方法があるんだよ
というメッセージが込められているのかな?・・・と。
 ともかく、この鈴羽の正体が明らかになった事により、倫太郎には、紅莉栖と鈴羽という強力な
仲間を得る事が出来ました。
 今までは、脇役のような鈴羽ですが、いっきに主力メンバーに躍り出てきて、今後はこの3人を
中心に、物語が動いていきそうですし、未来人ですから現代では分からない理論なども知ってる
可能性があり、それこそドラえもんのポケットのように、現代ではあり得ない道具なんかも出て
くるのでしょうか?
 あっ!?ダイバージェンスメーターが、考えてみれば、それにあたりますねw

 しかし、倫太郎が、過去へタイムリープする時に、なぜ同じ時間ばかりで、もっと前へ戻ら
ないのか?
と疑問に思っていましたが、 調整の仕方が分からず、出来なかったんですね。
 やっと、納得しましたw








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。